2015年08月28日

分散投資と国債

中国経済が停滞してきていて、
日本の経済状況も、どうもこれ以上の浮上が難しげな展望となってきている・・
そんな現在も、個人向け国債は、
変わらず魅力的な存在のようです。

少額から投資できる、
特に満期に関わらず1万円から投資できるタイプは、
複数の資産に分散投資したい人にぴったりだとか。

金利が高いととたんにリスクが大きい感じになりますが、
固定金利と変動金利から選べるし、
経済的に不安があるほど、商品の魅力が増すのがこの種のものなのかも。

-----------------------------------------------------------------
また、国債は少額から投資できる点が魅力である。個人向け国債は、満期期間にかかわらず1万円から投資できる。そのため、少額ずつ複数の資産に分散投資をしたい場合にも役立つ。また、毎月発行されていることから、時間的にも分散して投資することが可能だ。

 また、個人向け国債は、発行後1年以上経過すれば、直前2回分の利子を差し引いたうえで、中途換金することができる。利子の支払いは半年ごとに行われることから、発行後ちょうど1年で中途換金する場合もでも元本割れしない仕組みだ。

(ZUU online-2015年8月4日)
------------------------------------------------------------------
ラベル:国債
posted by ヒロリン at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック