2016年04月30日

おサイフケータイと格安SIM

最近、格安SIMに興味のある人は多いのではないでしょうか。

にわかに情報が増えてきて、
私自身も格安SIMをチェックすることも増えました。
でも端末のほうにその機能が搭載されていないと、
おさいふケータイは使えないようですね。

SIMフリースマホで注目されることの多い、
ASUSなどのアジアの機種は、
基本的におサイフケータイには非対応。
日本のものなら、対応させることが可能なのだとか。

今現在、おサイフケータイを便利に使っている人は、
急になくなると困るので、
アジアメーカーのものがいかに高機能で安くても、
機能重視で日本製の機種を選んだ方が絶対にあとで後悔しなくてすみそうです。

投資信託などのアプリのように個別のアカウントへのアクセスで対応できるものと違って、
機械に大きく依存しているおサイフケータイは、
やはり日本独自のものなのだという気がします。

-------------------------------------------------------
なお、格安SIMとセットでMVNOが販売しているSIMフリースマホは、おサイフケータイ対応モデルが少ないのが現状です。SIMフリースマホのなかでは、ASUSやファーウェイなどのアジアメーカーが注目を集めていますが、これらのメーカーのモデルは基本的におサイフケータイに非対応です。海外メーカーのモデルにはおサイフケータイは搭載されていない、と考えていいでしょう。

 対応モデルが多いのは、国内メーカーの機種です。シャープや富士通といった日本メーカーのSIMフリースマホは、おサイフケータイに対応している場合が多いです。「おサイフケータイは必須!」という人は、国内メーカーのSIMフリースマホを検討することをおすすめします。

(ITmedia-2016年4月30日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

新生銀行の投資信託スマホ用サービス

スマートフォンでさまざまな投資取引ができると、
出先でのチェックとかも容易になって、
投資家にとても有利な感じがします。

現状で、特にPCサイトであっても、
スマホやタブレットでみようと思えば見られるので、
ダメなわけではないと思いますが、
やっぱり、小さすぎて見落とす情報が出てきたリすると、
不利になってしまうのも心配ですね。
それをふまえてか・・
新生銀行では、スマホ用インターネットバンキングでの、
投資信託サービスの取り扱いを開始したそうです。

新生銀行はこういった取り組みは早く、
ネットバンキングのスマホでの取り扱いはもっと昔からやっていたようですが、
今度は投信も対応するとのことで、ますます便利になり、
新生銀行を利用する方には好評なことでしょう。

-------------------------------------------------------
新生銀行は、 2016年4月18日(月)より、 スマートフォン用インターネットバンキング「新生パワーダイレクト」での投資信託サービスの取り扱いを開始した。
新生銀行では、 2014年2月から新生総合口座パワーフレックスのインターネットバンキングにおいて、 スマートフォンでのサービスの取り扱いを開始している。 今般、 このメニューに投資信託の取引を追加するもので、顧客は、 国内籍投資信託の取引などをスマートフォンから24時間利用できる。 また、 スマートフォンでの投資信託の取引の開始を記念したキャンペーンも実施する。
新生銀行では、「スマートフォンによるインターネットでのお取引の利便性の一層の向上を図り、 お客さまに付加価値の高い商品やサービスをご提供してまいります」と述べている。

■スマートフォン用インターネットバンキングで利用できる投資信託サービス

国内籍投資信託 申し込み、 解約
投信積立
再投資停止
各種ご照会メニュー(注文状況照会、 残高照会、 運用損益、 譲渡損益、 取引履歴)

(投資信託の投信資料館-2016年4月18日)
--------------------------------------------------------
ラベル:新生銀行
posted by ヒロリン at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

AKB48が投資信託を買っていく企画

投資信託の親しみをあげる戦略でしょうか、
AKB48の4人が、投資信託にチャレンジするという企画を
雑誌でやっているようです。

AKBの人気メンバーが、
それぞれ毎月1万ずつ、
株や投資信託を買って資産をふやしていく計画だとか。

その中で、もちろんそれぞれが、
自分の投信について学んだり、
まずは投資信託の会社を選ぶ段階からが勉強なので、
よい経験になりそうですね。

そして彼女たちが勉強することを通じて、
読者もいっしょに勉強したり、
自分の経験を見直したりする機会になりますね。

若い人たちにも働きかけられるし、よい企画だと思います。

-------------------------------------------------------
AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!

国民的アイドルグループAKB48のメンバー4人(武藤十夢、小嶋菜月、中西智代梨、中村麻里子)がダイヤモンド・ザイに登場! 毎月1万円ずつ「株」&「投資信託」を買い、資産を増やして投資界のスターを目指す! 第1回の今回は証券会社選び。4人はどこのネット証券を選んだのか?(ダイヤモンド・ザイ4月号から抜粋)

(ダイヤモンド・オンライン-2016年4月14日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

ドル円が一時1ドル107円の円高に

今週、円が急に上がりましたよね。

日銀は金融緩和をずうっとしているし、
マイナス金利まで導入したのに、
円安ではなく円高になるという不思議。

そういえば、今年の年初に、
専門家がドル円の為替相場について、
円安トレンドは終わって円高トレンドになったと言っていたのを思い出します。

自国通貨が強くなるということは良いことなのに、
円高になると輸出企業の円ベースでの業績が落ち、
海外で上げた利益を円に変えて国内に持ち込むと利益が減る、
だから円安に誘導するという、
なんとも一筋縄ではいかない通貨という性質ですね。

もし、円高トレンドに変わったのだとしてら、
再び、ドル円で1ドル80円くらいまで上がっていくということになりそうですね。

-------------------------------------------------------

4/7の海外市場で一時、1ドル107円台まで円高が進行。円は対主要通貨で全面高となった。2014年10月の日銀緩和第2弾での円安効果が剥落した格好だが、背景の一つは、東証発表の3月第5週(3/28-4/1)投資部門別売買動向で海外投資家の売り越しが13週連続と判明した点だ。

それは世界景況感の低迷から海外投資家が資産の縮小に動き、アベトレード <日本株買い≒ヘッジの円売り> を逆回転させた <日本株売り≒ヘッジ解消の円買戻し> 可能性がある。

(ZUU online-2016年4月/8日)
--------------------------------------------------------
ラベル:為替相場 ドル円
posted by ヒロリン at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替証拠金取引(FX) | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

マイナス金利と個人の預金金利

マイナス金利が、個人の預金に影響するのかどうか、
把握していませんでしたが、
それを質問した方にこたえて
「ヨーロッパでは、日銀より大きなマイナス金利でも個人の金利に影響がなかった」旨を書かれているけれども、
それは、ヨーロッパでそうだっただけで、
日本ではわからないじゃないか、といえますね。

金利の優遇とかキャンペーンがあるのをみても、
わたしたちは、銀行が金利を決めているのを知っています。

もし、マイナス金利が銀行にとって不利に働いて、
やっぱり個人の金利をさげようか、
という話にならないとも限らないですね。

そこはやはりそうじゃないといいなと祈りつつ、
マイナス金利の影響を受けにくい金融商品を、
選んでいくのがいいのかなと思います。

--------------------------------------------------------
回答は「ヨーロッパでは日銀よりも大きなマイナス金利にしていますが、個人預金の金利はマイナスにはなっていません。」となっている。

 これは答えになっているようで、実は答えになっていない。先行してマイナス金利政策を導入したスイスやスウェーデン、ユーロ圏などの欧州では、個人預金の利子に対しては適用した例はないとの状況を説明しただけである。

 現在は昔のように規制金利の時代ではなく金利は自由化されている。このため、個人の預貯金金利は銀行などが決めている。日銀が決めているわけではないため、個人の預金金利はマイナスには絶対しません、といった答えは日銀にはできない。

 マイナス金利を特集したNHKの番組では、たしか欧州の一部銀行で、手数料形式で結果として個人向け預金でのマイナス金利の適用事例が報じられていたと思ったが私の見間違いであったろうか。

(BLOGOS-2016年3月31日)
--------------------------------------------------------
ラベル:マイナス金利
posted by ヒロリン at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする