2018年02月10日

投資信託は計画的金額で

投資信託をいくらずつ行うか、
計算して出す、ということ。

将来の計画をちゃんと立てるなら、
こういうかたちでしっかり数年先までかんがえないといけないですね。

将来の計画を立てていないわけではないのですが、
利息や利益についての計算方法がわからないというか調べようとしていないので、
実際に計算したことはありませんでした。

それをちゃんと行うことで、
今最低限でしかも効果があり、無駄なく出す金額をいくらと設定すればいいか、
目安が立つというものですよね。

計画性というのをちゃんと持って臨むのと、
なんとなく今出せそうな金額ではじめるのとでは、
モチベーションも結果も違ってくるのではと思います。

ただ、人生においては何が起こるか分からないですし、
計画通りにいかないこともあるでしょうし、
年金制度も今後変わるかもしれないですし、
何かと先を考えると不安になることが多いですよね。

しかし、準備はできるだけしておくのも大切ですよね。
そのための事前の計算はしっかりやっておくに越したことはありません。

-------------------------------------------------
「あまり大きなリスクはとりたくない」というケースを前提に、「3%」の利回りを目指すとします。表の利回り「3%」と運用期間「30年」がクロスする箇所の数字「2.427」を、手持資金の額に掛けます。

・100万円×2.427=242万7000円これで「現在の手持資金100万円は、3%の利回りだと30年後に242万7000円になる」と算出できます。

目標金額から毎月の必要積立額を算出する
「30年後242万7000円」では目標2000万円に足りないので、残りの1757万3000円は毎月の積立投資で準備していくことにします。今度は下の「減債基金係数表」を使って、30年後に1757万3000円を準備するには、いくらずつ積立てたらよいかを計算します。

(livedoor-2018年2月4日)
-------------------------------------------------

ラベル:積立投資
posted by ヒロリン at 15:42| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください