2014年05月26日

海外投資は本当にハイリスクハイリターン?

「海外投資でしっかり儲ける」という本が発売になったとか。

こういった本はいろいろ出ていますから、
すぐによみたくなってしまうのですが、
中身はというと、

海外投資が本当にハイリスク・ハイリターンかどうかという検証がまずあるようです。
イメージによってそういう判断をしないで、種類をちゃんと把握して検討すればよいらしいですね。

あと、ハイリスクハイリターン同様、
海外投資のほうが儲かるかというのも検証されているのですね。

一点集中で海外の株に投資できればもちろん儲かるのでしょうが、
ダメなときのリスクはとても大きいので、
そのへんをどうやったらよいのか、選び方もあると。

海外との金融の話は、円高差益を意識するものがまっさきに頭に浮かびますが、
もし行う場合はそれ以上の見識をもって臨む必要がありますね。

---------------------------------------------
海外投資はハイリスク・ハイリターン?

 本書で取り上げられている「海外投資」とは、海外のファンドに投資して、そのファンドに運用してもらうというもの。
 だから、ファンド側が扱う商品によってはもちろんハイリスクなものもあればローリスクなものもあります。きちんと銘柄を選ぶことさえできればリスク回避は可能ですし、元本保護型のファンドもあります。
 「海外投資=ハイリスク・ハイリターン」というのは誤解です。

 海外ファンドの最大のメリットは、海外には中長期的にみると右肩上がりに伸びていく商品がたくさんあり、それらに投資することができること。長い目で見て着実に資産を増やしたいならこちらの方がいいのかもしれません。

(Business Journal-2014年5月26日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

プロ向けファンド業者が規制される

金融庁 といったお金に関係する機関は、
どうもこわいところというか、なんか厳しいところというイメージがあるのですが、
それはドラマの観すぎでしょうか・・
実際は、基本的には世の中のお金がうまくまわっていくように、
制度の整備や、法律の検討やそのための実態調査などももちろん行っているわけで、

プロ向けファンド業者がよく理解できないままの高齢者を勧誘していなくなる、
といった悪質なふるまいをしていることが問題になったようで、

勧誘できるのは投資信託経験と、実績と資金があることで規制する流れになってきたようです。

勧誘する方の善意というか常識にまかされていたところが、
それをやめて、きちんと法でとりしまるようにするのは、よいことだと思います。
世の中には信じられない価値観をもって大きなお金を動かそうとする人もいますからね。

---------------------------------------------
機関投資家などから資金を集めて投資を行ういわゆる「プロ向けファンド業者」が、高齢者などを勧誘してトラブルになるケースが増えていることから、金融庁は、勧誘できる個人を1億円以上の金融資産を持つ人などに限って、規制を強化することになりました。

それによりますと、プロ向けファンド業者が勧誘することができる個人について、株式や投資信託など元本割れのおそれのある金融資産を1億円以上持っていることに加え、証券取引用の口座を開いてから1年以上、経過している人などに制限するとしています。

(NHK-2014年5月18日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

ジャパンネット銀行のJ-REITキャンペーン

ジャパンネット銀行では、ちょっと長めの投資信託キャンペーンがはじまりました。

合計10万円以上、国内株式・J-REITファンドを購入した人に、
1000円分のJNBスターをプレゼントとのこと。

JNBスターとは、対象のキャンペーンや提携サービスのご利用・お申し込みで獲得でき、
「1JNBスター=1円」で交換できるサービスで、
ジャパンネット銀行利用者の特典ですね。
9月までやっているのでチャンスがまだまだあります。

ただ、ジャパンネット銀行は確か投信の取り扱い本数が少なかった気がします。

私は、3・4年前に積立投信の購入を始める際に、
ネット銀行やネット証券会社をほほすべてチェックして、
取り扱い投資信託を比べてみたのですが、
その時はジャパンネット銀行の投信は本数が少なかったんですよね。

今は増えているのかな?

---------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行では、2014年5月13日(火曜日)よりJNB投資信託にて、国内株式・J-REITファンドを合計10万円以上ご購入いただいたお客さまに、もれなく1,000円分のJNBスターをプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

【キャンペーン期間】
2014年5月13日(火曜日)14時~2014年9月30日(火曜日)14時のご注文受付分

【キャンペーン内容】
期間中、JNB投資信託口座(特定口座または一般口座)で対象ファンドを合計10万円以上ご購入いただいたお客さまに、もれなく1,000円分のJNBスターをプレゼントいたします。
対象ファンドは、JNB投資信託で取り扱う国内株式ファンド、J-REITファンドのロードファンドです。

(財経新聞-2014年5月13日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

ヘルスケアリーとの指針を決めていく

最近注目の、「ヘルスケアリート」で、投資信託協会が指針をもうけていくのだとか。

これは安心して投資ができ、そこに住んでいることができるよう、
投資対象になったからといって急に施設売却が決まるとか、
そういった不動産特有の心配について、大丈夫といってあげるような材料になるようですね。

世の中には投資対象が ヒト という場合もあるでしょうが、
不動産も、人生と深く結びついた金額だけでははかれないしなものです。

投資対象になっても、そういった性質は理解しておきたいですね。

---------------------------------------------
投資信託協会は有料老人ホームや高齢者住宅に投資する法人「ヘルスケアリート」に対し、中長期的に安定所有するよう求める指針をつくる。「突然利用料を上げるのでは」「急に施設を売却するのでは」といった高齢者の不安を防ぐため、情報開示の徹底を促す。

 投資信託協会は金融庁と共同で指針を
(日本経済新聞-2014年5月11日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

ヘルスケアREITの利点と懸念

分野に特化した不動産投信で、「ヘルスケアREIT」が注目されているようです。
施設の運営者と長期賃貸契約が結ばれるので、利回りが安定している、
また今後の発展が予想される、というか停滞する状況にはならないだろう予測がたつことなど、
投資家にとっては利点ばかりのようにも思えます。

でも、普通の不動産物件よりも、
介護される人たちの存在など、
単に建物契約の性格を超えた契約が交わされるのがふつうですね。
結果として終の棲家になる方もいらっしゃるわけで、
オフィスビルなどとは存在価値自体が違うため、
なにかしら不測の事態が起こっても不思議ではなく、
そうなると投資としてはどうなのか・・という疑問も少し芽生えます。

---------------------------------------------
一般に、「ヘルスケアREIT」は施設の運営者と長期一括での賃貸借契約を結ぶため長期安定利回りが期待できる。

しかし、ヘルスケア施設はオフィスビルや商業施設など従来型の不動産と異なる投資リスクがあり、J-REITにとっては難易度の高い代物である。具体的には、第1に、オペレータの支払う賃料は多かれ少なかれ介護保険の給付を原資とするため、将来の制度改正リスクがあること。

第2に、オペレータが経営破綻するなどして施設利用者へのサービス提供が困難に陥った場合でも、施設の性格上、サービス継続に向けたオーナーシップを全うしなければならないこと。

(ハフィントンポスト-2014年5月3日)
-------------------------------------------------------
タグ:REIT リート
posted by ヒロリン at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする