2015年05月31日

夏のボーナスに向けての投信戦略

そろそろ夏のボーナスの話が出てきているんですね。
千葉県内の金融機関ではキャンペーンが。

平均手取り予想では前年度より増える見込みとのことで、
金融機関もいろいろとねらってきているんでしょうね。

投信の購入者には旅行プレゼント企画もあるのだとか。

こういったキャンペーンはふつう、大口の顧客に行われるようなのですが、
今年は裾野の拡大をねらってか、小口5千円の顧客まで対象になるそうで、
やっぱり、夏のボーナス時期は顧客拡大を狙うよい時期なのでしょう。

こちら側もそういうのをうまく利用して、
金利の何パーセント引きとか、
メリットの長期間続くものを選んでいくのがよさそうです。

夏のボーナスに向けて今年も、
金融機関は金融商品販売のためにいろいろとキャンペーンを行うでしょうから、
金融商品の購入を考えている方は、
各金融機関のキャンペーン情報をチェックしておくといいです。

-----------------------------------------------------------------
夏のボーナス支給に合わせ、千葉県内金融機関は来月から一斉にキャンペーンを始める。千葉経済センターの調査では、今夏の平均手取り予想額は政府の賃上げ要請の効果などで前年実績と比べ1万円増える見通し。各金融機関は全国地銀との連携企画やキャンペーン内容のリニューアルなど独自の取り組みで、新たな顧客獲得を狙う。

 千葉銀行は、福島・新潟・岡山・愛媛各県の地銀と連携した旅行企画を初めて実施。投資信託などの購入者を対象に抽選で各県いずれかへのペア旅行券を贈呈する。併せて外貨積立預金を新規で申し込むと先着で現金千円がもらえるキャンペーンも開始。同時期に複数のキャンペーンを展開することで「相乗効果」(同行)を期待する。

(千葉日報-2015年5月31日)
------------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック