2017年02月18日

ETFの上場廃止とは?

株の上場廃止決定は
即ち自分が持っている銘柄が上場廃止日に紙くずになること。

そのため、価格もその日に向けて
急落していくことが容易に予想できます。
なので、一刻も早く手放して、
できるだけ被害を少なく抑えるよう努力しなくてはいけません。

ところがETFの場合は、
株の上場廃止とは違い、投資信託の「繰上償還」と同じ。

繰上償還とは、運用を停止して、
その分の口数分、金額を返すのだとか。

つまり、運用はできなくなるけれど、
株と違って紙くずになるのではない。

その分、返してもらえるということでいいのでしょうか。

だとすれば、株よりはだいぶ安心な感じですね。

ETFは個別株の売買と違い、銘柄を選ばなくていいのが楽でいいですよね。

投資したい企業の業績を調べなくていいですし、
たとえば、日本株のETFなら日経平均やTOPIXをチェックしていればいいですからね。

--------------------------------------------------------
では、ETFの場合はどうでしょうか。株を経験したことがある人なら、上場廃止と聞いただけでパニックを起こしてしまいそうになりますがどうかご安心を。ETFの上場廃止は投資信託の【繰上償還】と同じ意味を持ちます。
繰上償還とは・・・ファンドの運用資産が少なくなり効率の良い運用が難しくなった場合やファンドの投資目的を達成した場合などに、あらかじめ信託約款に定められた規定に基づき、信託期間の途中で運用を中止し、償還する(受益者(=ファンドの保有者)に受益権の口数に応じて信託財産を返還する)ことです。

そのため、株と違い上場廃止になった後も払い戻しをすることが可能です。

(ETF GateWay-2017年2月15日)
-----------------------------------------------------------
タグ:ETF
posted by ヒロリン at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

貯蓄習慣とリボ払い

「貯蓄をくずしたくないから、クレジットカードを使う」

それが、手数料と利息のことを考えれば、
間違いだということはわかります。

でも、気持ちもわかります。

貯蓄の残高が心配なので、
減らないようについクレジットカードを使う、ということですよね。

しかし、そのときのカードの使い方が「リボ払い」だと最悪の選択です。

1ヶ月先送りにして1回払いだったら、
間違った話ではないと思いますが・・・

リボ払いの手数料の高さはすごいし、
しかも支払い額が毎月増えるようなやりかたをしていると、
支払い期間と手数料がどんどん増えるばかりで、
ぜんぜん減らないです。

そのくらいなら、絶対、貯蓄額をいったん引き下げてでも、
リボ払いの習慣をやめるのがいちばんですね。

それと、クレジットカード会社は、
リボ払いだと手数料と言う収入を得られるので、
後からリボとかのメールを送ってくるんですよね。

それと、リボ払いだとポイントを多く付けるとか。

でも、それは、クレジツトカード会社にとって利益が多くなるからだ、
というこもと分かっておく必要がありますよね。

--------------------------------------------------------
 さらに、予想外に支払いが多くなってやりくりに困ったら、キャッシングなども利用しているのだそう。せっかく貯蓄があるのに、一方で借金を積み重ねていくのは矛盾していないかと問うと、「定期預金だけは崩してはいけないと思っています」と力強くおっしゃいます。

 Kさんの貯蓄残高は450万円ほど。クレジットカードの利用残高は合計80万円ほど。この残高にどんどん利息が付いていきます。貯蓄をするのは立派ですが、片方でこんなにクレジットカードの残高を抱えていては意味がありません。しかし、Kさんはそれに気づいていません。

 クレジットカードのリボルビング払いの利息は15%前後と高い場合がほとんど。そして、いくら利用しても毎月の返済額は一定ですから、利用した金額分だけ利用残高に積み上がり、利息がかかります。

(日本経済新聞-2017年2月8日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ダイヤモンドZaiの投資記事

ダイヤモンドザイという雑誌は、
いつもちょっと扇情的というか、
大きな文字で有利な金融情報をがんがん出してくる、
といったイメージがあります。

そんなイメージだったのですが、
投資信託については、初心者も1万円から気軽にはじめられる、こととか、
1つの株だけでなく、いろいろな株や債券不動産にも投資できる、
といったリスク分散のしくみもちゃんと書いていて、
次の号の紹介記事をみたのですが、
あおる感じなのではなくて、
ちゃんと初心者向けに解説してくれる本なのだという、
ちょっといい印象を持ちました。

雑誌は、入口としてはいいですよね。

--------------------------------------------------------
投資信託にはさまざまな魅力がある。まず、初心者も1万円程度から気軽に投資できる点。さらに、一つの株だけではなく国内外のさまざまな株に、さらには株だけではなく債券や不動産、金などの商品にも投資できる点。結果としてリスクを分散させることも可能だ。

 おまけに、積み立てできる投資信託も多く、少額から中長期で大きく増やすこともできるので、NISAや確定拠出年金にも向いている。一方、毎月、お小遣い感覚で分配金が受け取れる毎月分配型の投資信託も根強い人気がある。

 ダイヤモンド・ザイ3月号では、そんな投資信託をいくつかのジャンル(「インデックス型」「アクティブ型」「毎月分配型」など)にわけ、相撲の番付形式でランキングを紹介している。ザイ・オンラインでもその一部を抜粋して紹介しているので、ぜひチェックしてみてほしい。

(ダイヤモンド・オンライン-2017年1月28日)
-----------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする