2019年09月14日

投資はとれるリスクを考えておく

投資にはリスクがつきもの、といいますが、
どこまでを許せるかの範囲は
本当に人の状況によって違うと思います。

余剰資金で投資をしましょう、といっても
50万の人と、200万の人だと置かれる状況は全く違いますね。

どう選ぶ商品に差をつけたとしても、
結局は資金によって、全然結果は違ってきます。

購入できる総額が違ってくるし、
余裕資金の大小で、
手放したくなるタイミングも変わってくるからです。

リスクをとれる範囲を決めるのが大切とのことなのですが、
それは、その分、失っても実際の生活に特に影響しない、という意味ですよね。

それが10万でももったいない、という人はまず、
投資に資金を預けるべきではないのかも。

それが50万だったら、
ああ、失ったもったいない・・と思いつつも、
次回の利益を想定してまた資金投入していける、
そういう人が、投資を続けていける経済状況だ、といえそうです。

わたしは、10万でももったいないと今思ってしまうので、
まだまだ投資、特にリスクの大きな投資に全力を投じるのは
やめておいたほうがよさそうですね。

---------------------------------------

ただ私はそこで「リスクをとれる範囲を決めましょう」とお伝えしています。

──どれだけのリスクをとれるか、ということですか。

例えば、100万円の資金が150万円に増えるかもしれない商品があるとします。ですがそれは、50万円になってしまうかもしれない商品でもあります。この「上下に動く50万円」がリスクの範囲です。

(ZUU onlineー2019/9/7)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 19:03| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください