2019年03月14日

積立投信が人間に向いている

積立投信がいろいろな利点があるというのは、よくいわれますが、
その根拠を行動経済学で示しているのは珍しいと思います。

行動経済学で云えばそもそも、
資産運用に人間が向いていないと・・

運用ということは、
増える減るが発生するのが考えられ、
損をしたときの苦痛が3倍。

だから、その苦痛のほうが記憶に刻まれ、
耐えきることがしにくいのだとか。

なので、できるだけ「損をしている」ことを
感じない仕組みの中で、
投資信託を行うのがよいそうです。

ということは一喜一憂するようなギャンブル的投資ではなくて、
積立投信がよいといわれるのもわかる気がしますね。

結果が同様でも、
苦痛が少ないのがポイントということですね。

----------------------------------------------

行動経済学でいうと、人間は資産運用に向いていない。人間は、投資でもうけたときの喜びより、損をしたときの苦痛のほうが3倍大きい(A)。これは、人間の脳の構造の問題だが、喜びより苦痛のほうが、記憶に刻み込まれるからだ。特に、日本人は農耕民族であり蓄えがなくなるリスクを回避する傾向が強いため、世界平均より投資で損をしたときに感じる苦痛が大きいようだ。

(日本経済新聞 2019年3月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:積立投信
posted by ヒロリン at 11:25| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

家計としての分散投資

資産運用という面からすれば、
投資信託というひとつの範疇でいろいろな方向に分けている、というだけでなく、
いろいろなところに資産そのものを分散している、
というのが、本当の分散投資、となるという見方。

もっともですね。

家計全体として分散できていなければ、
いくらひとつの金融商品の中で分散ができていても、
家計全体の危うさはぬぐえません。

なにかひとつが破たんすれば、ダメになる、
というのではなくて、あちらの資金が危うければこちらから補填する、
ということができるように、
家計はトータルで考えておくのが重要ということです。

つまり、金融商品だけで分散するのではなく、
土地、金、などの現物へ投資するとか、
あるいは別の物もあればそれに投資する、
それが真の分散投資だということなのですね。

ただ、これをするには、
ある程度、というか、かなりの資金を持っている
ということが必要ですよね。

----------------------------------------------

家計全体が“分散投資“されていることが重要
家計において個人向け国債を保有している、あるいは、相続や持株会を通じて株式を少なからず保有している場合において、バランス型投資信託を保有していても分散投資しているといえるでしょうか。

つみたてNISAやiDeCoにおいて、バランス型投資信託を利用することは、投資初心者にとって適切であるという考えに異論はありません。ただ、バランス型投資信託で分散投資を行っていても、資産運用は万全ではないことを認識していただければ幸甚です。

(Yahoo!ニュース 2019年3月4日)
--------------------------------------------------

ラベル:分散投資
posted by ヒロリン at 18:07| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

イオンETCカードの作り方についてのサイト

もうすぐ、年末年始、
帰省や旅行でお出掛けの方も多いですよね。

クルマでお出掛けの方は、
長距離だと高速道路を走ると思うのですが、
料金を少しでも節約したいのでしたら、
やはりETCを利用することです。

今回、ご紹介のサイト様は、
イオンカードでETCカードを作る場合の、
申し込み方法や申し込みの手順について詳しくガイドされています。

申し込みの際の提出書類や書類の出し方も紹介されています。

また。イオンカードの割引やポイントについてお得な点も。

こちらのサイトです→ 『イオンETCカードの作り方と申し込み流れ』

ちなみに、私、イオンカードを持っています。
WAONが付いているイオンカードです。

イオンカードはオリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門総合2位にランクされている
とても人気のクレジットカードですが、
私も日々、イオンでの買い物に使っていて、
割引やポイントが多くもらえる日があって
けっこうお得度が高いカードだなと感じていますので、
イオンカードでETCカードを作るのはおすすめです。

もし、コスモ石油のガソリンスタンドでガソリンを入れているという人は
イオンカードとコスモ石油が提携発行している
『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』でETCカードを作ってもいいと思います。

コスモ石油での給油が会員価格になるからです。

それに『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』も
他のイオンカード同様に、
イオンやマックスバリュ、ダイエーなどでの5%割引きや
ポイント付与優遇があります。
posted by ヒロリン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融相互リンク1 | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

KDDI関連のiDeCo

KDDIと大和証券関連で、
個人型確定拠出年金「auのiDeCo」が発売になるとか。

スマホで知られたauが、
若者向けにイデコを進めてくる感じでしょうか。

また同時に、KDDIアセットマネジメントが
運用を行う投資信託「auの投資信託」も販売されるとか。

コンセプトが「ニホンのお金を、働き者に」だそうです。

ニホンをカタカナにし、読点を入れたところに、
非常に若者向けな作為を感じるキャッチで、
若者ウケ狙い撃ちな感じがひしひしとします。

auというかKDDIというか、は、
携帯電話事業にとどまらずに
金融関連サービス事業へと積極的に
事業拡大をしていますよね。

じぶん銀行というネット銀行をやっていますし、
auウォレットではプリペイドカードとクレジットカード発行をしています。

そして、今回は、
投資信託とイデコです。

----------------------------------------------

KDDIアセットマネジメント株式会社は、大和証券株式会社向けに、当社が運営管理を行う個人型確定拠出年金「auのiDeCo」を提供し、大和証券の本支店でのご案内とお申込みの受付を、2019年2月25日(月)(予定)より開始いたします。また同日(予定)より、当社が運用を行う投資信託「auの投資信託」(注1)の取扱いを開始いたします。

当社は、「ニホンのお金を、働き者に。」を基本コンセプトに、デジタルネイティブ世代の若年層を中心とするお客様の資産形成をサポートする合弁会社として、KDDI株式会社と株式会社大和証券グループ本社の資本業務提携により、2018年1月に設立されました。今回の「auのiDeCo」「auの投資信託」の大和証券への提供開始は、本資本業務提携の一環となります。

(PR TIMES (プレスリリース) 2019年2月20日)
--------------------------------------------------

ラベル:イデコ au
posted by ヒロリン at 13:20| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

iDeCoは頻繁な売買は向かない

株価が下がる、上がる、
を気にするようになるのは、
自分が投資信託や株を持っていたら当然です。

そういう勉強をしたくて、
積立投信を購入している人もいますよね。

iDeCoで投資している人は、
たぶんそういうことではなくて、
実際に資産をつくるために行っている人だと思います。

資産を増やすためにどうしたらいいのか考えてそうなったので、
逆に、株安とかになってしまうと、
本来の目的が達せられるか不安になってしまい、
つい、動きすぎになってしまう可能性はありそうです。

しかし、iDeCoで投資するときは、
投資信託での運用なので、
気持ちばかり急いでも、
1日に複数回の売買注文を出しても意味がない、
ということを、理解しないで行ってしまう場合も多いかも。

少しの損を惜しんで、売りに出したとしても
実際に価格が決まるのは翌日だったりして、
そういうリアルタイムな気持ちの動きを、
行動に反映させるのは慎重になったほうがいいのが、投資信託といえます。

----------------------------------------------

読者の中には、個別株の売買やFXを経験している人もいるかもしれませんが、それらの投資戦略には、いくつか「iDeCo」ではマネするべきではない要素があります。

 たとえば「頻繁な売買」「機動的な売買」などはまったく「iDeCo」向きではありません。そもそも「iDeCo」で投資する場合は投資信託での運用になりますから、どんなに急いでも基準価額は1日に一度しか変わりません 。つまり1日に複数回の売買注文を出しても意味がありません。

(ダイヤモンド・オンライン- 2019年2月14日)
--------------------------------------------------

ラベル:イデコ
posted by ヒロリン at 13:15| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

投資信託と資金の額

投資にいくらの資金を充てるか、
よくいわれるのは、
すぐには使う予定のないお金を当てよう、
ということです。

ですが、そんなに高額の余分なお金じゃないといけないのなら、
投資を出来る層は、
収入の多い層に限られてしまいますよね。

だからこそ、いま投資信託には積立投信が人気なのでしょう。

積立投信なら、月々数百円から可能だったりしますし、
毎月定額ずつ投資するので、
最初の頃は、損失があったとしても極々少額で済みます。

リスクを小さくする、という意味でも、
そう投資でいま利益を出そうとしてない人は
積立投信が望ましいのかもしれないですね。

今では月々の積立額が500円からというネット証券もありますので、
若い世代の方は1000円とか2000円とかの
負担が少ない額ではじめられるので、
長期的な資産形成というスタンスで積立投信をはじめてみるといいんもです。

----------------------------------------------

投資は目的ではなく、あくまで将来の希望を実現するための手段です。「40歳までに1000万円つくって独立したい」「60歳までに老後資金2000万円を準備したい」など、夢や目標は十人十色。まずは自分自身が「何のために、いつまでに、いくらにしたいか」という投資の目標を定めましょう。自分自身の将来の希望を描くことが、資産運用の第一歩なのです。

(マイナビニュース- 2019年2月6日)
--------------------------------------------------

ラベル:積立投信
posted by ヒロリン at 16:46| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

つみたてNISA口座と若者の積立投信

積立投信利用が広がっているのは、
つみたてNISA口座でなにをしようか
という提案がそういうのが多かったことと、
積立という名前からして、
無理ない金額で行うことができる
というイメージもあるでしょうね。

投資信託の積立購入は証券会社(ネット証券)によっては
1000円から積立購入をはじめられるので、
そういったものはまとまった資産になるには時間がかかりますが、
とても若いうちからはじめるなら
本当に無理なく将来に備えられる利点が、確かにあります。

少ない給与から
いろいろなものをねん出したい若者世代には、
1000円からの積立投信なら
無理なく活動するお金は削らずにはじめられて、
しかも金融的なものの勉強にもなるし、将来にも備えられる・・

つみたてNISA口座での積立投信はぴったりな感じです。

----------------------------------------------

若年層向けに積み立て投資が広がってきた。2018年1月に始まった積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)は足元で100万口座を超えたとみられ、20~30代の割合は利用者全体の約4割に達する。個人型の確定拠出年金(イデコ)の対象者拡大や証券会社の投資初心者向けサービスも奏功し、積み立て投資が身近なものになりつつあるようだ。

(日本経済新聞- 2019年2月2日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 13:42| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

積立投信はほったらかしでいいか

積立投信はほったらかしがいい、
とよくいわれているのですが、
そうではない、という話がありました。

利益が出たときに踊らされてしまうと、
長い目で見たときの高いとき、安いときにふりまわされて、
売ったり買ったり・・

それがよいほうに出ればいいが、
そうとは限らないので、
長い目で見れば下がりきることはないのだから、
ほったらかしがいいという理屈が、ほったらかしの理由ですが、
そうではない理由は、
リーマンショックで大幅にさがったのを
フォローできなかった経験からだそうですが、
確かにそういう、明らかに大きく動きがあるのが予想される場合は、
状態をしっかりみたほうがいいかもですね。

利益確定とは、売って、金額として確定させる、ということですよね。

----------------------------------------------

私は積立投資でも、利益確定をオススメしています。それは、私の実体験からきています。

私が金融機関で勧められて50万円ほどで購入した投資信託が70万円くらいになり、その後リーマンショックで17万円くらいになってしまった体験からです。

この時は、一括購入でしたが積立てでも同じことが言えます。

いままで積立投資をしていて、リターンが出たのにそのままにしてしまった場合、高値で購入していた時期の積立て価格はマイナスになってしまいます。

(まぐまぐニュース!- 2019年1月23日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 16:23| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

投資初心者にすすめたいファンド

投資をこれからはじめるひとに、
何をすすめているかみていると、
それは投資信託で、
まず少額の積立投信がいいという人が多い気はします。

月々の金額が小さいので、
貯金のようにコツコツと続けることができる、
というのがいちばん大きな理由ですね。

もうひとつは、バランスファンドを購入するといいという人も。

信託報酬などの運用コストが高いというのがデメリットという人も。

はじめてみた人のうち、資産を増やすというよりは、
投資について勉強をしたい、という人も多いと思うのですよね。

そうすると、
積立投信のように、一定の額を長年コツコツというのだと、
ほんとうにほおっておく方がよかったりして、
あまり投資について考えなくてもイイ感じになるので、
勉強の目的で投資信託をはじめる人は、
むしろ、ときどき気にかけたり、
なにかと比べたりする機会があるもののほうがいいのかも?と思います。

----------------------------------------------

まず「習うより慣れろ」という意味で、初心者にはバランス型がいいのではないかと思います。確かに「バランス型は信託報酬などの運用コストが高い」というご指摘もありますが、実際に現場で初心者と接したときに、「株と債券のインデックス型投信に分散投資して……」と説明しても、「そんな難しいことわからないし、できない」となるケースが非常に多いんです。

(アエラドット 朝日新聞出版- 2019年1月7日)
--------------------------------------------------

ラベル:バランス型
posted by ヒロリン at 10:21| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

投資信託の絞り込み

投資信託をこれから始める人に向けた記事は、
わかりやすいものが多いと思います。

アクティブ型とインデックス型、
どちらがいいか絞り込みをしようという視点の解説とか、助かります。

その前に、最初にやるべきこととして、
「どの地域の」「どのテーマ」に投資するのか、
と書いてあって、テーマ?と思いました。

テーマというと、介護とか、不動産とか、
そういったもののような気がしてしまいます。

でも、そうではなくて、
「株式」「債権」「業界別」といった、
投資信託の種類のことなのですね。

債権に投資する、
業界別に投資する・・
株式の上下に影響される投資、
と違っていまひとつイメージがしにくいですが。

----------------------------------------------

最初にやるべきことは、「“どの地域”の“どのテーマ”に投資をする投資信託なのか?」を選ぶことです。ここでいう地域とは、「日本国内なのか?」「先進国なのか?」「新興国なのか?」などのことです。また、ここでいうテーマとは、「株式なのか?」「債券なのか?」「ITや医療といった業界別なのか?」などのことですね。

上記が決まったら、似たような投資信託の中から絞り込みをすることになります。その際の判断材料の1つが、「アクティブ型」か「インデックス型」かという点です。

(Yahoo!ニュース 2019年1月7日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 10:23| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする