2018年07月29日

投信保有の金額を間違い

日銀が、個人の所有する投資信託の金額をまちがえて多めに言っていたことで、
証券会社のヒトは怒っているようですね。

当然だと思います。
つみたてNISAなどが認知されていることのあらわれとして、
個人の投信保有金額が目安になってきたのは確かですから。

ますます注力していこうとしているときに、
実は現実的にはもっと小さな数字でした、ということだと、
どこまでのどの戦略が個人の投資を掘り起こしたのか、
実は効果が出ていないのか、などが、
たいへんあいまいになってしまうのは確かです。

若年層の取り込みなどに
いっしょうけんめいやっている投資信託会社にとっては、
少額を積み立てていくかたちの投信はこれからの有望株たと思うので、
そういうのが実際どうなっているかわかるような、
統計的な数字が出せればよいのかも。

ただ、若い世代で積立投信などでの投資信託購入が増えているのは
事実ではないかと思います。

若い世代は少額での積立です。
ひるがえって今まで投資信託の主要顧客であった年金世代の人たちは
退職金などの多額の資金を一挙に分配型投資信託などへ投じます。

この投資信託を購入する世代の入れ替わり、
というのも保有残高の目減りとなってあらわれているのでは。

--------------------------------------------------------------

日銀は6月下旬、四半期ごとに公表する「資金循環統計」を改定したが、この際、家計の投資信託保有額を実際より30兆円以上多く見積もっていたことが判明した。この結果、従来は上昇基調が続いているとみられた家計の金融資産における投信の割合が2014年末をピークに低下傾向に転じていたことが分かった。

(毎日新聞--2018年7月24日)
--------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 14:25| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

個人投資家と投資との付き合い

個人の投資家が、いろいろ工夫しながら
投資を行う際に参考にするのは、
やはり今だとネットかなと思いますね。

しかも、頼りになる相手じゃないと、
ダメな情報をつかむことになってしまい、
そうなると致命傷になりかねないので注意は必要です。

預けきりになってそのまま、
期限が来るまで放置するほうがいい、
という年金のような投資もありますが、
そうでないなら、値上がり値下がりに一喜一憂したりして、
ついパニックになり売る・買うが発生しないように、
できるだけ冷静でいられるような立ち位置を守っておきたいですよね。

そのためには、株式市場が過熱しているときに無理して投資しない、
といった、経験則を自分で積み重ねるのがいちばんかなと思われます。

--------------------------------------------------------------

株式市場が過熱しているときに無理して投資をしない(タイミングはできれば選びたい)
パニック的な売りがあった時に機動的に動けるように現金を手元に置いておく(流動性を重視)
投資信託による敗戦から、A氏は現在、上記のような工夫をしているそうです。「実りある貯蓄」を実現するためには、必ず成功ばかりというわけにもいかないでしょう。失敗談を参考に、これから資産形成を図るためにも、投資信託初心者の方の参考になれば幸いです。

(投信1--2018年7月15日)
--------------------------------------------------------------
ラベル:投資
posted by ヒロリン at 11:54| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

若い投資家と投資できない人

「20代から30代の投資家」がたくさんいる
というだけでも結構おどろきなのですが、
そのうえ、1000万以上を投資している人が10%もいる、
というのはすごいことのような気がします。

20代から30代といえば、使うお金も多い時期ですし、
収入がどちらかというと少なくて
困っている人のほうがずっと多い印象なのですが、
一部には、投資するために十分な収入を
しっかりあげている人もたくさんいるということですよね。

同じ世代の中でも、
大きな格差があるのだなあという気のする数字です。

AIや自動運転などの高度なプログラミング知識や
エンジニアリング能力を持っている人は
若くてもすごく高い年収で雇用されているとも聞きますし。

バイトに明け暮れる若い世代の話も聞きますし、
均一なのがベストではないにせよ、
格差が大きいのはちょっと困りものかなという感じがします。

--------------------------------------------------------------
20-30代の個人投資家で株式に投資をしている層で見れば、投資金額(時価総額)は100万円未満で43.4%と約半分弱となります。また、300万円未満となると70.3%と約7割を占めることになります。

その一方で、1000~3000万円未満で5.5%、1000万円以上でみれば9.9%と約10%もおり、大きな資金を株式投資に投じている個人投資家も多いことが分かります。20-30代で株式投資を既に行っている投資家の10%が1000万円以上の投資を行っているというのは多くの人にとっては驚きではないでしょうか。

(投信1--2018年7月11日)
--------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:03| Comment(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

積立での投資で株式は

積立投資は、投資信託じゃないといけないのか?という問いをみて、
そういえばそうだなと思いました。

積立というと投資信託、と自然に思っていましたが、
株式を積立で直接買うことはできないのでしょうか。

積立というからには、その単位は、
金額が何千円単位で積立、というかたちになるので、
1口いくら、という買い方ではなくて、
それを何千円買いたい、という形での購入になりますね。

そうすると、1株ずつではなくて、
100株単位でやり取りする決まりになっている株式とはなじまないことになります。

投信のように小さく分けるのが無理な株式では、
積立での購入が難しい、ということがわかりました。

株式を購入するには、
ある程度まとまった金額になるし、
積立購入には向いていない。

だけど、投資信託なら、
1口という単位が少額になるので、
積立とていう投資に向いている
ということになるのですね。

--------------------------------------------------------------
例えば、基準価額が10,000円(1万口当たり)の投資信託の場合、1口の値段は1円となる。そして、投資信託は、指定した金額分だけ口数を購入することが可能だ。このメリットを利用して「ドルコスト平均法」で投資すれば、価格変動リスクをある程度で軽減できる。

一方、個別株式では一般的に取引単位が100株単位となっている。1株500円の株式であっても、5万円単位で取引しなければならない。1株単位で取引可能な場合もあるが、それでも1株500円の株式は、500円単位で取引しなければならない。投資信託のように、口数という小さな単位で個別株式を購入するのは難しいのだ。

(ZUU online-2018年7月4日)
--------------------------------------------------------------
ラベル:積立投資
posted by ヒロリン at 13:14| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする