2019年10月11日

投信セットで金利高定期

投資信託がセットになっている定期預金があって、
それを勧められることは数年前から多くなっていたようです。

定期預金の金利は、
あがっていく見込みはなさそうです。

素人目にですが、
安倍政権で景気をよくするよくするといっても、
消費者に関連のあるこの辺りに特別変化はありません。

消費者が感じられるメリットは、
結局かかるお金が減るという一点。

好きなものが買えるように給料がよくなることが一点。

それ以外の、なんとか指標がどうなった、
みたいな学問のような話は実際はどうでもよくて、
自分の身の廻りに経済的な変化が起きなければ、
なにも感じられません。

そんな中で投資が勧められて、
金利が有利ですよとセットの定期預金のパンフレット等みれば、
それならいいかなと思うのが人情です。

実際にはやはり、少ない金額には小さなリターンがあればいいほう。
むしろ、減らなかったことを喜ばなくてはならないのも、投資です。

しかし投資セット定期は、満期が来るので、
来た時にそのお金をどうしようかは考えておかなくてはなりません。

それを、また金利の安い安全な場所に保管しておけるかは、
そのひとの心理状態によるでしょうね。

---------------------------------------

専業主婦のA子さん(60)は、銀行の窓口で薦められた「投資信託セット定期」という定期預金(1年間)と投資信託がセットになった商品を数カ月前に買いました。しかし、しばらくして投資信託が元本割れしていることがわかり、私のところへ相談に来ました。

 投資信託セット定期は、例えば定期預金と投資信託を同時に合計100万円など一定額以上申し込んだ場合に、定期預金の金利が優遇されます。A子さんは「通常、年0.01%の1年定期預金の金利が当初3カ月は特別金利年3%になる」と言われ、他の銀行に預けていた200万円を下ろし、100万円ずつ預け入れました。

(毎日新聞-ー2019/10/9)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:41| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする