2016年02月29日

住宅ローン金利下げで乗り換え?

日銀がマイナス金利政策を導入したことから、
各銀行が住宅ローン金利の引き下げに動いていて、
史上最も低い金利となっています。

そこで、住宅ローンを借りている人の中に、
乗り換えを考えている人も増え、
実際に乗り換えている人も徐々に増えているそうです。

ただ、誰でも乗り換えれば返済額が少なくなるという訳ではないので注意も必要です。

まず、注意したいのが、
乗り換えの手続きの際には手数料が発生し、
その手数料は数十万円になることもあるということ。

そして、その手数料も含めて、
返済額が少なくなるのは、
10年以上の返済期間があり、
1000万円以上の返済額が残っていること。

残りの返済期間が10以下だったり、
返済額が1000万円以下の場合は、
必ずしも総返済額が少なくならない例もあるようなんです。

各銀行のウェブサイトには、
住宅ローンの計算シュミレーションがあるはずですので、
シュミレーションをしてみること、
そして乗り換えの際に発生する手数料のチェックをしてみるといいです。
ラベル:住宅ローン 金利
posted by ヒロリン at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

日銀のマイナス当座預金の金利政策

日銀がマイナス金利を当座預金に適用しはじめたとのことで、
企業の倒産防止にはいいかたちなようですね。

お金を借りやすくして、
うまくいっていない商売をうまく回すための資金にしてもらおう、
という狙いは、本当に当たるのでしょうか。

この政策で、金利がぐっと低下して、
本当に、いいことばかりではなく悪いことも起きているといいます。

しかしわたしなどがそれを感じられないのは、
やはり主観的に、身の回りのひとたちで、
金利が下がったことを直接喜んでいるひとは、
なかなかいない感じがするからだと思います。

かわりに、違う投資商品を買い足される方も多そうです。
これをきっかけに自分の財産をしっかり見直す、いいチャンスととらえたいです。

---------------------------------------------------

マイナス金利が適用されるのは、金融機関が日銀の当座預金に預けるお金のうち一定の水準を超える金額で、日銀は年0.1%のマイナスの金利をつけ、事実上、手数料を課すことにしています。
国内の金融市場では、16日は、金融機関どうしが短期の資金を融通し合うコール市場と呼ばれる市場で、金利が大幅に低下し、年0%で取り引きが成立しました。
この金利は、「きょう貸した資金をあした返してもらう」という、市場では最も短い期間の金利の1つで、0%では、資金を貸した側は取り引きの仲介会社に手数料を支払う分、損をすることになりますが、市場関係者は、日銀に預けて手数料を取られるよりは損を少なくできると考えた取り引きだとみています。

(NHK -2016年2月16日)
----------------------------------------------------
ラベル:マイナス金利
posted by ヒロリン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーン

ジャパンネット銀行では、外貨預金のキャンペーンを行っています。

日本円を「外国の通貨」に換えて預ける預金、「外貨預金」。
「預金」という手軽な名前から、
預金のより有効な利用方法として考える方も多いのでは。

外貨定期預金が定番という感じですが、
最近は普通預金を外貨で預ける「外貨普通預金」もあるそうですね。

円預金と違ってリスクがあるのは当然ですよね。
メリットをとりたければしかたありません。

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーンは、
1000通貨以上の預け入れで10%の特別金利が適用されるとか。
はじめての挑戦にいいのかもしれません。

それと、日本円に不安を持つ方も、一部を外貨で持っておくのもいいのかもしれませんねる

それと、外貨の方が金利も断然良さそうですからね。

---------------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行
1,000通貨以上の預け入れで米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルに10%の特別金利を適用

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、2016年2月1日(月曜日)より、米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルを対象とした「外貨定期預金 金利10%キャンペーン」を実施いたします。

(産経ニュース -2016年2月1日)
----------------------------------------------------
ラベル:外貨預金
posted by ヒロリン at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする