2014年10月23日

日本株は手持ちを売られ買う人は減少

日経平均株価が10月は1600円余り下がっているそうで、
かわらず株価は下落方向にあります。

少し前になりますが、
海外の投資家が株を売った額は、買った額を上回っているとか。
海外の投資家は、これ以上下落してリスクが大きくなるのを避けている、
ということですよね。

持っている人は売っていく・・けれど、
安いので買いたい人がついてくるようになれば、
ほんとはいいのでしょう。

買う人が増えるためには、
今後は回復していくという安心材料が出てこないといけないのでしょうが、
大臣が続けて2人もやめるし、消費税の値上げがどうなるのかまだわからないし、
日本経済への安心材料は素人目にみても少なすぎます。

-------------------------------------------------------
今月に入って日経平均株価が1600円余り下がるなど、株価の下落基調が続く日本の株式市場で先週、海外の投資家が株を売った額は、買った額を3370億円上回り、2週連続で「売り越し」となったことが分かりました。

世界経済の先行きに対する慎重な見方が広がるなか、日経平均株価は17日、1万4500円台まで下がり、およそ5か月ぶりの安値となるなど、このところ日本の市場は株価の下落基調が鮮明になっています。
東京証券取引所によりますと、東証と名古屋証券取引所で先週、海外の投資家が株を売った額は、買った額を3370億円上回って2週連続の「売り越し」となり、前の週の1947億円から拡大しました。
日経平均株価は、今月に入ってから1600円余り、率にしておよそ10%下落しており、海外の投資家がリスク回避の姿勢を強めていることが株価下落の要因の1つと見られています。

(NHK-2014年10月17日)
------------------------------------------------------
ラベル:日経平均
posted by ヒロリン at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック