2017年10月13日

テーマ型投信は時期を見て

話題になっているテーマに沿った投資商品を集めたものを、
テーマ型ファンド、と呼ぶのだそうです。

そういえば、エコ関連や、AIなど、
そのときどきで話題になっているテーマの商品をみかけたことがありますね。

あとは、7・8年前かと思いますが、
資源関連とか農業関連とかありましたよね。

株式は、話題になればそのとき多く買われ、
保有されるのですが、
それに投資する投資信託となると、
話題になった分野がすたれてきたときに困るのは想像できます。

なので、テーマ型ファンドは、
話題になったときに買って、
時期を見て手放せる商品にしておくのがいいとのこと。

そして、そのテーマが本格的に動き出したら、
関連する個別の企業の株式を買うというのが良いらしいです。

-------------------------------------------------------
テーマとは、たとえば「IoT」「自動運転」「AI」「フィンテック」などが挙げられる。こうしたテーマが株式市場で騒がれていても、個別銘柄となると何を買えば良いのか、今一つはっきりしないときもある。そうした際に、この手の投資信託を少し買っておいて様子見をし、テーマが本格的に株式市場で話題になり、関連する個別銘柄が動き始めたらそちらにシフトしていく、というような使い方が考えられる。

(会社四季報オンライン - 2017年10月20日)
-------------------------------------------------
ラベル:テーマ型
posted by ヒロリン at 11:36| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください