2019年07月17日

30万の資金で個人向け国債

老後の年金について不安があおられることが多いですが、その解決策として投資にかじを切るのはどうかとも思います。

以前、ホリエモンさんがいってたのがなるほどと思ったことがありました。
30万の資金でどんな投資をすればいいでしょうか。と聞かれたときに、30万ならまだ貯めときなさいと。

あれは、今はまた状況が変わったので、違うことをおっしゃるのでしょうか。
しかし、単体の何かの資産運用に使うには、30万はやはり小さいように思います。

少額からはじめられるから、有意義なものとは限らないようにも思うのです。
小さなリスクが少しずつただ積もって、ただでさえ小さな資金を、むしばむような感じにはならないのかと・・

しかし、どうも30万であれば、個人向け国債を買う、というのはあるようですね。
いちおう、元本割れがないという点では悪くないかもしれません。
ただ、その分やはり戻ってくることを考えると小さいので、
やはりハイリスクハイリターン、ということばがあるくらいですから、
リターンが気になる場合は、リスクもとらないといけないのでしょう。

---------------------------------------

始めから初心者が多くの資金を投資に投入するのはリスクが大きい。まずは30万円程度の余裕資金で運用する金融商品として、元本が保証された商品と、多少のリスクはあるものの、少額から始められる商品をひとつずつ紹介しよう。

1.個人向け国債
まず、元本保証型商品として「個人向け国債」が挙げられる。国が発行する、個人でも購入可能な国債のことだ。個人向け国債は元本割れがなく、1万円から購入できるため、投資初心者でも安心して運用ができるだろう。金利に関しては、年率0.05%の最低保証も付帯している。なお、個人向け国債は元本保証型商品だから、投資タイミングは気にせずに、一度に30万円分購入して、少しでも多くの金利を得るのが理想的ということになる。

2.投資信託
リスク性のある金融商品の入門としては「投資信託」が挙げられる。投資信託は、たくさんの投資家から集めたお金を、運用のプロフェッショナルであるファンドマネージャーが国内外の株式や債券などから投資対象を選び、運用する金融商品である。
(ZUU onlineー2019/7/12)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 18:08| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

老後2000万の衝撃で資産を

2000万を確保しないと老後は・・
という話が話題になっていましたね。

65歳から年金給付を受け取るまで
働き続けることを想定しなくては、
というひとつの騒ぎになっています。

でも前から思っていたのですが、
もともと大した額を受け取る予定にない人ほど、
年金はともかく、結局働く必要があるという自覚がありますよね。

そのために、働く準備をしている人も多いと思います。

もちろん、若い時には出来た働き方が、
歳をとってくるとできない、という事実はあって、
そのときになってみないと、
本当に働けるかどうかがわからないです。

コツコツためたお金を
株式投資に回す(つまりそれは余剰資金)だけの人が、
老後2000万と聞いてあわてるでしょうか。

本当にあわてるのは、
そんなことが思いもよらない層のひとたちなのに、
という気がしてきます。

---------------------------------------

老後の生活費が年金だけでは足りず、自己資金2,000万円を確保しなければいけない事実が巷を騒がせています。65歳より年金給付を受けとるまで、働き続けることを想定しましょう。そのときまでに2,000万円を貯めなければいけません。

銀行預金でコツコツと2,000万円を貯蓄することも可能でしょう。しかし、利回りがほとんどゼロに近いため、資産形成の手法として効率的ではありません。そこで、効率的な資産形成の方法として、株式投資を考えます。長期的には上場企業の株価は上昇します。

(幻冬舎ゴールドオンラインー2019/7/3)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:47| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

ゆうちょ銀行と投資信託説明

先日、ゆうちょ銀行の投資販売の説明時に
問題があったと報道がありましたね。

ゆうちょ銀行というと、
どちらかといえば年配の方への露出が多く、
広く、深く信頼されている感があったため、
それもあって、今回の無報道で
よけいにイメージダウンな感じです。

わたしは、年老いた親族が亡くなった際に、
残った資産についてゆうちょ銀行の方に
たいへん親切にアドバイスしていただいた経験がありました。

それだけに、かなり信頼した気持ちだったため、
高齢者に説明不足のまま投資信託を販売していたというのは、
ちょっと裏切られた感じがします。

しかも件数としてはかなり多いようなので、
今後、信頼感を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうですね。

---------------------------------------

ゆうちょ銀行は18日、都内で定時株主総会を開いた。池田憲人社長は冒頭、不適切な手続きで高齢者に投資信託を販売していた問題について「守るべきルールが順守されていなかった点を厳粛に受け止め、深く反省している」と述べた。

(日本経済新聞ー2019/6/18)
----------------------------------------
ラベル:ゆうちょ銀行
posted by ヒロリン at 16:27| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

積立投資から個別株投資へ

投資信託の積立を中心にして、
リスクに備えながら安全性を高める資産形成、
というものが昨今、いろいろな人からいわれているようです。

投資にはギャンブル的な要素は確かにありますが、
そこばかりに目を向けているのも困りますよね。

自分の小さなもちものだけみていても、
自分のためになるかどうかは、わかりにくです。

なので、増えてリスクを整理するのは難しいですが、
長い事、積立主体で、それを個別株に帰ることがいるようです。

積立で利益は得られていたかもしれないけれども、
もっとしっかり稼ぎたいとなれば、
割安な日本株は魅力的かも。

ただ、その割安な日本株をちゃんと見つけられればいいですが、
どういうふうにして探すかが私の場合は問題です。

そういうことを考えると、
投資信託でいいか、と思い直してみたり、
ということの繰り返しです。

---------------------------------------

ろくすけさんが投信の積み立て主体から個別株投資に切り替えたのは、リーマン・ショックが起きた08年。米国のサブプライム問題に端を発した株式相場の下落で、割安な日本株が増えたことでチャンス到来と踏んだのだ。

 デビュー直後にリーマン・ショックが襲ったことで、09年3月末時点の資産は前年より15%も減ってしまった。しかし、その後に長期上昇相場が始まったことを考えると、08年に個別株投資に切り替えたことは、その後の資産膨張の追い風になったのは否定しようがない。

(株探ニュースー2019/6/14)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 15:50| Comment(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

セゾン投信と福岡銀行

セゾン投信は、積立投信の老舗的な投信です。

そのセゾン投信と、福岡銀行のiDeCOの
新プランと協業することになったそうです。

つみたてNISAがもりあがったときに、
NISA専用商品がぐっと利用者を増やしましたが、
セゾン投信はそのずっと前から、
積立型の投信でずっと利用者を地道に確保してきたわけです。

それが、NISAで利益に税金がかからないのであれば理想的です。

福岡銀行の地域に根ざしたサービスを
提供するパートナーとして成長してきた部分と、
実績のあるセゾンがパートナー同士となったら、
きっと心強い連携となるでしょうね。

セゾン投信は、確か、
バランス型投信と
より積極的に運用する投信と
二つのタイプがあるのですよね。

---------------------------------------

セゾン投信は、創業以来「長期、積立、国際分散」で個人の資産形成を支援するという理念を掲げ、お客さまとのコミュニケーションを大切にし、長期資産育成型ファンドを提供して参りました。

このたび、福岡銀行を運営管理機関とする iDeCo の新プランFFG の iDeCo」に当社の2つのファンドを提供することといたしました。

(投資信託の投信資料館ー2019/5/29)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 22:40| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

積立投信のメリットの多い若者

若い人が、ほんとうに若いうちから
投資信託の情報を得て、
資産形成をはじめている人っているのですね。

それはやはり身近に、
資産形成に熱心に取り組んでいて、
お金にわりと余裕のある状況があるかどうかで決まるかも。

記事になっていたブロガーさんは、
毎月合計5万以上を積立投信にまわしているようです。

そういうことができるということは、
生活費にも余裕があるんですよね・・

『世界市場は成長を続けるはず。
投資リターンはそのおこぼれに預かる程度で十分』

という考え方で運用を続けているそうで、
これはたいへん健全だと思います。

積立投信をそういった考え方で
やれる若者が多ければ、
将来的にも安心な感じがしますね。

月5万円もは無理な人が多いと思いますので、
とりあえず5千円とか1万円とかではじめて
余裕ができてくれば1万円ずづふやしていく
というやり方で良いかと思います。

---------------------------------------

「父が2012年に少額投資非課税制度のNISA口座を開設する際、誘われました。20歳で大学生だった時です。アルバイトもしていなかったのでお金がなく、その時はお年玉として残っていた数万円で海外先進国の株価指数に連動するインデックスファンドを購入しました」

「最初にインデックスファンドを選んだのは特段これといった理由がないのですが、今に至ってもアクティブ(積極)運用ファンドは購入したことがありません。著名ブロガーの方の考え方も参考にして、リターンがコストに見合うかどうかで、割に合わないと思っているからです」

「会社で給料をもらうようになり生活費がある程度貯まってきたので、社会人1年目のおととしの半ばから投資を本格的に再開しました。

(日本経済新聞ー2019/5/20)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 18:00| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

イオンETCカードの作り方についてのサイト

もうすぐ、年末年始、
帰省や旅行でお出掛けの方も多いですよね。

クルマでお出掛けの方は、
長距離だと高速道路を走ると思うのですが、
料金を少しでも節約したいのでしたら、
やはりETCを利用することです。

今回、ご紹介のサイト様は、
イオンカードでETCカードを作る場合の、
申し込み方法や申し込みの手順について詳しくガイドされています。

申し込みの際の提出書類や書類の出し方も紹介されています。

また。イオンカードの割引やポイントについてお得な点も。

こちらのサイトです→ 『イオンETCカードの作り方と申し込み流れ』

ちなみに、私、イオンカードを持っています。
WAONが付いているイオンカードです。

イオンカードはオリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門総合2位にランクされている
とても人気のクレジットカードですが、
私も日々、イオンでの買い物に使っていて、
割引やポイントが多くもらえる日があって
けっこうお得度が高いカードだなと感じていますので、
イオンカードでETCカードを作るのはおすすめです。

もし、コスモ石油のガソリンスタンドでガソリンを入れているという人は
イオンカードとコスモ石油が提携発行している
『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』でETCカードを作ってもいいと思います。

コスモ石油での給油が会員価格になるからです。

それに『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』も
他のイオンカード同様に、
イオンやマックスバリュ、ダイエーなどでの5%割引きや
ポイント付与優遇があります。
posted by ヒロリン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融相互リンク1 | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

金融商品売買の「タイミング」

金融商品などの運用を有利に運ぶために
「売買のタイミング」というのがあると思います。

誰でも思うことですが、
安く買って高く売る売買差益を期待することがありますね。

でも、買ったときが安くても、
いつ手放せば高いのかは誰にもわかりません。

「チャート分析」などがあれば、
そのタイミングが確実にわかる、
みたいな記事等が雑誌などにありますが、
それはもちろん、信頼できるものではありませんね。

確実に思うようにうごく金融商品などないので、
ある程度参考にするのはともかく、
それを信用して大きくお金を動かしたりしないほうがよさそうです。

誰でも簡単に株式の売買のタイミングがわかる方法があるのであれば、
みんなが株で儲けられるということになりますよね。

株とかは、誰かが損するし、
誰かが儲かるのですよね。

長い株取引の歴史の中で、
儲ける人もいれば、
それ以上の数の損をした人がいた、
というのが事実ですからね。

-----------------------------------------

【質問】チャート分析などであれば投資信託の売り時・買い時のタイミングがわかるのではないですか?
チャート分析で売り時・買い時が分かることはありません。チャート分析などで売り時・買い時がわかる、などの解説も巷には溢れていますが、現実にはわかることはありませんのでご注意ください。

(エキサイトニュースー2019/5/13)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 22:57| Comment(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

時間の経過とともに資産が増える?

今は令和がはじまってしまいました。

もうじき平成が終わる、というとき、
平成の間に起きた出来事などを振り返るコンテンツもいろいろ生まれたようです。

金融でも、平成の最初はバブルだったので、
そのころにこうしていたら今はどうか、
という話が時々出ているようですね。

平成も短いようで30年というかなり長い月日になりました。

30年間、一定のペースで積立を続けたら、
金額としてはきちんとしたものが貯蓄できたことでしょう。

ただ金融商品としては、
必ずしも有利だったわけではないようです。

日経平均株価に連動する投信を
毎月積み立てられたのならひと資産築けたかもしれませんが、
当時はそういう商品がなかったため、それは難しかったとか。

時間がたってよくなることはあるけれども、
時間がたてば前提条件が変わるので、
一律に時間だけ経つとは考えないほうがいいのかもしれません。

----------------------------------------------

さらに、30年という長い年月のうちには、相場がいい時もあれば、悪い時もありました。今、株価がバブル崩壊後、2万1000円台に回復したからこそ、こうした試算が成り立ちます。

でも、机上の空論と言ってしまうほど、バカげた話ではなく、長期で積立投資をすることの重要性、可能性は十分に示せているのではないでしょうか。

※日経平均株価に毎月1万円投資をしたとして、2019年3月(月足)で時価評価した場合。手数料、税金など考慮せず。日経平均株価に連動する投資信託で毎月積み立てることは、現在は可能だが、平成元年当時はそうした積立商品は存在していなかった。

(マイナビニュース 2019年4月29日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 15:34| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ポイント投資は長期間保有しない

クレジットカード利用などで貯まったポイントを
投資信託とかに投資するポイント投資、
私はまだやったことないですが、
しばしば話題になりますね。

少しずつ投資する商品は、
できるだけ長期間保有するほうがいい
というのが基本的な考え方とされていますが、
ポイント投資についてはそうでもなく、
永久不滅ポイントをつかったポイント投信や、
ドコモのdポイント投資も、
どちらも多くの人が利用しているものの、
長期間保有するというよりは、
ポイント利用のために出し入れするひとが多いとか。

わたしもポイントなら、
ある程度増えたら何かに使うのを考えてしまうと思いますね。

永久不滅ポイントの投資も
dポイントの投資も
運用で増えたとしても
結局ポイントとして引き出して使う仕組みだからだと思います。

楽天スーパーポイントのように
楽天証券の口座で投信を購入して
そのままお金として運用される仕組みなら
長期保有という人も多いのではと思います。

----------------------------------------------

携帯電話やクレジットカードなどの利用でたまるポイントを運用に回し、ポイントの増加を狙う「ポイント投資(ポイント運用)」の利用者が急増している。代表的な2社、クレディセゾンのカードポイント「永久不滅ポイント」を使った運用サービスの利用者は2018年末に43万人に達し、NTTドコモの「dポイント投資」の利用者は19年2月に40万人を超えた。

(日本経済新聞 2019年4月24日)
--------------------------------------------------

ラベル:ポイント投資
posted by ヒロリン at 11:40| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする