2018年08月11日

土日営業と金融機関

銀行などの窓口業務は、
15時までというのが一般的でしたし、
土日に至っては休みなのが常識的です。

でもほんとうは、普通のお店とかと同じで、
土日にやりたいことがある人もたくさんいると思うんですよね。

だからといって無制限に開いていてほしいわけではないですが、
時間を区切って受付とかしてくれたほうが、
ぜったい口座口数をかせぐにはいいと思います。

証券会社はやはり、それを考えている店舗があるようで、
ごく限られた地域ではありますが、
顧客開拓のために人通りが多い駅前の繁華街や地下街に窓口をおいて、
若い人の来客をねらっているところがあるとか。

金融機関のそういう変化は、
顧客増加には大事な気がします。

金融機関は長い間、
護送船団方式というか
大蔵省・財務省によるいろいろな規制で
自由競争が阻まれていましたから、
そういう規制が緩くなりつつある今
土日営業などのサービスをはじめとして
ユーザーにうれしいサービスが増えてくるかもですね。

--------------------------------------------------------------

東海東京証券は、東京都と愛知県で計4店を展開する20~40代の現役世代向けの新型店舗「マニーク」を拠点に、顧客開拓を進めている。この店舗はいずれも、人通りが多い駅前の繁華街や地下街にあり、若い世代のニーズが高いとみた保険や住宅ローン、投資信託を扱っている。平日の夜や土日も営業し、買い物客に声をかけ、店内で開催する少人数のセミナーへの参加を促している。

(日本経済新聞--2018年8月8日)
--------------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:54| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください