2019年07月17日

30万の資金で個人向け国債

老後の年金について
不安があおられることが多いですが、
その解決策として投資にかじを切るのはどうかとも思います。

以前、ホリエモンさんがいってたのが
なるほどと思ったことがありました。

30万の資金でどんな投資をすればいいでしょうか。
と聞かれたときに、30万ならまだ貯めときなさいと。

あれは、今はまた状況が変わったので、
違うことをおっしゃるのでしょうか。

しかし、単体の何かの資産運用に使うには、
30万はやはり小さいように思います。

少額からはじめられるから、
有意義なものとは限らないようにも思うのです。

小さなリスクが少しずつただ積もって、
ただでさえ小さな資金を、
むしばむような感じにはならないのかと・・

しかし、どうも30万であれば、
個人向け国債を買う、というのはあるようですね。

いちおう、元本割れがないという点では悪くないかもしれません。

ただ、その分やはり戻ってくることを考えると小さいので、
やはりハイリスクハイリターン、ということばがあるくらいですから、
リターンが気になる場合は、リスクもとらないといけないのでしょう。

---------------------------------------

1.個人向け国債
まず、元本保証型商品として「個人向け国債」が挙げられる。国が発行する、個人でも購入可能な国債のことだ。個人向け国債は元本割れがなく、1万円から購入できるため、投資初心者でも安心して運用ができるだろう。金利に関しては、年率0.05%の最低保証も付帯している。なお、個人向け国債は元本保証型商品だから、投資タイミングは気にせずに、一度に30万円分購入して、少しでも多くの金利を得るのが理想的ということになる。

(ZUU onlineー2019/7/12)
----------------------------------------
ラベル:国債 ローリスク
posted by ヒロリン at 18:08| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする