2018年01月27日

つみたてNISAは初心者向き

つみたてNISAは、運営会社にとってはいいことばかりではないようで・・

なかなか、口座数が増えなかったりと、
苦戦している投資会社も多いとか。

しかし、つみたてNISAを
勧める経済記事も多いのですよね。

初心者の人は、投資を教科書どおりにやってみて、
その次に、自分の裁量で動かしてみて、
うまくいくと、無知ゆえに不用意なことをしがちです。

何の分野でもそうなように投資でも同じですね。

そうすると投資の場合は、損をして、
せっかくの資産形成計画に失敗した感じになり、
次の一手を打てなくなります。

それを防ぐためにも、つみたてNISAで、
気長に持ってみるというのは、よい投資チャレンジのようです。

ただ、投資によって大きく儲けようと考えるなら、
つみたてNISAは向きません。

つみたてNISAはある程度の長期間運用を前提とした制度ですから。

-------------------------------------------------
仮に投資初心者が一時にまとめて投資信託を購入したとして、日々の市況変動に一喜一憂して失敗しやすい。毎月ルールに従って、一定額を自動的に購入するつみたてNISAの場合、売買のタイミングに迷うこともなく、市況の騰落が比較的気にならない」(山崎氏)

 投資信託には元本割れのリスクはあるが、長期の積立投資はそのリスク軽減が期待できる。

(マネーポストWEB-2018年1月23日)
-------------------------------------------------

ラベル:つみたてNISA
posted by ヒロリン at 21:17| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください