2018年07月07日

積立での投資で株式は

積立投資は、投資信託じゃないといけないのか?という問いをみて、
そういえばそうだなと思いました。

積立というと投資信託、と自然に思っていましたが、
株式を積立で直接買うことはできないのでしょうか。

積立というからには、その単位は、
金額が何千円単位で積立、というかたちになるので、
1口いくら、という買い方ではなくて、
それを何千円買いたい、という形での購入になりますね。

そうすると、1株ずつではなくて、
100株単位でやり取りする決まりになっている株式とはなじまないことになります。

投信のように小さく分けるのが無理な株式では、
積立での購入が難しい、ということがわかりました。

株式を購入するには、
ある程度まとまった金額になるし、
積立購入には向いていない。

だけど、投資信託なら、
1口という単位が少額になるので、
積立とていう投資に向いている
ということになるのですね。

--------------------------------------------------------------
例えば、基準価額が10,000円(1万口当たり)の投資信託の場合、1口の値段は1円となる。そして、投資信託は、指定した金額分だけ口数を購入することが可能だ。このメリットを利用して「ドルコスト平均法」で投資すれば、価格変動リスクをある程度で軽減できる。

一方、個別株式では一般的に取引単位が100株単位となっている。1株500円の株式であっても、5万円単位で取引しなければならない。1株単位で取引可能な場合もあるが、それでも1株500円の株式は、500円単位で取引しなければならない。投資信託のように、口数という小さな単位で個別株式を購入するのは難しいのだ。

(ZUU online-2018年7月4日)
--------------------------------------------------------------
ラベル:積立投資
posted by ヒロリン at 13:14| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください