2019年09月07日

積立NISAの試算はしてみるべき

つみたてNISAで積み立てると、
得られた利益が非課税になるため、
長いこと積み立てると差がつく、
という話は聞いていました。

でもどのくらいの差になるかは、
あんまりみたことなかったですね。

月々3万とか積み立てられるとよいのですが、
わたしの場合は5000円くらいが上限かなと思います。

そうなると、どうなのか。

試算をみると、
毎月の積立額が5000円の場合で、
年率を5%、3%で計算すると・・・

累計で1,200,000として、
運用益が、3%でも438303円というのは大きいですね、意外と。

そして、非課税になる金額は9万近いため、
最終的に残るお金にも意外と差がつくようです。

最終的には40数万増える計算に。

積立NISAを考えている人は、
積み立てられる残り年数をちゃんとアタマに入れて、
貯金よりリスクは避けられない投資信託が
どのように自分にとってよいか、
ちゃんと見てみてから、はじめないと、
カンタンにやめたとは言えないものですから、
慎重な判断が必要だと思います。

---------------------------------------

パターン5:毎月の積立額……5,000円、想定する年率……5%>
・累計積立額……1,200,000円
・運用益(増えた金額)……837,289円
・非課税になる金額……170,095円
・最終金額(累計積立額+運用益)……2,037,289円

<パターン6:毎月の積立額……5,000円、想定する年率……3%>
・累計積立額……1,200,000円
・運用益(増えた金額)……438,303円
・非課税になる金額……89,041円
・最終金額(累計積立額+運用益)……1,638,303円

(マイナビニュースー2019/9/5)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 08:53| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする