2018年08月30日

クレジットで投資信託を買う流れ

エポスカードでの投資信託購入が開始したし、
楽天カードでも投資信託を購入できるようになるし、
世の中の流れはクレジットカードで
手軽に投資信託を買えるようになる、
という方向のようですね。

この利点は大きいけれども、
こわいところはないのかなと思っていたのですが、
やはり専門家の方も懸念をお話していたようです。

手軽に買える、ということは、破綻もしやすいです。

カード払いができないときにふとリボ払いにしてしまったりすると、
余計な手数料がかかってくることとか、
リボ払いで投信を買うキャンペーンなどなされてしまったら、
なにも考えずに支払い方法を選ぶ人は、
すぐワナに陥ってしまうのではないでしょうか。

使う人にちゃんとしたお金の知識を啓もうしてくれることが、必要ですね。

----------------------------------------------

投資を始める前に、最低限、お金のことや投資のことについて勉強をしてほしいのです。義務教育で教わっていれば良かったのですが、残念なことに義務教育では、お金のことを教えてくれません。社会に出てからも勉強する機会がない人が大半です。

 今回の試みについても、「ちょっと儲かるからやってみなよ!」「怪しいやつじゃないから大丈夫だよ!」といった口コミで広がってはマズい! と思っています。儲かったからといって無理に投資額を増やしたり、損失を取り返したくて投資額を増やすことで、毎月の引き落としが苦しくなり、キャッシング、カードローン、買い物はリボ払いなどに手を出しては本末転倒です。

(wezzy 2018年8月29日)
--------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 07:21| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

元本保証投資の仕組み

投資信託というと元本保証がないのが普通ですし、
それを納得して買っている人が多いと思うのです。

それが今度アセットマネジメントOneというところが、
元本保証の投資信託ができたのだとか。

よろこばしいことだと思いますし、
魅力を感じる人は多そうですね。

同じ資金を使うなら、
元本が減る可能性があるよりはないほうを選びます。

その仕組みの解説があったのですが、
ちょっとむずかしいかんじがしますね。

増える可能性の高いものを買って、
ついた利息を増えるほうに回して、
元本だけは常に確保しておく、
ということでしょうか。

そういう仕組みだとすれば、
これまでもどうにかして元本保証と謳えたような気もしますが、
そうすると、運用している会社の利益が減るような気もしますね。

--------------------------------------------------------------

元本を確保しつつ、さらに少しリターンを乗せていく運用方法について、簡単に説明します。

たとえば、投資可能な金額が100万円あるとします。毎年3%のクーポンがつく債券を77万円分購入すると、毎年2万3,100円の利子がつきますから、10年間保有すると、満期償還時には元本の77万円と10年分の利子23万1,000円が手に入ります。すると、手元には合計して100万1,000円があるわけです。

ということは、投資金額100万円のうち77万円で毎年3%のクーポンが付く債券を購入し、残りの23万円を先物やオプションを使って運用すれば、10年後の100万円を確保しながら、さらなる上乗せも狙えるのです。

(MONEY PLUS--2018年8月22日)
--------------------------------------------------------------
ラベル:元本保証
posted by ヒロリン at 10:53| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

土日営業と金融機関

銀行などの窓口業務は、
15時までというのが一般的でしたし、
土日に至っては休みなのが常識的です。

でもほんとうは、普通のお店とかと同じで、
土日にやりたいことがある人もたくさんいると思うんですよね。

だからといって無制限に開いていてほしいわけではないですが、
時間を区切って受付とかしてくれたほうが、
ぜったい口座口数をかせぐにはいいと思います。

証券会社はやはり、それを考えている店舗があるようで、
ごく限られた地域ではありますが、
顧客開拓のために人通りが多い駅前の繁華街や地下街に窓口をおいて、
若い人の来客をねらっているところがあるとか。

金融機関のそういう変化は、
顧客増加には大事な気がします。

金融機関は長い間、
護送船団方式というか
大蔵省・財務省によるいろいろな規制で
自由競争が阻まれていましたから、
そういう規制が緩くなりつつある今
土日営業などのサービスをはじめとして
ユーザーにうれしいサービスが増えてくるかもですね。

--------------------------------------------------------------

東海東京証券は、東京都と愛知県で計4店を展開する20~40代の現役世代向けの新型店舗「マニーク」を拠点に、顧客開拓を進めている。この店舗はいずれも、人通りが多い駅前の繁華街や地下街にあり、若い世代のニーズが高いとみた保険や住宅ローン、投資信託を扱っている。平日の夜や土日も営業し、買い物客に声をかけ、店内で開催する少人数のセミナーへの参加を促している。

(日本経済新聞--2018年8月8日)
--------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:54| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする