2017年10月19日

積立NISAにかかる費用

つみたてNISAの話題が提供されてきています。

”年40万円までの投資枠で20年間運用益が非課税になる仕組み”ということで、
魅力を感じているひとも多いと思われます。

投資信託と貯蓄がいちばん違うのは、
手数料や監査費用、保管費用など、
コストがかかってくるところ。

貯金と同じ感覚で積立投資をしようと思っている人もいると思いますが、
そういう人は、このへんのコストを、まだあんまり考えられていないかも。

積立たものを途中で使える状態に解約するところでも、
また費用がかかったりしないかとか、
確認することはたくさんありますね。

手軽にはじめられる金額だからといって、
多くのコストがかかっては困るで、
始める前に、勉強しておきたいところです。

投資会社によってもかなり違うそうなので、
買う前のチェックは入念にしないとダメですね。

-------------------------------------------------------
ただし保有コストは信託報酬だけではない。あまり知られていないが、実際にはそれ以外にも、銘柄を売買する際の手数料や監査費用、さらに外貨建て資産の場合は保管費用などがかかる。モーニングスターの朝倉智也社長は「これらを合計した実際の経費率(実質コスト)は、信託報酬の水準を大きく上回ることがあるので要注意」と話す。

(日本経済新聞 - 2017年10月13日)
-------------------------------------------------
ラベル:積立NISA 手数料
posted by ヒロリン at 12:10| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください