2018年05月03日

投信の残高が110兆円だそうです

個人のマネーが投資信託への流入がつづいていて、
残高が110兆円となったそうです。

つみたてNISAやイデコと、
政府が税金が優遇される制度を設けたことも、
投資信託への資金流入がつづいているなのでは。

つみたてNISAとイデコがはじまったことで、
若年層の人たちもこの制度を使って
投資信託を購入する人が徐々に増えてもいるようです。

日本においては、
個人の資産が貯蓄に大きく傾いていると言われていて、
この資金をどうにか株式市場へシフトしたいというのが
政府の考えだったわけですが、
その貯蓄から投資へが徐々に進んでいるとも言えそうですね。

-------------------------------------------------

投資信託への個人マネーの流入が続いている。2017年度は15年連続での資金流入となり、資産残高は約110兆円と年度末としては過去最高を更新した。世界的な株高も追い風となり、老後の資産形成のために投信の積み立てを始める若年層が増えている。投信が個人金融資産に占める比率は上昇が続いており、「貯蓄から投資」の流れは着実に強まっている。

(日本経済新聞-2018月4月12日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 21:00| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください