2018年10月26日

投資信託は企業への応援にもなる

たびたびテレビで、株主の人が
株主優待券を使い倒して生活しているのを見ます。

あれをみると、株主の人はそういうこと、
自分の得になることが目当てで
投資をしているんだなあと実感しますよね。

それだけの資金を預けているのだから、
恩恵があって当然、という感じです。

しかし本来的には、恩恵をうけるのはその企業が成長しているから。

そしてそれは、株主の人がたくさん株を買って、
結果としてその企業を応援したから、
ということになります。

それを考えると、
自分がなにかもらうために投資をするのではなく、
結果としてそうなるように、
どこの企業が応援しがいあるかを、
資金投入する前によく考える必要がありますね。

----------------------------------------------

第1回では、ネット証券であれば、100円でアメリカの企業である、アマゾンやグーグルにも投資できるといったこともご紹介しています。

さらに、投資信託を買うのは、自分にも企業にも“いいこと”です。

私たちが、たとえば株式に投資する投信を購入するというのはどういうことでしょう?

投資したお金は運用会社を通じて、たくさんの会社に投資されます。つまり、私たちは投信を通じて会社の株を買い、そして保有することになります。

会社はそのお金を使って新しい工場をつくったり、機械を買ったりして、新しい製品やサービスを生みだします。長期的にそれらの会社が生み出す財やサービスの価値が向上していけば、それに伴って会社の価値も向上します。

(ダイヤモンド・オンライン 2018年10月21日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 15:50| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

分配型投信のメリットもあると考えられる

以前であれば、
退職時には退職金がまとまって支払われる、
という状況がありましたが、
それは今は昔、
安定してそういう状況にある会社は少なくなっているのではないでしょうか。

「わたしの未来設計」という投資信託では、
安定して分配金が出るような運営を目指していて、
それは、場合によっては元本を切り崩してもいいという思想になっているそうです。

なぜなら、年金が二カ月に一度支払われる世代で、
年金が支払われない月が生活が苦しいという、
そういった状況も考えて、
年金のない月に生活費として手にするのが目的だからだとか。

たとえ元本が切り崩されても、
そうではないときもあるので、
生活費のためなら仕方がない、
というのがその投信を運用しているひとの考え方だとか。

今の高齢者は年金に関しては
豊かなほうなのではと思っているのですが、
今ですら、やはり厳しいのですね。

それを考えると、退職金も補償されていない人の多い、
これから高齢者となっていく人は、どうなるのかちょっと心配です。

----------------------------------------------

三菱UFJ国際投信の「わたしの未来設計」は、1年先までの分配の目標額を示す。突然の減配などで購入者が困ることがないように配慮する。仮に期間中の運用収益が分配の目標額を下回った場合は、元本を取り崩して分配金を払い出す。元本をかたくなに守るのではなく、適度に取り崩しながら運用のリターンも狙う戦略と言える。

 一方、SBIアセットマネジメントの「SBI世界高配当株プレミアムファンド」はコースによっては資産の15%相当を1年分の分配金として毎月支払う。これは久しぶりの「毎月分配」型だが、運用残高は数億円と小さい。

(日本経済新聞 2018年10月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:分配型
posted by ヒロリン at 17:26| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

投信口座にマイナンバー必要

マイナンバーの届け出が投資信託でも必要だとは知りませんでした。

マイナンバー、浸透していないですね・・

わたしも、顔写真つきのマイナンバーカードは発行していません。

たしか、会社で、
他の業者を登録するときにマイナンバーが必要で、
そのためのマイナンバーカードの番号が、
なかなか提出されないので困っているとも言っていました。

投資信託では、
個人の認証的に必要なのかもしれませんが、
それなし、でいくつかの認証を組み合わせてちゃんとやっていたのですから、
それでいいのではないかと思わないでもないです。

国民に望まれていないのに
管理する側が先導してつくる制度としては、
ちょっと中途半端な感じになっていますね。

投資信託について必要だと知らしめるには、
まだまだ情報の流布が足りていないようです。

----------------------------------------------

株や投資信託などの取引に必要となるマイナンバー(社会保障と税の共通番号)の届け出が進んでいない。証券会社への提出期限が2018年末に迫る中、日本証券業協会は「多くの投資家に知られていない」と焦りを隠さない。19年度税制改正要望で優遇措置を求めるなど、制度の認知や理解の拡大を図る構えだが、マイナンバーへの警戒感も根強いだけに効果は未知数だ。

(ニフティニュース 2018年10月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:マイナンバー
posted by ヒロリン at 01:10| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

Dynamicsとソフトバンクが協業

Dynamicsという名前のアメリカの企業と、
日本のソフトバンクが協業して、
あたらしい次世代クレジットカードを展開していくようです。

日本での展開なのですね。
すごい世の中になってきたものです。

このカードは、別なところでチェックしてみた、
IOTなクレジットカードですね。

カードにディスプレイがついていたり、
自体に通信機能があったり、というカード。

これを、ソフトバンクが本腰を入れて日本展開するなら、
まずソフトバンクカードでその受付とかしそうです。

ソフトバンクユーザーだけが使えるIOTなクレジットカードとか、
あたらしもの好きなソフトバンクユーザーが楽しみにしそうな気がします。

スマホのキャリア代の支払いとかで、
まずは展開するのでしょうか。

それにしてもソフトバンクは次世代のサービスや
技術に積極的に投資していますし、
提携などの協業もしているようですよね。

先日もトヨタとの提携だか協業を発表しましたし。

AIとかフィンテックとか、
IOTとか自動運転とか
こういうダイナミズムな展開がされている今、
孫さんが社長に復帰したかったのが
なんとなく分かります。

----------------------------------------------

次世代クレジットカードの世界展開を推し進めるアメリカの大企業Dynamicsと、国内大手起業ソフトバンク、ソフトバンク コマース&サービス株式会社が包括的協業をすることを発表した。

協業により多機能搭載の次世代クレジットカードを日本展開していく試みだ。

カードの平均保持枚数が多い日本では、多機能搭載クレジットカードの潜在的需要が高く、Dynamicsはアジア太平洋地域への事業拡大戦略にて重要な市場としている。

(大人のクレジットカード 2018年10月6日)
--------------------------------------------------

ラベル:ソフトバンク
posted by ヒロリン at 13:47| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする