2016年12月24日

もはや通貨に近い共通ポイント

共通ポイントは、最初に出てきたときはよく意味がわかりませんでした。

最初に使ったのはPontaだった気がします。
TポイントはまだTSUTAYAのポイントという感じだった気がします。

Pontaは、最初ローソンのポイントで、
それがガソリンを入れることなどによってもたまるようになり、
それから、だんだんたまる範囲が広がりましたが、
それに続いてTポイントや、Rポイントなど、
ためられるポイントが増えていますね。

最近では、dポイントが出てきましたし、
イオンのWAON POINTも他社に開放して共通ポイント化されると目にしたことがあります。

まさに、ポイント戦国時代ともいえる状況です。

ポイントはお金の代わりになる、とはっきりは言えないのですが
(システムが変わって利用できなくなる可能性もないではないですし)、
利用できる範囲が広がったことで、
通貨がわりとしての認知も確かに広がってきたように思います。

最近は銀行取引でTポイントもたまるので、なかなかあなどれないですね。

私は、節約と言うか、お得と言うか、
そのためにけっこうポイントを貯めるようにしている方かも。

-------------------------------------------------------
スーパーやコンビニエンスストアなどで代金の支払いにポイントを使える機会が広がっている。ポイントは買い物をしたときに付与されるのが通常だが、最近は銀行との取引でたまるケースも増えている。預金だけでは利息がほとんど付かないこの時代、共通ポイントを上手に活用すればそれを補えるかもしれない。

 全国各地の店舗で使える汎用性の高いポイントの種類は多彩になっている。さまざまな企業が加盟し、業種をまたがって使えるものは「共通ポイント」とも呼ばれる。一般に買い物をする際にカードを提示すると100円または200円で1ポイント付き、たまったポイントは1ポイント=1円として代金支払いに使える。

(日本経済新聞 -2016年12月21日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

家計にも棚卸と決算を

会社には決算というものがあるので、
おのずと、その時の経理関係をまとめ、出ていった経費と入ってきた収益を組み合わせ、

どのような利益と負債の状況になっているのかを洗い出す機会があります。

でも、一般家庭にはなかなかそういう機会はありませんね。

日頃からちゃんとやっていればよいのでしょうが、
あれを買いたい、これが必要というのがあると、つい家計の真実から目を背けて、
お金を借りてさらに負債を増やしたり、プラスになるメドが立たない運用を続けてしまっていたり、するのです。

なので、家計も、会社の経理のように、
きちんと書類を設けて冷静な目で見直す機会を、たとえば年末などにするのがベストかもですね。


-------------------------------------------------------
年末は家計を大掃除するチャンスだ。普段こまごまと家計簿をつけるのがおっくうでも、年に1回1日だけ家計を整理する時間を取りたい。そこで紹介したいのが、企業の決算で使われる「貸借対照表」や「損益計算書」の概念をつかった家計の整理だ。

貸借対照表はバランスシート(B/S)と呼ばれ、手持ちの資産や負債の状況を表す。損益計算書は年間収支表に該当し、収入の支出のバランスを表す。ムダな支出を抑え、有効な投資方法を探るのに役立つ。

企業同様、家計も現状を正しく把握することが大切だ。特に共働きの場合は財布が一元化されていないため家計全体が見えていないことが多い。「収入は悪くないのになぜか貯蓄がすすまない」「何にどのくらいお金を使っているのか分からない」状態なら、ぜひ試してもらいたい。

(エキサイトニュース -2016年12月23日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

確定拠出年金運用の金融機関

確定拠出年金が、かけられる人の範囲が広がって、
節税効果もあるし、貯蓄がわりと思ってやるのが吉、やらなきゃ損という感じで、
魅力的な説明を多く目にしますね。

ですが、「貯蓄がわり」のつもりとかいっても実際は金融商品なわけで、
有利に働かせようと思って、投資がなされてこそのものです。

なので、購入する金融機関が、
どのような投信などの商品をもって、
確定拠出年金に反映させようとしているのかを、
利用者はちゃんとわかってお金を預けないとだめですね。

「優良な投信を取り扱っている金融機関に口座を開く」のはいちばん早くて確実だと思います。

確定拠出年金については、私も、やろうかと考えてもみました。

もともと、積立投信をしているのは、
年金だけだと足りないので、年金を補完する資金を得るために、
いわば自分年金的にしています。
なので、確定拠出年金を利用してもいいわけです。

ただ、確定拠出年金は、
65歳まで引き出せないというので迷っています。

もし、65歳前にお金が必要になっても、
確定拠出年金は解約してお金に変えることができません。

その点で迷っています。
-------------------------------------------------------
 しかし、投信には長期で指数を大きく上回る優秀な投信もあれば、万年成績が悪い投信もあり玉石混合で、選び方や買い方を間違えると失敗してしまうリスクがあるのも確かだ。販売会社が間違った「利回り」を提示していることもあり、「基準価額が低いほうが割安な投信だ」「投信の分配金は預貯金の利子と同じ」などといった間違った認識を持っている人も多い。

 そもそも、個人型確定拠出年金は、金融機関ごとに取り扱っている投信が違うので、まずは、優良な投信を取り扱っている金融機関に口座を開くことが大切だ。最初の金融機関選びにも、投信についての正しい知識をきちんと身につけておくことが重要になる。

(ダイヤモンド・オンライン -2016年12月12日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

ふるさと納税は納税日を年内に

ふるさと納税、一時期、とてもはげしいおまけ、
というかお礼合戦があったようです。

最近は、当局の指導もあったと聞いていますし、
以前ほどは話題にならないような・・

ただ、来年の税制控除をうけるためには、
12月に納税しないと、対象にならないのですね。

12月が、駆け込みというわけです。
ふるさと納税で節税効果もねらえると。

12月までふるさと納税しないといけないということもあり、
ネットを閲覧していると、
ふるさと納税の広告を見かけることが多くなっている気がしないでもないです。

そういえぱ、楽天市場でもふるさと納税の専用サイトができていましたよね。

ただ、一つ注したい点があって、
クレジットカード決済で納税した場合、
納税手続きを行った日か、実際に入金になった日か、
どちらを受領日にするかがまちまちのようなので、
もし「期間内」を気にするのであれば、
納税日をチェックしておくことが必要ですね。

-------------------------------------------------------
そして季節は12月。各自治体によって異なるものの、今年の申請を完了し来年の税制控除を受けるには、締め切りが迫る時期でもある。

そこで「今年こそは!」という、ふるさと納税ビギナーに向け、押さえておくべきポイントをまとめた。

■締切りと上限金額の確認クレジットカード決済の場合、インターネット上でクレジットカード決済を行った日を受領日とするケースが多いが、自治体によってはカード会社からの入金日を受領日とする場合もある。

まずは選んだ自治体の情報を、しっかり確認することをお勧めしたい。

また各ふるさと納税ポータルサイトで、簡単に確認できるようになっているが、収入や家族構成によって控除を受けられる上限金額が変わる。

もちろん控除を気にせず、寄附をすることは可能だが、上限金を超えた分は「単なる寄附」となるのでおトク目的の人は、金額をしっかりチェックしよう

(エキサイトニュース -2016年12月8日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする