2019年11月02日

投資と投機の違い

投資信託は投機ではないのか・・
投資信託を、即時に結果の出るギャンブルと
とらえている人は少ないと思うのですが、
投資ですからそういう側面はあるのでは、
と思っていました。

しかしある記事によると、
サイクリングと競輪が、
自転車という同じ道具を使うのに
ぜんぜん違うように、違う、と説いていました。

考えてみると預金でも、
まあそれは元本保証がされている、
というのはありますが、
預金金利は、銀行が預金で集まったお金を
いろいろに運用して利益を出していくから、
生じるという性質のようですね?

でもこのごろはまったく金利がダメなので、
そういう側面はもう忘れ去られて、
一般的な投資信託に人が流れるし、
流そうとする銀行の思惑もあるようです。

しかし投資であれば、
基本的にはここの業界は個々に成長し続けるはずなので、
大きく時系列を見れば損をだすようには動かないと。

なので、投資信託は投資する会社の数を増やすことで、
常に安定して少しずつの伸びは確保する、
という感じで、試算を増やせるはず、
といったヤマ師的な部分から、
考え方を変えておくのが必要なようですね。

---------------------------------------

投資は、株式などを通じて産業活動に資金を投じ、その活動が生み出す付加価値の還元を受けることですが、投機は、株式などの価格の変動を利用したギャンブルです。投資と投機とは、株式などの道具を共通にしていても、サイクリングと競輪が自転車という道具以外に共通性がないのと同じように、全く異なるものです。しかし、なぜ、人は、サイクリングに行こうとして、競輪にはまるのか。

(Yahoo!ニュース-ー2019/10/30)
----------------------------------------
ラベル:投機 投資
posted by ヒロリン at 19:41| Comment(0) | 投資信託 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください