2019年09月26日

円奏会という名の投信

「円奏会」という愛称の投資信託があるそうです。

名前がかわいいというか、
なんだか安心感のある名前ですね。

東京海上アセットマネジメントが運用しているそうで、
このようにニュースになることで名前がひろがる効果もありそうな気がします。

この投資信託は、預貯金の代替と考えられているのだそうです。

預貯金の代替ということは、
それだけリスクが低く抑えられているに違いないですね。

ゆうちょは昔、
郵便局の定額貯金が一定の期間で満期を迎えたとき、
その資金をどうしますか?→さらに定期を続けます、
といった選択肢を用意していて、
当たり前のように定期をまた続けたりしたと思います。

ですが、今は、ゆうちょ銀行となり、
増えるメドがないので、そこで資金作りを考えるひとはあまりいないと思われます。

それで、そのまとまったお金の受け皿として、
低リスクの投資信託が考えられているのだとか。

前はリスクがあることを念頭に・・
みたいな感じでいた投信の話も、
今はリスクがあるのは当然のことで、
それをいかに減らした商品か見極めるような考え方が望まれているようです。

---------------------------------------

2012年11月に設定されたこのファンドは、もともと「預貯金の代替」の運用商品として誕生した。主に取り込んだのは、ゆうちょ銀行の定額貯金の満期と個人向け国債の償還を迎えた安全志向の個人マネーだ。どれくらい低リスクなら「受け皿」になりやすいかを研究し、計量分析を用いて、組み入れる資産や配分比率などファンドの枠組みを決めた。設定来の運用成績(分配金再投資ベース)は8月末時点で38.12%。「ありそうでなかった『守りながら増やす』ファンド」(10月1日付で執行役員投信本部長に就任する江面幸浩氏)として人気を上げてきた。

(日本経済新聞ー2019/9/26)
----------------------------------------
posted by ヒロリン at 15:59| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください