2016年12月24日

もはや通貨に近い共通ポイント

共通ポイントは、最初に出てきたときはよく意味がわかりませんでした。

最初に使ったのはPontaだった気がします。
TポイントはまだTSUTAYAのポイントという感じだった気がします。

Pontaは、最初ローソンのポイントで、
それがガソリンを入れることなどによってもたまるようになり、
それから、だんだんたまる範囲が広がりましたが、
それに続いてTポイントや、Rポイントなど、
ためられるポイントが増えていますね。

最近では、dポイントが出てきましたし、
イオンのWAON POINTも他社に開放して共通ポイント化されると目にしたことがあります。

まさに、ポイント戦国時代ともいえる状況です。

ポイントはお金の代わりになる、とはっきりは言えないのですが
(システムが変わって利用できなくなる可能性もないではないですし)、
利用できる範囲が広がったことで、
通貨がわりとしての認知も確かに広がってきたように思います。

最近は銀行取引でTポイントもたまるので、なかなかあなどれないですね。

私は、節約と言うか、お得と言うか、
そのためにけっこうポイントを貯めるようにしている方かも。

-------------------------------------------------------
スーパーやコンビニエンスストアなどで代金の支払いにポイントを使える機会が広がっている。ポイントは買い物をしたときに付与されるのが通常だが、最近は銀行との取引でたまるケースも増えている。預金だけでは利息がほとんど付かないこの時代、共通ポイントを上手に活用すればそれを補えるかもしれない。

 全国各地の店舗で使える汎用性の高いポイントの種類は多彩になっている。さまざまな企業が加盟し、業種をまたがって使えるものは「共通ポイント」とも呼ばれる。一般に買い物をする際にカードを提示すると100円または200円で1ポイント付き、たまったポイントは1ポイント=1円として代金支払いに使える。

(日本経済新聞 -2016年12月21日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445209592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック