2019年03月23日

元本確保と元本保証の違い?

元本保証型と元本確保型。

似ている名前ですが、
内容はぜんぜん違うようです。

元本保証は、元本の額面が減らない。
金融機関がたとえばつぶれるとかあっても、
その金額分は戻ってくる、ということで、
これは普通の理解で間違いないようです。

しかしこれを謳える機関には決まりがあるそうですし、投
資信託ではそれはないようですね・・

元本確保型、とは違うのをぴんときていませんでした。

元本確保だと、金融機関が倒産したりしたら、
その場合は元の金額を失う可能性があると。

もっとなにか違いがあるのでしょうが、
使う側としてはそれだけわかっていれば十分な気もします。

元本確保だから財産が減るリスクはない、
と思うのはマチガイ、っていうことですね。

----------------------------------------------

注意点1:「元本保証」ではなく「元本確保」
元本保証は、元本の額面が減らないうえ、もし金融機関に万が一のことがあってもきちんと返ってくることをいいます。しかし、元本保証をうたっていいのは銀行の普通預金や定期預金など、限られたもののみ。しかも、保証される金額は最大で1000万円とその利息までと決まっています。

(MONEY PLUS 2019年3月18日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 13:53| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

積立投信が人間に向いている

積立投信がいろいろな利点があるというのは、よくいわれますが、
その根拠を行動経済学で示しているのは珍しいと思います。

行動経済学で云えばそもそも、
資産運用に人間が向いていないと・・

運用ということは、
増える減るが発生するのが考えられ、
損をしたときの苦痛が3倍。

だから、その苦痛のほうが記憶に刻まれ、
耐えきることがしにくいのだとか。

なので、できるだけ「損をしている」ことを
感じない仕組みの中で、
投資信託を行うのがよいそうです。

ということは一喜一憂するようなギャンブル的投資ではなくて、
積立投信がよいといわれるのもわかる気がしますね。

結果が同様でも、
苦痛が少ないのがポイントということですね。

----------------------------------------------

行動経済学でいうと、人間は資産運用に向いていない。人間は、投資でもうけたときの喜びより、損をしたときの苦痛のほうが3倍大きい(A)。これは、人間の脳の構造の問題だが、喜びより苦痛のほうが、記憶に刻み込まれるからだ。特に、日本人は農耕民族であり蓄えがなくなるリスクを回避する傾向が強いため、世界平均より投資で損をしたときに感じる苦痛が大きいようだ。

(日本経済新聞 2019年3月12日)
--------------------------------------------------

ラベル:積立投信
posted by ヒロリン at 11:25| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

家計としての分散投資

資産運用という面からすれば、
投資信託というひとつの範疇でいろいろな方向に分けている、というだけでなく、
いろいろなところに資産そのものを分散している、
というのが、本当の分散投資、となるという見方。

もっともですね。

家計全体として分散できていなければ、
いくらひとつの金融商品の中で分散ができていても、
家計全体の危うさはぬぐえません。

なにかひとつが破たんすれば、ダメになる、
というのではなくて、あちらの資金が危うければこちらから補填する、
ということができるように、
家計はトータルで考えておくのが重要ということです。

つまり、金融商品だけで分散するのではなく、
土地、金、などの現物へ投資するとか、
あるいは別の物もあればそれに投資する、
それが真の分散投資だということなのですね。

ただ、これをするには、
ある程度、というか、かなりの資金を持っている
ということが必要ですよね。

----------------------------------------------

家計全体が“分散投資“されていることが重要
家計において個人向け国債を保有している、あるいは、相続や持株会を通じて株式を少なからず保有している場合において、バランス型投資信託を保有していても分散投資しているといえるでしょうか。

つみたてNISAやiDeCoにおいて、バランス型投資信託を利用することは、投資初心者にとって適切であるという考えに異論はありません。ただ、バランス型投資信託で分散投資を行っていても、資産運用は万全ではないことを認識していただければ幸甚です。

(Yahoo!ニュース 2019年3月4日)
--------------------------------------------------

ラベル:分散投資
posted by ヒロリン at 18:07| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

イオンETCカードの作り方についてのサイト

もうすぐ、年末年始、
帰省や旅行でお出掛けの方も多いですよね。

クルマでお出掛けの方は、
長距離だと高速道路を走ると思うのですが、
料金を少しでも節約したいのでしたら、
やはりETCを利用することです。

今回、ご紹介のサイト様は、
イオンカードでETCカードを作る場合の、
申し込み方法や申し込みの手順について詳しくガイドされています。

申し込みの際の提出書類や書類の出し方も紹介されています。

また。イオンカードの割引やポイントについてお得な点も。

こちらのサイトです→ 『イオンETCカードの作り方と申し込み流れ』

ちなみに、私、イオンカードを持っています。
WAONが付いているイオンカードです。

イオンカードはオリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門総合2位にランクされている
とても人気のクレジットカードですが、
私も日々、イオンでの買い物に使っていて、
割引やポイントが多くもらえる日があって
けっこうお得度が高いカードだなと感じていますので、
イオンカードでETCカードを作るのはおすすめです。

もし、コスモ石油のガソリンスタンドでガソリンを入れているという人は
イオンカードとコスモ石油が提携発行している
『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』でETCカードを作ってもいいと思います。

コスモ石油での給油が会員価格になるからです。

それに『イオン・コスモ・ザ・カード・オーパス』も
他のイオンカード同様に、
イオンやマックスバリュ、ダイエーなどでの5%割引きや
ポイント付与優遇があります。
posted by ヒロリン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融相互リンク1 | 更新情報をチェックする