2018年11月21日

買い下がり投資は現実的

投資は、安い時にたくさん買って、高い時に売るのがいい、とは考え方としてはわかります。

それを具体的にどうするのか書いていて、
直近の高値が決まってそこから10%下落した月末にまず買い、
そこから、決めた下落率以下のときに買い足していく、

そうすると確かに、ずっと安い価格で買い続けられますね。

こう決めてしまっていれば、今は買い時かどうか都度迷ったりせず、確実に以前より安い価格で買い集められますね。
ただ、その先もずっと下落していくのだと、
資産が減る一方であればどきどきすると思うのですが、
長い目で持っていればきっと上がる時が来る、という考え方でしょうか、
そうやってあとは、ゆっくり保有していればいい、とのこと。

これなら、少しまとまった額を手にしたタイミングでも、やれそうな気はします。

----------------------------------------------

この「買い下がり投資法」ともいえる方法のルールを説明しよう。

投資を始めるのは、購入対象とする投信の基準価格が直近高値(月末値ベース)から10%下落した月の月末だ。あまり早く買い始めると安値買いにならない恐れがあり、下落率は10%とした。以後は基準価格の高値からの下落率が15%、20%、25%と5%刻みで大きくなるたびに月末に買い出動する。価格が下がっていても、下落率が節目を下回らなかった月は投資を見送る。購入を月末に限るのは、基準価格のチェックと注文の手間を月に一度で済ませたいからだ。
投資額は5万円からスタートし、下落率が10%刻みで拡大するたびに5万円ずつ増やしていく。下落率が10%、15%のときは5万円、20%、25%では10万円、30%、35%なら15万円――という具合。途中で下げ止まったら、そこで投資はおしまいにする。下げ幅が広がる間だけ投資して、後は成果を寝て待つのみだ。

(日本経済新聞 2018年11月21日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 11:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

投資先の決定をどうするか

投資信託はプロにまかせたほうが安心、
と考えて、投資先を選択するのは投信会社にまかせる、
というのが多くの場合の考え方。

アクティブ型の投信は、
経験豊富なプロの投資家が投資先を選ぶ、
パッシブ型は、機械的に投資先を選ぶ、
という、投資先の選択については
手段を選ぶことができるのがメリットといえるかどうかは、考え方によります。

けれど、結局金融情勢がどうなるのか、
その投資信託が値上がりして
利益をもたらしてくれるのかどうかは、
結局だれにもわからないのです。

その点は、「解説者」というひとのうさんくささと似ていますね。

事件や災害が起こってから、
それがなぜ起きたのかを解説してもなんにもならないのです。

大事なのはそれを生かして次どうするか。

そのことを100%正しく教えてくれるなら、
預言者ですから、そんなのは難しいと思います。

----------------------------------------------

「アクティブ型」の投資信託では、経験豊富なプロの投資家が、投資先を選びます。プロが手間をかけて投資をするので、その分、多く手数料がかかります。一方、「パッシブ型」の投資信託では、機械的に投資先を選びます。手間がかからない分、手数料を安く抑えることができます。

こんな話をすると、普通は「やっぱりプロに運用を任せた方が安心だよね!」と考える方が多いようです。しかし、実際は、プロに任せても意味がないようでして。プリンストン大学の名誉教授をつとめる経済学者、バートン・マルキール氏は書籍の中で、「株式市場の未来は予測不可能なので、プロに頼っても意味がない」という旨を伝えています。

(マイナビニュース 2018年11月4日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 13:22| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

投信は長期保有という考え方

最近の投資信託に関する話で、
投資商品は持ち続けるのは大事だが、
それは放置していればよいというわけではなくて、
やはり状況をみて自分で管理することも大事、
という人がいました。

あと分配金ありの投資信託については、
年金のように「受け取る」ことが目的なのであれば、
使いようによっては別にダメではない、という人も。

また、今回みた話では、
やはり長期投信であれば、
状況を個人で判断して売買をするのではなく、
ずっと持ち続けていくのが大事だといっていました。

識者といえども、
いろいろな観点から語られれば、
いろいろな見方がありますよね。

自分にあった買い方はなんなのか、
参考にしすぎると買う前に踏み出せなくなってしまいそうです。

----------------------------------------------

「マゼランファンド」を13年間ずっと保有し続けていた人は驚異的成果を得られましたが、多くの人たちは価格の上昇局面でまとめて買い、その後の下落局面で慌てて売却してしまった結果、損をしていることが推察できます。

(日本経済新聞 2018年11月1日)
--------------------------------------------------

ラベル:長期保有
posted by ヒロリン at 15:06| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

投資信託は企業への応援にもなる

たびたびテレビで、株主の人が
株主優待券を使い倒して生活しているのを見ます。

あれをみると、株主の人はそういうこと、
自分の得になることが目当てで
投資をしているんだなあと実感しますよね。

それだけの資金を預けているのだから、
恩恵があって当然、という感じです。

しかし本来的には、恩恵をうけるのはその企業が成長しているから。

そしてそれは、株主の人がたくさん株を買って、
結果としてその企業を応援したから、
ということになります。

それを考えると、
自分がなにかもらうために投資をするのではなく、
結果としてそうなるように、
どこの企業が応援しがいあるかを、
資金投入する前によく考える必要がありますね。

----------------------------------------------

第1回では、ネット証券であれば、100円でアメリカの企業である、アマゾンやグーグルにも投資できるといったこともご紹介しています。

さらに、投資信託を買うのは、自分にも企業にも“いいこと”です。

私たちが、たとえば株式に投資する投信を購入するというのはどういうことでしょう?

投資したお金は運用会社を通じて、たくさんの会社に投資されます。つまり、私たちは投信を通じて会社の株を買い、そして保有することになります。

会社はそのお金を使って新しい工場をつくったり、機械を買ったりして、新しい製品やサービスを生みだします。長期的にそれらの会社が生み出す財やサービスの価値が向上していけば、それに伴って会社の価値も向上します。

(ダイヤモンド・オンライン 2018年10月21日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 15:50| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

イオンETCカードの作り方についてのサイト

もうすぐ、年末年始、
帰省や旅行でお出掛けの方も多いですよね。

クルマでお出掛けの方は、
長距離だと高速道路を走ると思うのですが、
料金を少しでも節約したいのでしたら、
やはりETCを利用することです。

今回、ご紹介のサイト様は、
イオンカードでETCカードを作る場合の、
申し込み方法や申し込みの手順について詳しくガイドされています。

申し込みの際の提出書類や書類の出し方も紹介されています。

また。イオンカードの割引やポイントについてお得な点も。

こちらのサイトです→ 『イオンETCカードの作り方と申し込み流れ』

ちなみに、私、イオンカードを持っています。
WAONが付いているイオンカードです。

イオンカードはオリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門総合2位にランクされている
とても人気のクレジットカードですが、
私も日々、イオンでの買い物に使っていて、
割引やポイントが多くもらえる日があって
けっこうお得度が高いカードだなと感じていますので、
イオンカードでETCカードを作るのはおすすめです。

もし、コスモ石油のガソリンスタンドでガソリンを入れているという人は
イオンカードとコスモ石油が提携発行している
『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』でETCカードを作ってもいいと思います。

コスモ石油での給油が会員価格になるからです。

それに『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』も
他のイオンカード同様に、
イオンやマックスバリュ、ダイエーなどでの5%割引きや
ポイント付与優遇があります。
posted by ヒロリン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融相互リンク1 | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

分配型投信のメリットもあると考えられる

以前であれば、
退職時には退職金がまとまって支払われる、
という状況がありましたが、
それは今は昔、
安定してそういう状況にある会社は少なくなっているのではないでしょうか。

「わたしの未来設計」という投資信託では、
安定して分配金が出るような運営を目指していて、
それは、場合によっては元本を切り崩してもいいという思想になっているそうです。

なぜなら、年金が二カ月に一度支払われる世代で、
年金が支払われない月が生活が苦しいという、
そういった状況も考えて、
年金のない月に生活費として手にするのが目的だからだとか。

たとえ元本が切り崩されても、
そうではないときもあるので、
生活費のためなら仕方がない、
というのがその投信を運用しているひとの考え方だとか。

今の高齢者は年金に関しては
豊かなほうなのではと思っているのですが、
今ですら、やはり厳しいのですね。

それを考えると、退職金も補償されていない人の多い、
これから高齢者となっていく人は、どうなるのかちょっと心配です。

----------------------------------------------

三菱UFJ国際投信の「わたしの未来設計」は、1年先までの分配の目標額を示す。突然の減配などで購入者が困ることがないように配慮する。仮に期間中の運用収益が分配の目標額を下回った場合は、元本を取り崩して分配金を払い出す。元本をかたくなに守るのではなく、適度に取り崩しながら運用のリターンも狙う戦略と言える。

 一方、SBIアセットマネジメントの「SBI世界高配当株プレミアムファンド」はコースによっては資産の15%相当を1年分の分配金として毎月支払う。これは久しぶりの「毎月分配」型だが、運用残高は数億円と小さい。

(日本経済新聞 2018年10月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:分配型
posted by ヒロリン at 17:26| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

投信口座にマイナンバー必要

マイナンバーの届け出が投資信託でも必要だとは知りませんでした。

マイナンバー、浸透していないですね・・

わたしも、顔写真つきのマイナンバーカードは発行していません。

たしか、会社で、
他の業者を登録するときにマイナンバーが必要で、
そのためのマイナンバーカードの番号が、
なかなか提出されないので困っているとも言っていました。

投資信託では、
個人の認証的に必要なのかもしれませんが、
それなし、でいくつかの認証を組み合わせてちゃんとやっていたのですから、
それでいいのではないかと思わないでもないです。

国民に望まれていないのに
管理する側が先導してつくる制度としては、
ちょっと中途半端な感じになっていますね。

投資信託について必要だと知らしめるには、
まだまだ情報の流布が足りていないようです。

----------------------------------------------

株や投資信託などの取引に必要となるマイナンバー(社会保障と税の共通番号)の届け出が進んでいない。証券会社への提出期限が2018年末に迫る中、日本証券業協会は「多くの投資家に知られていない」と焦りを隠さない。19年度税制改正要望で優遇措置を求めるなど、制度の認知や理解の拡大を図る構えだが、マイナンバーへの警戒感も根強いだけに効果は未知数だ。

(ニフティニュース 2018年10月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:マイナンバー
posted by ヒロリン at 01:10| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

Dynamicsとソフトバンクが協業

Dynamicsという名前のアメリカの企業と、
日本のソフトバンクが協業して、
あたらしい次世代クレジットカードを展開していくようです。

日本での展開なのですね。
すごい世の中になってきたものです。

このカードは、別なところでチェックしてみた、
IOTなクレジットカードですね。

カードにディスプレイがついていたり、
自体に通信機能があったり、というカード。

これを、ソフトバンクが本腰を入れて日本展開するなら、
まずソフトバンクカードでその受付とかしそうです。

ソフトバンクユーザーだけが使えるIOTなクレジットカードとか、
あたらしもの好きなソフトバンクユーザーが楽しみにしそうな気がします。

スマホのキャリア代の支払いとかで、
まずは展開するのでしょうか。

それにしてもソフトバンクは次世代のサービスや
技術に積極的に投資していますし、
提携などの協業もしているようですよね。

先日もトヨタとの提携だか協業を発表しましたし。

AIとかフィンテックとか、
IOTとか自動運転とか
こういうダイナミズムな展開がされている今、
孫さんが社長に復帰したかったのが
なんとなく分かります。

----------------------------------------------

次世代クレジットカードの世界展開を推し進めるアメリカの大企業Dynamicsと、国内大手起業ソフトバンク、ソフトバンク コマース&サービス株式会社が包括的協業をすることを発表した。

協業により多機能搭載の次世代クレジットカードを日本展開していく試みだ。

カードの平均保持枚数が多い日本では、多機能搭載クレジットカードの潜在的需要が高く、Dynamicsはアジア太平洋地域への事業拡大戦略にて重要な市場としている。

(大人のクレジットカード 2018年10月6日)
--------------------------------------------------

ラベル:ソフトバンク
posted by ヒロリン at 13:47| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

投資信託の日に手数料還元

投資信託の日、というのがあること、
知りませんでしたが、10と4で「とうし」
ということで10月4日だそうです。

その日限定でなにかやる、
というのはあんまり聞いたことがなかったです。

SBI証券では、証券投資の日は投信で投資、
というキャンペーンを実施するんだとか。

買い付け手数料を全額キャッシュバックするのだそうで、
キャッシュバックによるお得感というのは、
電子マネーやクレジットカードに限らず、
投資信託でも同様ですよね。

投信の場合は、電子マネーとかのちまちました金額より、
もうちょっと大きく返ってきそうな気も。

金融会社の考え方で「返せる部分」は、
投信の場合は手数料しかないですから、
「投信の日」を使って還元されるなら、
利用者はラッキーだと思います。


----------------------------------------------

「証券投資の日」は、日本証券業協会が、より多くの人に投資に興味・関心を持ってもらうため、1996年に「10(とう)」と「4(し)」の語呂合わせから定めたもの。SBI証券においても、ネット証券の先駆者として、より多くの人に「証券投資の日」を認識してもらい、日本における「貯蓄から資産形成へ」の流れを促進するべく、『証券投資の日は投信で投資!』キャンペーンを昨年に続けて実施する。

(投資信託の投信資料館 2018年9月28日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 14:07| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

投資信託とロボアド

自分でよいように検討して行動を起こせるのが自分の財産ですが、
投資信託については、全部自分のものであっても
その扱いはよくわからないという場合があります。

感じとしては車みたいなものでしょうか。
普段、乗っていて使っていても、
それがどういいのか悪いのかは、
専門家やそれに詳しいヒトじゃないと
判断できないところがあって、
だから、専門家が必要、という点が似ています。

そこで、ロボアドという、
各分野で今話題のAIが適切な判断をして
リスクのないように投信の内容をコントロールしてくれるなら、
投信の知識に自信がないまま保有はしたい、
という人にとって頼もしいものになりそうです。

ですが、投資信託を積立投資するのでしたら、
それほど何種類もの投資信託を組み合わせて積み立てるという人はそもそも少ないですし、
ロボアドは必要なのかという気がしないでもないです。

----------------------------------------------

通常、積立投資を始める場合、自分に合った投資信託を探して選ぶ必要があります。この際、ネット上の情報を参考にして探すか、証券会社や銀行の窓口で営業員のアドバイスを受けるのが一般的です。さらに、運用途中でも、株式や債券などの配分比率が当初と変われば、リバランス(最適化)も行う必要があります。忙しい人の代わりに運用会社がリバランスを行ってくれるバランス型ファンドもありますが、資産配分があらかじめ決まったパック商品が多く、必ずしも自分のリスク許容度や条件に合う商品があるとは限りません。

その点、ロボアドは個々のユーザーのリスク許容度に応じた運用プランをもとにリバランスも行ってくれるため、初心者や忙しくて時間に余裕がない投資家でも安心して運用を任せることができます。

(金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE 2018年9月19日)
--------------------------------------------------

ラベル:ロボアド
posted by ヒロリン at 10:52| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする