2013年07月25日

テーマ特化型投信への考え方

テーマを決めた投信が、最近話題になることがありますね。
有望な分野の投信を集めてあるので、有望かどうかの判断がしやすいですし、
それほど金融に詳しくなくても、なんとなくわかりやすい感じがします。

米国株式に投資するものが多いとのことですが、その中でも、新規設定の投信がどんどん出ているそうです。

特に、米国でおきているシェールガス革命に注目した投資信託が多いのですが、
シェールガス関連の今後の成長は実は未知数なのだそうです。

シェールガスやシェールオイルの存在は米国以外でも確認され、
今後、それらの国々で採掘がはじまるとガスやオイルの値下がりもおきてくるでしょうし、
採掘による環境問題も出てきているという話も聞きますしね。

いずれにしろ、夏のボーナス時期で、どう投資するか、もしくは今は資金としてとっておくか、
NISA口座の話もまだ流動的というか、判断がまだまだ必要です。

良さそうだけれどすぐ飛びつくのはよくない、というものが多くて、悩みどころです。

-------------------------------------------------------
シェールガスなど今後有望そうなテーマに絞った、「テーマ特化型株式投資信託」が人気だ。ただし、景気のいい話に乗せられてすぐに飛びつくのは得策ではない。過去に設定されたテーマ型投信で高い実績を上げているものは、実は数少ない。

シェールガス関連株投信はいずれも設定間もないこともあり、実力は未知数です。ただし、直近では組み入れ比率の高いエネルギー関連銘柄が低迷しているため、今のところ他の外国株投信と比べて特に成績がいいわけではないですね。

(日本経済新聞-2013年07月21日)
---------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック