2014年05月21日

プロ向けファンド業者が規制される

金融庁 といったお金に関係する機関は、
どうもこわいところというか、なんか厳しいところというイメージがあるのですが、
それはドラマの観すぎでしょうか・・
実際は、基本的には世の中のお金がうまくまわっていくように、
制度の整備や、法律の検討やそのための実態調査などももちろん行っているわけで、

プロ向けファンド業者がよく理解できないままの高齢者を勧誘していなくなる、
といった悪質なふるまいをしていることが問題になったようで、

勧誘できるのは投資信託経験と、実績と資金があることで規制する流れになってきたようです。

勧誘する方の善意というか常識にまかされていたところが、
それをやめて、きちんと法でとりしまるようにするのは、よいことだと思います。
世の中には信じられない価値観をもって大きなお金を動かそうとする人もいますからね。

---------------------------------------------
機関投資家などから資金を集めて投資を行ういわゆる「プロ向けファンド業者」が、高齢者などを勧誘してトラブルになるケースが増えていることから、金融庁は、勧誘できる個人を1億円以上の金融資産を持つ人などに限って、規制を強化することになりました。

それによりますと、プロ向けファンド業者が勧誘することができる個人について、株式や投資信託など元本割れのおそれのある金融資産を1億円以上持っていることに加え、証券取引用の口座を開いてから1年以上、経過している人などに制限するとしています。

(NHK-2014年5月18日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。