2018年01月06日

インド株が好印象なイメージ

インド株が好調とのこと。
インドというのは、ふしぎなイメージ。

あまり先進国というよりは、
どちらかといえば広大で、宗教とか、川とか、
そういったイメージがあり・・

その反面、学歴の高い層は、実力があり、
有能で勤勉で思慮深いような、そんな感じです。

アメリカのIT企業幹部にも
インド出身者がおおいですよね。

そういう両面持った国なのは、ただイメージだけではなく、
確かにそういった働きをしている人たちがいるからかも。

そして成果をあげている印象があるから、
株とか投資とかにも跳ね返ってくるのかもしれないですね。

科学の分野などでも、哲学的な方向でも、
いろいろな専門家を目にする機会もあるので、
将来が豊かというイメージは強いかもしれません。

それと、中国に次ぐ人口規模ですので、
中間所得者がこれから増えていくと
インドは消費大国にもなっていく可能性が高いですよね。

-------------------------------------------------
今回は過去6カ月間の資金純流入額ランキング(2017年10月末時点)から、投資信託の最新売れ筋トレンドを探る。首位は前回(7月末時点)に2位だった「野村インド株投資」。好調なインド株相場を背景に、販売会社が投資家へ積極アピールを続けている。前回まで3回連続トップの「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」は、7月から販売を一時停止している影響で圏外となった。

(日本経済新聞-2018年1月3日)
-------------------------------------------------



ラベル:インド株
posted by ヒロリン at 17:34| Comment(0) | 株式・株価 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。