2018年05月16日

年金支給時期と資産分配

年金の支給時期が、
このままいくと限りなく遅くなっていくのではないか・・・
最近は、かなりそのようにいわれてきていて、
長生きするならそれなりの蓄えか、
稼ぎ続ける手段を身につけないと困る時代になってきた感じがします。

過去には資産運用というのは、
少しずつ貯めたのを「ためておく」「とっておく」ことが主流で、
それ以外の普通の生活費は得られているのが前提だった気がしますが、
いまは、生活費そのものをどこから得るかが、問題なのです。

だから、前なら嫌われた分配型の投資信託も、
とっておくより使う資産として、
考え直されているのかもしれないです。

退職された方は年金だけでは足りないのでしたら、
分配型投信を上手に利用して生活費を補てんするという考え方もあるのでは。

もちろん、若い世代の方は、
分配型を避けて資産形成をしていく、
という視点での投資をするべきだと思います。

-------------------------------------------------

従来、資産運用では「資産の取り崩し」は批判されがちだった。投資元本からも分配を出す「タコ足」配当として、批判の中心となった毎月分配型投信はその最たるものだ。現役世代の資産形成では元本を取り崩すだけでなく、収益を受け取ることさえ避けるのが原則だ。

 しかし、退職世代は積み上げてきた資産を引き出して生活の糧にする。元本を引き出すことを「タコ足」と呼ぶなら、退職世代はまさしくタコ足で資金を用意することになる。多くの人が預金からタコ足で引き出しているが、それより運用しながら引き出すタコ足の方がまだいい。

(日本経済新聞ー2018月5月11日)
-------------------------------------------------

ラベル:分配型 年金
posted by ヒロリン at 12:02| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

Tポイントは合算して使う

今回は資産形成の話ではなく、
ポイントの合算についてです。

共通ポイントを利用していても、
バラバラのポイントカードとしてもっていると、
なかなか使いでが悪かったりしますね。

そういう場合、共通ポイントのWEBサイトに利用の登録をしておくと、いろいろ便利です。

気づかなかったキャンペーンに気づくときもありますし、
複数のカードにたまったポイントを合算することもできます。

バラバラなままだと使い勝手が悪くなります。

あと、ポイントがせっかく貯まっていても、
気づかないまま消滅してしまうことも、
合算してしまえば防げます。

わたしも、Tポイントは複数を合算して使っているので、
ネットショップにもリアル店舗にもしばられることなく、
便利になりました。

最近は、ポイントでの投信などもできるようになっているので、
単にリアル店舗でのポイント取得だけ考えるのではなく、
WEBでの登録もきっちりやるほうがいいですね。

-------------------------------------------------

まず、それぞれの「Tカード」の情報登録を行おう。情報登録には、Yahoo! JAPAN IDが必要なのだが、複数枚の「Tカード」を所有している場合、各カードごとに別のアカウントを登録しなければならないので注意が必要だ。

(ダイヤモンド・オンライン-2018月5月8日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 23:35| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

投信の残高が110兆円だそうです

個人のマネーが投資信託への流入がつづいていて、
残高が110兆円となったそうです。

つみたてNISAやイデコと、
政府が税金が優遇される制度を設けたことも、
投資信託への資金流入がつづいているなのでは。

つみたてNISAとイデコがはじまったことで、
若年層の人たちもこの制度を使って
投資信託を購入する人が徐々に増えてもいるようです。

日本においては、
個人の資産が貯蓄に大きく傾いていると言われていて、
この資金をどうにか株式市場へシフトしたいというのが
政府の考えだったわけですが、
その貯蓄から投資へが徐々に進んでいるとも言えそうですね。

-------------------------------------------------

投資信託への個人マネーの流入が続いている。2017年度は15年連続での資金流入となり、資産残高は約110兆円と年度末としては過去最高を更新した。世界的な株高も追い風となり、老後の資産形成のために投信の積み立てを始める若年層が増えている。投信が個人金融資産に占める比率は上昇が続いており、「貯蓄から投資」の流れは着実に強まっている。

(日本経済新聞-2018月4月12日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 21:00| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする