2019年07月26日

高齢者の不十分理解の投資契約

ゆうちょなどでの、
高齢者などへの理解不十分なままでの
勧誘や契約が問題になっているようです。

高齢者でなくても、
生命保険や投資信託について
理解不十分な人はけっこう多いように思います。

外貨立ての生命保険が、
積立貯金代わりになってしかも増える、といった感じで、
窓口やソファで勧誘を受ける場合が多いようなのですが、
こういった説明を受けるには、
ある程度の予備知識が必要であり、
その予備知識から当担当者がしたのでは、
自分にとって利益のある説明を前面に押し出してくるはず。

なので、なにかに加入する際は、
そのことにちゃんと詳しいひとが同席して、
いっしょに話を聞いて判断ができるのがいちばんいいように思いますね。

親族ならそれがベストですが、
親族が頼りにならない場合も多そうなので、
そういうときは、頼りになる誰かがいるのは理想です。

長年おつきあいのある誰か他人が・・というのは、
探しても難しい場合は多いですが、
できればそういう方がいい気がします。

---------------------------------------

消費生活コンサルタントの松尾保美氏は「銀行で長時間の説明を受けると断りづらくなり、十分に理解しないまま契約しがちになる」と指摘する。「相続対策の無料相談会」にひかれて銀行を訪ねたら、一定の死亡保険金が非課税になると外貨建て保険を勧められたという事例も多い。提案を受けたら、家族間で話し合うべきだと呼びかける。

(日本経済新聞ー2019/7/19)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:31| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

30万の資金で個人向け国債

老後の年金について
不安があおられることが多いですが、
その解決策として投資にかじを切るのはどうかとも思います。

以前、ホリエモンさんがいってたのが
なるほどと思ったことがありました。

30万の資金でどんな投資をすればいいでしょうか。
と聞かれたときに、30万ならまだ貯めときなさいと。

あれは、今はまた状況が変わったので、
違うことをおっしゃるのでしょうか。

しかし、単体の何かの資産運用に使うには、
30万はやはり小さいように思います。

少額からはじめられるから、
有意義なものとは限らないようにも思うのです。

小さなリスクが少しずつただ積もって、
ただでさえ小さな資金を、
むしばむような感じにはならないのかと・・

しかし、どうも30万であれば、
個人向け国債を買う、というのはあるようですね。

いちおう、元本割れがないという点では悪くないかもしれません。

ただ、その分やはり戻ってくることを考えると小さいので、
やはりハイリスクハイリターン、ということばがあるくらいですから、
リターンが気になる場合は、リスクもとらないといけないのでしょう。

---------------------------------------

1.個人向け国債
まず、元本保証型商品として「個人向け国債」が挙げられる。国が発行する、個人でも購入可能な国債のことだ。個人向け国債は元本割れがなく、1万円から購入できるため、投資初心者でも安心して運用ができるだろう。金利に関しては、年率0.05%の最低保証も付帯している。なお、個人向け国債は元本保証型商品だから、投資タイミングは気にせずに、一度に30万円分購入して、少しでも多くの金利を得るのが理想的ということになる。

(ZUU onlineー2019/7/12)
----------------------------------------
ラベル:国債 ローリスク
posted by ヒロリン at 18:08| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

老後2000万の衝撃で資産を

2000万を確保しないと老後は・・
という話が話題になっていましたね。

65歳から年金給付を受け取るまで
働き続けることを想定しなくては、
というひとつの騒ぎになっています。

でも前から思っていたのですが、
もともと大した額を受け取る予定にない人ほど、
年金はともかく、結局働く必要があるという自覚がありますよね。

そのために、働く準備をしている人も多いと思います。

もちろん、若い時には出来た働き方が、
歳をとってくるとできない、という事実はあって、
そのときになってみないと、
本当に働けるかどうかがわからないです。

コツコツためたお金を
株式投資に回す(つまりそれは余剰資金)だけの人が、
老後2000万と聞いてあわてるでしょうか。

本当にあわてるのは、
そんなことが思いもよらない層のひとたちなのに、
という気がしてきます。

---------------------------------------

老後の生活費が年金だけでは足りず、自己資金2,000万円を確保しなければいけない事実が巷を騒がせています。65歳より年金給付を受けとるまで、働き続けることを想定しましょう。そのときまでに2,000万円を貯めなければいけません。

銀行預金でコツコツと2,000万円を貯蓄することも可能でしょう。しかし、利回りがほとんどゼロに近いため、資産形成の手法として効率的ではありません。そこで、効率的な資産形成の方法として、株式投資を考えます。長期的には上場企業の株価は上昇します。

(幻冬舎ゴールドオンラインー2019/7/3)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:47| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする