2013年03月30日

SBIアセットが新インデックスファンド

SBIアセットが新たなインデックスファンドを立ち上げたそうです。

今回新たに設定されるのは5本のインデックスファンドで
各々、先進国株式、新興国株式、グローバル中小型株式、先進国債券、グローバルREIT(不動産投資信託)へ投資するファンドです。

これらのファンドの最大の魅力は信託報酬が低いこと。

信託報酬が低いということは、
運用者に支払う手数料が安く済むということで、
それだけ投資者にとっては運用資金から引かれるコストが安く済むということ。

長期にわたる資産形成においては、
信託報酬が低いなど手数料コストが低いことは
10年20年単位でみるとかなりの差になります。

低コストのインデツクス投信をお探しの方は、
このSBIアセットの新インデックスファンドを検討してみては。

---------------------------------------------------------

SBIアセットマネジメントは22日、独自のインデックスファンドシリーズ「EXE-i(エグゼアイ)」の特設サイトをオープンした。ETF(上場投資信託)を組み合わせることでカテゴリー平均を大きく下回る低コストを実現しており、長期投資に役立つ商品ラインナップとなっている。4月8日からSBI証券で申し込みを受け付け、5月13日から運用を開始する予定。

 今回設定するのは先進国株式、新興国株式、グローバル中小型株式、先進国債券、グローバルREIT(不動産投資信託)をそれぞれ投資対象とする5つのファンド。最大の特徴はコストの低さで、例えば「EXE-i先進国株式ファンド」の信託報酬は年0.3515%とカテゴリー平均0.8376%の半分以下。先進国株式で他社が販売する既存のインデックスファンドシリーズ中、最も低い信託報酬は0.525%だが、EXE-iはこれも下回る。

(モーニングスター 2013年3月25日)
----------------------------------------------------------------


posted by ヒロリン at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。