2019年02月08日

投資信託と資金の額

投資にいくらの資金を充てるか、
よくいわれるのは、
すぐには使う予定のないお金を当てよう、
ということです。

ですが、そんなに高額の余分なお金じゃないといけないのなら、
投資を出来る層は、
収入の多い層に限られてしまいますよね。

だからこそ、いま投資信託には積立投信が人気なのでしょう。

積立投信なら、月々数百円から可能だったりしますし、
毎月定額ずつ投資するので、
最初の頃は、損失があったとしても極々少額で済みます。

リスクを小さくする、という意味でも、
そう投資でいま利益を出そうとしてない人は
積立投信が望ましいのかもしれないですね。

今では月々の積立額が500円からというネット証券もありますので、
若い世代の方は1000円とか2000円とかの
負担が少ない額ではじめられるので、
長期的な資産形成というスタンスで積立投信をはじめてみるといいんもです。

----------------------------------------------

投資は目的ではなく、あくまで将来の希望を実現するための手段です。「40歳までに1000万円つくって独立したい」「60歳までに老後資金2000万円を準備したい」など、夢や目標は十人十色。まずは自分自身が「何のために、いつまでに、いくらにしたいか」という投資の目標を定めましょう。自分自身の将来の希望を描くことが、資産運用の第一歩なのです。

(マイナビニュース- 2019年2月6日)
--------------------------------------------------

ラベル:積立投信
posted by ヒロリン at 16:46| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください