2019年08月03日

資産形成と寿命の長さ

はじめてNISAがとりあげられるようになってから、
つみたてNISA、iDecoと投資商品が増えました。

最初はNISAだけだったので、
逆に悩むこともなかったかもですが、
今は、選択肢がある分、選ぶ範囲があって、
決めるという作業もしないといけないですね。

つみたてNISAは、
受け取り期間が限られていたり、
年間の積立額もそれぞれあったり、
いろいろな差があることが、
比較表になっているとわかりやすいです。

老後のため、とか、子供の教育費、とか、
いろんな目的でそれぞれお金について考えると思いますが、
こうしてみてみると、短いなと思います、
おかしな言い方かもですが、人生が。

80年あまり生きたとしても、
そのうちの40年間最大使って積立をして、
それを実際に使うのは、
20年くらいだったりするわけですよね。

投資にあまり一生懸命になりすぎるのも、
そのときに使うためのものを使えなくては、
なんにもならないわけですから、
資産形成もほどほどに考えて、
つきあっていくべきものかなという気はします。

---------------------------------------

「つみたてNISA」(積立NISA)は、投資で得られた利益(運用益)にかかる約20%の税金がゼロになるお得な制度。この連載では、「つみたてNISA」の特徴を紹介しています。

 実は、「つみたてNISA」のほかにも、「つみたてNISA」と同様に、運用益にかかる税金をゼロにできる制度があります。「一般NISA」と「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」です。

(ダイヤモンド・オンラインー2019/7/30)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:00| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください