2018年09月21日

投資信託とロボアド

自分でよいように検討して行動を起こせるのが自分の財産ですが、
投資信託については、全部自分のものであっても
その扱いはよくわからないという場合があります。

感じとしては車みたいなものでしょうか。
普段、乗っていて使っていても、
それがどういいのか悪いのかは、
専門家やそれに詳しいヒトじゃないと
判断できないところがあって、
だから、専門家が必要、という点が似ています。

そこで、ロボアドという、
各分野で今話題のAIが適切な判断をして
リスクのないように投信の内容をコントロールしてくれるなら、
投信の知識に自信がないまま保有はしたい、
という人にとって頼もしいものになりそうです。

ですが、投資信託を積立投資するのでしたら、
それほど何種類もの投資信託を組み合わせて積み立てるという人はそもそも少ないですし、
ロボアドは必要なのかという気がしないでもないです。

----------------------------------------------

通常、積立投資を始める場合、自分に合った投資信託を探して選ぶ必要があります。この際、ネット上の情報を参考にして探すか、証券会社や銀行の窓口で営業員のアドバイスを受けるのが一般的です。さらに、運用途中でも、株式や債券などの配分比率が当初と変われば、リバランス(最適化)も行う必要があります。忙しい人の代わりに運用会社がリバランスを行ってくれるバランス型ファンドもありますが、資産配分があらかじめ決まったパック商品が多く、必ずしも自分のリスク許容度や条件に合う商品があるとは限りません。

その点、ロボアドは個々のユーザーのリスク許容度に応じた運用プランをもとにリバランスも行ってくれるため、初心者や忙しくて時間に余裕がない投資家でも安心して運用を任せることができます。

(金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE 2018年9月19日)
--------------------------------------------------

ラベル:ロボアド
posted by ヒロリン at 10:52| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください