2013年01月24日

大光銀行の金利上乗せキャンペーン

金利上乗せキャンペーンは、その企画となっている口座に預け入れることで手軽に恩恵をうけられて、
額が大きければ楽しみも増えるので、
現金キャッシュバックとかよりも場合によっては恩恵が受けられるのではないでしょうか。
ただし、期間の制限には気を付けないといけないですが・・

「たいこう ビギンズパック」では、投資信託口座の新規開設時に、同時に預け入れた定期預金の金利が優遇されるそうです。
また、相続で取得した資金には、「相続定期預金」という特別な講座があるそうで、
こちらも金利が上乗せになるとか。
金利には期待できないのが通常となっているだけに、こういった企画ができたときには有効に活用したいです。

-------------------------------------------

大光銀行は預金金利を上乗せする金融商品の取り扱いを相次ぎ始めた。
「たいこう ビギンズパック」は投資信託口座の新規開設時、同時に預け入れた定期預金の金利を優遇。「相続定期預金」は相続で取得した資金を預け入れた場合に金利を上乗せする。いずれも期間など制限はあるが、営業基盤の拡大につなげる。

 ビギンズパックは大光銀で初めて投信の口座を開設し、30万円以上投信を購入した顧客が対象。店頭表示金利から年1%上乗せする。預入金額は投資信託の購入金額を上限とし、30万円以上、300万円以内。預入期間は1年間で、満期を過ぎると金利の上乗せはなくなる。利用は1人1回とする。

(日本経済新聞 - 2013年1月18日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

住信SBIネットバンクでの豪ドル定期預金

住信SBIネット銀行で、豪ドル定期預金での特別金利適用キャンペーンがあるそうです。
3か月もの、適用金利 年2.45%(税引後 年1.95%)、1月14日以降の特別金利 金利 年4.00%ということです。
外貨での定期預金には興味のある人も多いでしょうね。
住信SBIネット銀行は、ネットで盛んにキャンペーンを行っているので、普通口座を持っている人はきっとたくさんいるのでは。
普通口座からの定期預金口座移動は難しくないでしょうから、金額的に大丈夫な方にはよい機会となるでしょう。

-------------------------------------------
住信SBIネット銀行株式会社は、平成25年1月14日(月)から、お客さまの有効な資産運用先としてご利用いただけるよう、好金利通貨として人気の豪ドル定期預金にて特別金利を適用するキャンペーンを以下のとおり実施いたします。

【キャンペーン概要】

1.期間
平成25年1月14日(月)~3月17日(日)お預入れ手続き完了分まで
(円普通預金からのお預入れの場合、平成25年3月16日(土)5:50までにお預入れください。それ以降のお申込みは特別金利の対象外です。)

2.対象となるお客さま
満20歳以上の個人のお客さま・法人のお客さま

3.対象となる商品および特別金利
豪ドル定期預金(3ヵ月もの)に特別金利を適用いたします。

豪ドル定期預金金利
  3ヵ月もの
1月11日時点の
適用金利(※1) 金利 年2.45%
(税引後 年1.95%)
1月14日以降の
特別金利(※2) 金利 年4.00%
(税引後 年3.18%)(※3)

※1 1万豪ドル以上10万豪ドル未満の適用金利
※2 預入金額に関わらず適用する金利
※3 例えば1万豪ドルを3ヵ月もののキャンペーン定期預金にお預入れの場合、3ヵ月後に得られる利息(税引後)は、約79.5豪ドル(※)となります。
*1万豪ドル×年3.18%×3/12ヵ月=79.5豪ドル(税引後)
*具体例は概算値となります。詳細は預入日、満期日等により異なり、1年を365日として日割り計算します。

(PR TIMES (プレスリリース) - 2013年1月15日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨預金・外貨MMF | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

ファンド・オブ・ザ・イアー2012

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2012が発表されましたね。

毎年、どの投資信託が選ばれるのか気にしてチェックしているのですが、
今回のランキングからセゾン投信のバンガード・グローバル・バランスファンドが外れてランク外になったのがちょっと気になっています。
私は、この投信を毎月積立購入しているので毎年気にして見ています。

今までは、毎年、このセゾン投信がベスト10には入っていたのですが、
今回は、セゾン投信のもう一つの投信である「セゾン資産形成の達人ファンド」が9位に入っています。

セゾン投信からは、毎月、運用成績のお知らせメールが届き、
グローバルバランスファンドと共に、
「セゾン資産形成の達人ファンド」のチェックもしていたのですが、
確かに昨年は「セゾン資産形成の達人ファンド」の方が運用成績が良かったんですよね。

もし、これから、投資信託の積立などでの資産形成をされることを考えている方は
この「投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2012」を参考に投信商品を選ぶと良いですよ。

-------------------------------------------

発表された結果によると、第1位のFund of the Year 2012に選ばれたのは、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」。米国の外国籍ETFで、国内では楽天証券、SBI証券、マネックス証券などで取り扱われている。

続く2位には、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「外国株式インデックスe」が選ばれた。

3位は、三菱UFJ投信株式会社の「eMAXIS新興国株式インデックス」。複

・4位 「結い2101」 鎌倉投信
・5位 「ひふみ投信」 レオス・キャピタルワークス
・6位 「SMTグローバル株式インデックスオープン」
     三井住友トラスト・アセットマネジメント
・7位 「ニッセイ日経225インデックスファンド」
     ニッセイアセットマネジメント
・8位 「野村インデックスF・新興国債券・為替ヘッジ型」
     野村アセットマネジメント
・9位 「セゾン資産形成の達人ファンド」 セゾン投信
・10位 「年金積立インデックスファンド海外新興国株式」
     日興アセットマネジメント

(社長のための経済ニュース - 2013年1月14日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする