2016年01月31日

日銀のマイナス金利

日銀が金融政策としてマイナス金利を打ち出しましたね。

これで、銀行は日銀へお金を預けるとマイナス金利分を取られることになるので、
日銀へ預けると損をすることになる、
したがって、貸し出しへ積極的になると、
という図式を日銀は考えているのでしょう。

しかし、貸出先がないから、
銀行は貸し出していないのでは?

内部留保が多い企業もあるとききます。

なぜ、企業は内部留保の残高を高めているのか、
なぜ、企業は、その内部留保を設備投資に使わないのか、
そういうことを日銀だって分かっているはずです。

金利をいくら下げても企業が借りないのなら
今回の日銀のマイナス金利政策も効果を発揮しないのでは?

まあ、株価が上がり、ドル円の為替が円安に動いた、
ということで、安倍政権はほっとしているのかもしれませんが。

なんか、感覚的なものですが、
日銀も政府も金融政策で危ない橋を渡っているという気がしてならないのですよね。
ラベル:マイナス金利
posted by ヒロリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

リボ払いの損を防ぐには繰り上げ返済

リボ払いの怖さは、払っても払っても手数料、
という状態になったときに大きくなります。

リボ払いそのものがダメというわけではないのですが、
一定額の支払いということは支払い回数が増える=支払う手数料が増え、
その数が多ければ多いほど、支払いから逃れにくくなる、

ということを、リボ払いをしている人は十分知って利用する必要がありますね。

上手に使えばダメなわけではないと私自身は思いますが、
いくつもリボ払いが重なり、かつ期間が増えていっている人は大変なことになる前に、
状況をしっかり把握して、
なんとかしてクリアしていくのがおすすめです。

そう、住宅ローンと同じく繰り上げ返済して元を減らさないと、結果が怖いのです。
ここがもっとアナウンスされるべきだと思います。

---------------------------------------------------
既にリボ払いしている人の対策
リボ払いの恐ろしさが分かったとは思いますが、既にリボ払いをしている人はどうすれば良いでしょうか? まずは、支払方法でリボ払いを辞めるようにしましょう。次に残金がどのくらい残っているかを調べます。カード会社に電話するなりWebで確認できるはずです。

次に、一気に返せるお金がある場合は、一気に返済してください。一括返済できない場合は、余裕が有る時に繰り上げ返済していきます。住宅ローンの繰り上げ返済のイメージと同じです。

また、クレジットカードによっては自動的にリボ払いになるリボ専用カードもあります。この場合は、毎月全額返済設定ができますので、必ず全額返済の設定をしながら使うようにしてください。

(livedoor -2016年1月18日)
----------------------------------------------------
ラベル:リボ払い
posted by ヒロリン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ジュニアNISAはいつもの銀行で

ジュニアNISAがスタートして、
各証券会社などでそれへの対応がはじまっていますね。

申込は1月からスタート済。
株式売買が実際にはじまるのは4月からとのこと。

これまでのNISAであれば、最初は違いましたが後の金融機関の変更ができるようになりました。
しかしジュニアNISAは金融機関の変更はできないとのこと、
それだとより慎重に金融機関を定める必要がありますね。

投信の初心者で、ジュニアNISAをきっかけにはじめようとしているなら、
銀行で開設するのも確かによさそうですね。

いつもの銀行で、窓口で対応してもらえると安心かもしれません。
長いつきあいになるので、そういう面でも親しみの持てるところのほうがいいかも。

---------------------------------------------------
2016年からジュニアNISAがスタートした。申し込みは1月からスタートしており、実際の株式売買は4月から可能となる。ジュニアNISAの非課税枠は年間80万円まで、対象となるのは19歳までの未成年者。証券会社や銀行などの各金融機関では、ジュニアNISA口座開設キャンペーンが始まっている。成年向けのNISAと違いジュニアNISAでは、いったん口座を開設したら金融機関の変更はできない。子供の教育費目的でジュニアNISAを始める人も多いだけに、金融機関の選択には慎重さが必要だ。

(ZUU online -2016年1月9日)
----------------------------------------------------
ラベル:ジュニアNISA
posted by ヒロリン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

ジュニアNISA口座開設申し込み受付

ジュニアNISAが2016年からはじまるのですが、
4日から、横浜銀行がジュニアNISA口座開設の申込受付を開始したとか。

かなり前から、ジュニアNISAの利点などが各所で語られていますね。
親や祖父母が、子ども名義で投資信託で財産形成していける、という、
過去にはなかったメリットがあるので、
期待している人も多いのでは。

横浜銀行では、口座開設でQUOカードがもらえるキャンペーンになっているようです。
今後、口座開設を促すキャンペーンは、
各金融機関で行われていくでしょう。
上手に利用できるといいですね。

---------------------------------------------------
横浜銀行は4日、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)口座開設の申込受付を開始し、対象の顧客にQUOカードなどをプレゼントする「NISAはじめようプラン」と「NISAつかってみようプラン」を開始した。

「NISAはじめようプラン」では、ジュニアNISA口座を開設・申請した顧客に「QUOカード1,000円分」と「横浜銀行オリジナルはまペン通帳ケース」をプレゼントする。また、「NISAつかってみようプラン」では、ジュニアNISA口座ではじめて株式投資信託を10万円以上購入した顧客に「図書カード500円分」をプレゼントする。

(マイナビニュース -2016年1月6日)
----------------------------------------------------
ラベル:ジュニアNISA
posted by ヒロリン at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする