2018年11月21日

買い下がり投資は現実的

投資は、安い時にたくさん買って、
高い時に売るのがいい、
とは考え方としてはわかります。

それを具体的にどうするのか書いていて、
直近の高値が決まって
そこから10%下落した月末にまず買い、
そこから、決めた下落率以下のときに買い足していく、
そうすると確かに、ずっと安い価格で買い続けられますね。

こう決めてしまっていれば、
今は買い時かどうか都度迷ったりせず、
確実に以前より安い価格で買い集められますね。

ただ、その先もずっと下落していくのだと、
資産が減る一方であればどきどきすると思うのですが、
長い目で持っていればきっと上がる時が来る、
という考え方でしょうか、
そうやってあとは、ゆっくり保有していればいい、とのこと。

これなら、
少しまとまった額を手にしたタイミングでも、
やれそうな気はします。

----------------------------------------------

この「買い下がり投資法」ともいえる方法のルールを説明しよう。

投資を始めるのは、購入対象とする投信の基準価格が直近高値(月末値ベース)から10%下落した月の月末だ。あまり早く買い始めると安値買いにならない恐れがあり、下落率は10%とした。以後は基準価格の高値からの下落率が15%、20%、25%と5%刻みで大きくなるたびに月末に買い出動する。価格が下がっていても、下落率が節目を下回らなかった月は投資を見送る。購入を月末に限るのは、基準価格のチェックと注文の手間を月に一度で済ませたいからだ。
投資額は5万円からスタートし、下落率が10%刻みで拡大するたびに5万円ずつ増やしていく。下落率が10%、15%のときは5万円、20%、25%では10万円、30%、35%なら15万円――という具合。途中で下げ止まったら、そこで投資はおしまいにする。下げ幅が広がる間だけ投資して、後は成果を寝て待つのみだ。

(日本経済新聞 2018年11月21日)
--------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 11:30| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください