2015年07月31日

株式はまず運用シミュレーションゲームから

はじめて株をやってみるとき、こわいのは当たりまえですね。
なので、シミュレーションを試してみる方は多いのでは。

中には、サービスで会員向けに「株式運用ゲーム」を提供している会社もあるそうです。
参加者に仮想資金1億円を用意して、それを6ヶ月。

ちょっと試用してみるというよりも、じっくり仮に運用してみる、
という色合いに近い期間設定ですね。
これなら、自分なりに株式運用を理解しながら、
本番に備えることもできそうです。

株の運用ではないですが、
私は。以前、FXをはじめようとしたときに、
実際に始める前に、数か月間はシミュレーションでトレードをしていました。

それで、シミュレーションでは利益を出せたので、
いざ本番となったわけですが、
本番はシミュレーションと違ってなかなか利益を出せず、
結局は2月ほど取引をして10万円ほどの損をしたままやめましたが。

-----------------------------------------------------------------
「自分の投資手法が利益を出せるのか検証するために使われている」。サイト「株マップ.COM」内で登録会員向けに「株式運用ゲーム」を提供するクォンツ・リサーチ(東京・港)の西村公佑社長は話す。株式運用ゲームは仮想資産を実際の株価の動きで運用し、実績を競う。参加者の仮想資産は1億円。運用期間は6カ月だ。
 ゲーム内で株式を検索し、株数と価格を指定して売買注文を出す。株式は実際に東京証券取引所などに上場する銘柄と同じ。日々の資産残高や損益が実際の株価に合わせて表示される。

(日本経済新聞-2015年7月25日)
------------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423343082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック