2013年05月26日

ETFの人気が上昇中

ETFは、保有コストが投信よりも安く、長期投資向きとして人気を保っているとか。
でも、このところ、株式市場が活性化してきたため、短期売買としても人気だそうですね。
投資信託と違って、株式同様に、値動きをみながら対応していくことが可能。
結果として値動きが生まれるので、投信とは違う感覚で売買していくことができるとのこと。

国内ETFで先進国株、新興国株、世界債券、国内不動産投信(J―REIT)、貴金属や原油、穀物といった商品などに投資が可能といいますから、
株価に注目が集まっている今、ますます保有する人が増えそうです。
初心者には、自分の判断自体があてにならないですから難しそうですが、
経験を積んでいる人には魅力が増していくに違いありませんね。

-------------------------------------------------------
国内で売買できる上場投資信託(ETF)の裾野が広がっている。保有コストが安く長期投資向きとされてきたが、株式市場の活況で最近は短期売買の対象としても人気。品ぞろえ拡大とともに、活用法も多様化している。

 4月、国内のETF市場で「日経平均レバレッジ・インデックス連動型」が初めて月間の売買代金トップになった。基準価格の変動が前日の日経平均株価の騰落率の2倍になる商品で、相場上昇時は短期間で大きなリターンが期待できる。

 公募投信でも「ブル型」など似たファンドはあるが、投信が市場の取引終了後に決まる基準価格で売買するのに対し、ETFは株式と同様、上場しているので取引時間中に値動きを見ながら売買できる。売買の値段を指定する指し値注文や信用取引も可能。「値動きのいい株式」という感覚で、短期売買をする個人の資金がどっと流入した。

(日本経済新聞-2013年05月23日)
---------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

500円ではじめる投信セミナー開催

投資信託は時代によってはニーズにあわず、どうもうさんくさいもののようにいわれることもありますが、
今は、株や投信で利益を得ている人がむしろ好意的にとらえられる場合も多く、
多くの人に、新規参入をうながす機会があるようです。

日本ファイナンシャルアカデミーでは、
毎月500円からはじめる投資信託セミナーが開催されるそうですね。

実際に、毎月500円ではじめるかどうかはともかく、
それを想定して、自分が投信を始める場合状況はどうなるのか、
どこの投信会社に、どのような商品を購入して運用していくのがよいと思うか、
シミュレーションして、今後に備えていくといった考え方は必要になってくるように思います。

そのとき、ひとりで勉強しておこなわなくても、いっしょにはじめたり検討できる仲間や、
先達がいれば心強いですね。

投信セミナーはそういった場所として魅力的な時代になってきています。

-------------------------------------------------------

お金の教養が身につくマネースクールの日本ファイナンシャルアカデミー(http://www.f-academy.jp/a/515/)は、「毎月500円から始める!カンタン投資信託活用セミナー」を開催させていただきます。

本セミナーでは、「少額」から始められ、忙しくても「続けられる」投資法をご紹介いたします。
投資が怖い方、お金がない方、時間もない方、必見のセミナーです。

プロフェッショナルである実践投資家ならではのリアルな体験から得た、かけがえのないノウハウを、本セミナーから学んでいただけます。

◇資産運用を始めよう…と思っていたけど中々、一歩が踏み出せなかった方
◇投資に時間を割けない、忙しいビジネスマン
◇毎日の値動きに嫌気が差した方、投資にストレスを感じたくない方(夜ぐっすり眠れます)
◇自分のライフステージに見合ったポートフォリオを組みたい方
◇継続することが苦手な方、そのための仕組みを作りたい方
◇仕組み化が大好きで、不労所得を目指している方

(財経新聞-2013年05月15日)
---------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

楽天ポイントをEdyに交換可!

楽天ポイントは、たまりやすいのはよいのですがそれを利用できるのが楽天だけなので、
いくら店舗がたくさんあるとはいえ、いつも利用する実店舗で使いたい人も多いことでしょう。

でも、仕組みとしてこうなのだから、とあきらめていたところはあります。

それが今度、8月までの期間限定で、楽天ポイントをEdyに交換できるようになったとか。

Edyに変えておけるなら、実店舗で普通に使えて利用範囲もとても広いのでよいですよね。
期間限定も本当のところどうなのか、そうすることで楽天にもきっとメリットがあるのでしょうから、
先々のことはわかりませんが、
直近でポイントを利用したい方はさっそく交換するのが吉だと思われます。

-------------------------------------------------------
楽天Edyは10日、「楽天スーパーポイント」を電子マネー「楽天Edy」に交換できるポイントサービスを開始した。8月9日までの期間限定で実施する。

 「楽天スーパーポイント」は、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループの各サービスで利用できるポイントプログラム。一方「楽天Edy」は、スーパーやコンビニエンスストアなど全国約35万か所の楽天Edy加盟店で利用可能な電子マネーだ。

(RBB Today-2013年05月11日)
---------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする