2014年06月28日

ゆうちょのWEB専用投資信託商品が店頭販売

以前からはじまるという話がありましたが、
ゆうちょ銀行のWEBプレミアの専用商品が、窓口で販売開始になったそうです。

NISA口座をきっかけにはじめて投信をはじめるような人向けの、
安定的な運用を行う商品になっているとか。

ちょうどボーナス支給がはじまったところですし、
窓口ですすめられて興味を持つ人は多いのではないでしょうか。

郵便局にはいろんな細かい用事で訪れることが多いので、
それをきっかけに営業さんに話を聞いて、投信をはじめる、という流れも今後はあるのかも。

でも、個人的には、ゆうちょ銀行をはじめ銀行は、
投資信託の販売手数料が高く設定されているという印象があります。

私は、投資信託の購入は手数料が低いネット証券です。

---------------------------------------------
ゆうちょ銀行はこのたび、会員制のインターネット取引専用サービス「ゆうちょ投信WEBプレミア」専用商品の一部について、店頭および「ゆうちょダイレクト」でも販売を開始したと発表した。

このたびの対象商品は、NISA(少額投資非課税制度)の開始などを機に初めて投資信託を利用する顧客にふさわしい、債券投資を中心とした安定的な運用を行う商品を取り揃えたという。全国のゆうちょ銀行233店舗および1316の投資信託取扱郵便局のほか、「ゆうちょダイレクト」でも購入できる。

(マイナビニュース-2014年6月23日)
-------------------------------------------------------
ラベル:ゆうちょ銀行
posted by ヒロリン at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ボーナスはREITか新興国外貨預金か

ボーナスの投資先として、「本命」といえるいちおしの投資先は見当たらないものの、
おすすめはコレ、と紹介してくれる人が増えてきました。

もう6月も末が近づいていますからね。
ボーナスも実際の支払がはじまっているのでしょう。

最近よく話題になるREITは、その中でもどうやらおすすめといえるようです。
不動産市況が盛り返してきているので、不動産関係の話は景気がいいことが多いです。
購入時に割安ではないけれど、上昇余地がある、というのが魅力ですね。
話題が多いというのことは、状況がよく動いているということ。

しばらくはREITに注目なのかも。
あと、以前こういうときによく注目された新興国の外貨も、
やはり注目を集めているようです。
手数料は気になりますが、差益を狙って外貨預金するのは、
考え方がわかりやすいので悪くない気がします。

---------------------------------------------
まず候補になるのは、配当利回りが比較的高い不動産投資信託(REIT)です。不動産市況の改善を追い風に相場は堅調で、市場全体の値動きを示す東証REIT指数は6月18日まで4営業日連続で年初来高値を更新しています。割安とはいえませんが、日本株に比べ上昇余地があるのは間違いないでしょう。

 新興国通貨など、金利が比較的高い外貨で預金する選択肢もあります。ブラジルや南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどが候補になるでしょう。為替差益を狙うなら、新興国のほかカナダなども魅力的です。

(マイナビニュース-2014年6月11日)
-------------------------------------------------------
ラベル:外貨預金 リート
posted by ヒロリン at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

ソニー銀行の投信ラインナップが強化

ソニー銀行が、投資信託の商品ラインナップを強化するそうです。
今回販売が開始される「海外公社債型」ファンドは、値動きが比較的穏やか。
債券で運用されるので、株式で運用されるファンドよりも安定感があって低リスクとのこと。
もちろん、相対的に低リスク、ということですが・・

投資家からして魅力的なのは、海外公社債型は、日本円預金や日本の公社債型のファンドよりも、
高めな利回りが期待できるところだそうです。

夏のボーナスが近づいてきたので、今回のを投資へ使おうか検討している人は、
せっかくやるなら少しは利益のでやすいものをと考えるはず。
でもリスクの高いものは避けたい、という、これから始める方にちょうどいい商品かも。

---------------------------------------------
ソニー銀行は6日、新たに7ファンドを取り扱い投資信託に加え、販売を開始した。

このたび販売を開始するファンドは、いずれも「海外公社債型」ファンド。「債券」で運用されるファンドは、「株式」で運用されるファンドと比べ、日々の値動きも比較的穏やかな傾向にあり、相対的に低リスクといえるという。また、金利水準が比較的高い海外の債券で運用されている「海外公社債型」は、円預金や国内公社債型のファンドに比べ、相対的に高い利回りが期待できるとしている。

はじめての投資信託に、夏のボーナスの運用に、円預金からのステップアップに、そして今年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)で活用してほしいとしている。

ソニー銀行は、顧客の多様な資産運用ニーズに応えるため、引き続き投資信託の商品ラインアップを強化していくとしている。

(マイナビニュース-2014年6月11日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

金価格の下落とETF資産増加

三菱UFJ信託銀行の、金のETF資金残高が今年初めて増加したそうです。

これの原因は、金相場下落なのだそうですね。
相場の下落は、こういった一面ではよろこばしいこともあるのかも・・

逆張りというやつで、下がった時には買って、
再度上昇したら、その時に売るという投資で儲ける手法の一つで、
この逆張りの機会ととらえた方が買いに入ったのでしょう。

また、日本の国債の下落を心配する人の中で、
手持ちの円資産を守るということで金へ投資するという人も増えているのかも?

でも、生産国では価格が下落すると死活問題になってしまうところもあるのでしょう。
相場下落で買いが増えて、上昇すると儲けるために売るのが相場なので、
それはしかたないのですが。

---------------------------------------------
三菱UFJ信託銀行が販売している金の上場投資信託(ETF)の預かり資産残高が先週、今年に入って初めて増加に転じた。金相場下落を受けて買いが入り、過去最高も更新した。
金ETF国内5銘柄で取引が最大の同行の「金の果実 」の残高が2日、前日比197キログラム増の7043キログラムになったことが、同行のデータで分かった。7トン超えは初めて。2013年12月下旬以降は横ばいか微減が続いていた。東京商品取引所のウェブサイトによると、金先物価格は6月2日に1グラム=4075円と2月5日以来の安値を付けた。

(ブルームバーグ-2014年6月8日)
-------------------------------------------------------
ラベル:ETF 金価格
posted by ヒロリン at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

じぶん銀行の円定期預金・外貨預金キャンペーン

au walletが注目を集めていますが、
KDDIと三菱UFJとの「じぶん銀行」、
開始当初はauの決済用といった気軽なイメージだったのですが、
6月から新規ユーザー向けのデビュー応援プログラムを開始したそうで、
その内容はネット銀行としても目を引く魅力的なものになっています。
特に、円定期預金は金利が0.6%で、高いのがよいですね。

円普通預金から外貨預金へ預け入れた際、
為替手数料相当額をキャッシュバックし「実質無料」。

外貨預金は、手数料が高いと問題にされることもあると思うので、
キャッシュバックになるなら、ポイント高いのではと思います。

じぶん銀行の外貨預金は確か中国人民元など通貨がけっこうそろっているんですよね。

---------------------------------------------
インターネット専業のじぶん銀行は2014年6月1日、新規ユーザーに向けた「デビュー応援プログラム」をリニューアルした。
対象取引に円仕組預金・じぶん銀行FXを追加。また、同日から新規ユーザー向けの3か月もの円定期預金金利を年0.60%(税引後 年0.47%)へ引き上げた。これは主要なインターネット専業銀行の中でも高い水準といえる。
2日からは1か月もの米ドル定期預金実質年率3%キャンペーンもおこなっている。円普通預金から外貨預金へ預け入れた際、為替手数料相当額をキャッシュバックし「実質無料」になる。

(Business Journal-2014年5月26日)
-------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨預金・外貨MMF | 更新情報をチェックする