2016年07月30日

日銀の追加金融緩和の影響

日銀の金融緩和、また追加が行われたと、ニュースになっていました。

しかし、株価があがることを期待されたのに、
実際にはそうはつながらなかったのだとか。

マイナス金利がすすめられることがなかったからなのでしょうか、
これは金融緩和の柱といわれているようですが、
それがなされなかったということは、
ほんとうのテコ入れ的な性格のものではなかったといえるのかもしれません。

ETFの買い足しがおこなわれたということですが、
今後の金融の状態への影響はそれほどおおきくないのかもしれないですね。

-------------------------------------------------------
日本銀行は29日、追加の金融緩和策を決めました。景気回復の切り札との期待もありましたが、市場では内容への失望感から円高・株安が進む場面もありました。一体、何が起きたのでしょうか?

 日銀が決めたのは「ETF」を買い増すこと。ETFとは平均株価など指数に連動して動く投資信託で、買い入れ額をこれまでの年間3.3兆円から6兆円にほぼ倍増させます。ただ、金融緩和の大きな柱であるマイナス金利の拡大や国債の買い入れ額の増額などは見送られました。

(TBS News-2016年7月29日)
--------------------------------------------------------
ラベル:日銀 金融緩和
posted by ヒロリン at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

デビットカードを使うメリット

まだ給料をもらいはじめの社会人の方などは、
クレジットカードをつくろうとしてはじめて、
「デビットカード」の存在を知るのかも。

それは何?と思いますよね。

銀行のキャッシュカードにこの機能がプラスされたデビットカード。
VISAマークがついていれば、VISAのお店でどこでも買い物ができます。

クレジットカードとは違って、
銀行のお金を「おろさないで使える」というイメージでいるのがいいのかも。

過去、現金でいつもお買い物してきている人にはわかりにくい感覚ですよね。

そして、クレジットカードでばかり買い物している人にも、
借金じゃなくて、残高がないと買えない、のだとメリットが半減、という人もいそうです。

そういう、クレジットカードを使いこなしている人はともかく、
現金よりも少し使い勝手の恩恵をうけたいような人に、便利なのかなと思います。

-------------------------------------------------------
デビットカードとは、クレジットカードブランドのマークが銀行のキャッシュカードにプラスされたもの。例えば、VISAがついているデビットカードなら、VISA加盟店で買い物をすることができる。

 クレジットカードを作るときは、収入などを聞かれ、返済できるかどうかの審査があるが、デビットカードを作る際に審査はない。なぜなら、クレジットカードはいわば「お金を借りて買い物をして、後日(1ヶ月後など)に返済する」という“借金”のような仕組みだが、デビットカードは「自分の銀行口座にあるお金の範囲内で支払う」仕組みだからだ。

 つまり、口座に入っているお金が0円でも、クレジットカードでは買い物ができてしまうが、デビットカードではできないということ。「身の丈以上にお金を使わない」ことを実現できるのだ。

(ORICON STYLE-2016年7月20日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

沖縄銀行の投信・定期同時申し込みキャンペーン

沖縄銀行、あまりに遠くてイメージはわきませんが、
ちょっと目を引くキャンペーンをやっていることがありますね。

少し前には、スマホから普通口座を開けるようになっていたり。

今回は、投信と定期預金申し込みを同時にすると、
定期預金金利がプラスになるのだとか。

こまめなキャンペーンで、
なんとなく注目したくなる金融機関です。

でも、個人的には銀行で
はあまり投信を買いたいとは思わないんですよね。

銀行で販売する投信は、同じ投信でも、
ネット証券会社より販売手数料が高い場合が多いんですよね。

ですから、投信を買うならネット証券を私はおすすめいたします。

実際、私はネット証券で投信を買っています。


-------------------------------------------------------
 沖縄銀行(玉城義昭頭取)は投資信託と定期預金(3カ月)を同じ日に申し込むと、定期預金の金利が初回満期日まで円貨年3%、外貨年4%となるキャンペーン「ハッピーエールW」を実施している。9月30日まで。個人客が対象で、預金額は投信購入額までとなる。インターネット専用支店・美ら島支店を除く、全営業店と出張所で取り扱っている。

(沖縄タイムス-2016年7月14日)
--------------------------------------------------------
ラベル:キャンペーン
posted by ヒロリン at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

マイナス金利の影響低い金投資

低金利でお得になるのは、どちらかといえば投資よりは、
お金を借りる方かなと思うのですが、
金利が関係ない投資、
それが、金投資なのだとか。

金への投資は、利息というのはないけれど、
その分、金利が低いことのデメリットを受けないので、
比較としてはこういったマイナス金利局面では有利だとのこと。

確かにそうですね。
マイナス金利のときにはそれなりの投資の方法を選べば、
悪影響は最小限で済まされる、
というのは意識すべきところなのかも。

それに、最近は、英国のEU離脱問題などもあり、
金価格が再び上昇しているようですよね。

日本のマイナス金利だけでなく、
世界の経済の不透明さもくわわって金が値上がりしているようですよね。

-------------------------------------------------------
一方で、江守さんが上昇または反発を見込むのが金価格だ。

「金利が付かないことが、金投資のデメリットなのですが、日銀や欧州中央銀行がマイナス金利を導入したことで、金利が付かないデメリットが小さくなっています。世界的に金利が低水準で抑えられ、経済が比較的好調な米国ですら、なかなか利上げをすることができない状況です。政治的イベントなどで、リスクが高まる中、資産の一部で金を買っておいたほうがいい」

 こうしたリスクに備えて、金を買いたい人には、金価格に連動して動く金の果実 純金上場信託(現物国内保管型)(1540)などがオススメ。

(ダイヤモンド・オンライン-2016年7月4日)
--------------------------------------------------------
ラベル:
posted by ヒロリン at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする