2018年08月25日

元本保証投資の仕組み

投資信託というと元本保証がないのが普通ですし、
それを納得して買っている人が多いと思うのです。

それが今度アセットマネジメントOneというところが、
元本保証の投資信託ができたのだとか。

よろこばしいことだと思いますし、
魅力を感じる人は多そうですね。

同じ資金を使うなら、
元本が減る可能性があるよりはないほうを選びます。

その仕組みの解説があったのですが、
ちょっとむずかしいかんじがしますね。

増える可能性の高いものを買って、
ついた利息を増えるほうに回して、
元本だけは常に確保しておく、
ということでしょうか。

そういう仕組みだとすれば、
これまでもどうにかして元本保証と謳えたような気もしますが、
そうすると、運用している会社の利益が減るような気もしますね。

--------------------------------------------------------------

元本を確保しつつ、さらに少しリターンを乗せていく運用方法について、簡単に説明します。

たとえば、投資可能な金額が100万円あるとします。毎年3%のクーポンがつく債券を77万円分購入すると、毎年2万3,100円の利子がつきますから、10年間保有すると、満期償還時には元本の77万円と10年分の利子23万1,000円が手に入ります。すると、手元には合計して100万1,000円があるわけです。

ということは、投資金額100万円のうち77万円で毎年3%のクーポンが付く債券を購入し、残りの23万円を先物やオプションを使って運用すれば、10年後の100万円を確保しながら、さらなる上乗せも狙えるのです。

(MONEY PLUS--2018年8月22日)
--------------------------------------------------------------
ラベル:元本保証
posted by ヒロリン at 10:53| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください