2019年05月22日

積立投信のメリットの多い若者

若い人が、ほんとうに若いうちから
投資信託の情報を得て、
資産形成をはじめている人っているのですね。

それはやはり身近に、
資産形成に熱心に取り組んでいて、
お金にわりと余裕のある状況があるかどうかで決まるかも。

記事になっていたブロガーさんは、
毎月合計5万以上を積立投信にまわしているようです。

そういうことができるということは、
生活費にも余裕があるんですよね・・

『世界市場は成長を続けるはず。
投資リターンはそのおこぼれに預かる程度で十分』

という考え方で運用を続けているそうで、
これはたいへん健全だと思います。

積立投信をそういった考え方で
やれる若者が多ければ、
将来的にも安心な感じがしますね。

月5万円もは無理な人が多いと思いますので、
とりあえず5千円とか1万円とかではじめて
余裕ができてくれば1万円ずづふやしていく
というやり方で良いかと思います。

---------------------------------------

「父が2012年に少額投資非課税制度のNISA口座を開設する際、誘われました。20歳で大学生だった時です。アルバイトもしていなかったのでお金がなく、その時はお年玉として残っていた数万円で海外先進国の株価指数に連動するインデックスファンドを購入しました」

「最初にインデックスファンドを選んだのは特段これといった理由がないのですが、今に至ってもアクティブ(積極)運用ファンドは購入したことがありません。著名ブロガーの方の考え方も参考にして、リターンがコストに見合うかどうかで、割に合わないと思っているからです」

「会社で給料をもらうようになり生活費がある程度貯まってきたので、社会人1年目のおととしの半ばから投資を本格的に再開しました。

(日本経済新聞ー2019/5/20)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 18:00| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください