2018年12月22日

楽天証券口座数300万突破

ネット証券会社というと、
最初のころは現実にある証券会社のネット化
という感じだったと思います。

またはネットバンクが新しく証券のサービスをはじめたり。

そんな中、ショッピングなどでおなじみの楽天が、
銀行を買収したりしてだんだん違うサービスをとりいれはじめ、
金融関係のイメージがついてきたあと、証券も扱うようになって、
それは、銀行とかに比べると
なんとなくイメージ的には信頼度が劣るような感じも最初はあったと思います。

でも今や、楽天証券は
個人投資家に大きな支持を獲得しているようです。

スマホで投信を扱うためのアプリも、
便利で快適なものが利用でき、
楽天ポイントでも投信が購入できる、
親しみやすくてよいサービスになった感じがしますね。

----------------------------------------------

楽天証券は、証券総合口座数が300万口座に到達したと2018年12月21日に発表した。

楽天証券によると、同社は、1999年に日本で初めてオンライン専業の証券会社としてサービスを開始して以来、“すべては個人投資家のために”をモットーに、社員一同、サービスの拡充に努めてきた。

(投資信託の投信資料館 2018年12月18日)
--------------------------------------------------

ラベル:楽天証券
posted by ヒロリン at 16:02| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください