2016年02月29日

住宅ローン金利下げで乗り換え?

日銀がマイナス金利政策を導入したことから、
各銀行が住宅ローン金利の引き下げに動いていて、
史上最も低い金利となっています。

そこで、住宅ローンを借りている人の中に、
乗り換えを考えている人も増え、
実際に乗り換えている人も徐々に増えているそうです。

ただ、誰でも乗り換えれば返済額が少なくなるという訳ではないので注意も必要です。

まず、注意したいのが、
乗り換えの手続きの際には手数料が発生し、
その手数料は数十万円になることもあるということ。

そして、その手数料も含めて、
返済額が少なくなるのは、
10年以上の返済期間があり、
1000万円以上の返済額が残っていること。

残りの返済期間が10以下だったり、
返済額が1000万円以下の場合は、
必ずしも総返済額が少なくならない例もあるようなんです。

各銀行のウェブサイトには、
住宅ローンの計算シュミレーションがあるはずですので、
シュミレーションをしてみること、
そして乗り換えの際に発生する手数料のチェックをしてみるといいです。
ラベル:住宅ローン 金利
posted by ヒロリン at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック