2017年06月29日

投信の一般口座・特定口座

投資信託の取引を務めながらやっていても、
特に、積立の投信だと、存在自体を忘れています。

そのため、年末に、口座についての書類が届くと、ああそうだったと思いだしたり・・

ちゃんと考えてやっている人はそんなこともないのでしょう。
一般口座と特定口座、確かに最初選びましたね。

合算した収入によっては、確定申告なしのほうが得な人もいるということは、
考えていませんでした。

サラリーマンは20万超えると自分で確定申告をするけれど、
しないで済む人は、やってもらうほうじゃないほうが税金をひかれずに済んでお得なのですね。

しかしどっちに転ぶかわからない場合は、やはりやることにしておいたほうがよさそうです。

--------------------------------------------------
(1)一般口座
すべてを自分でやる口座です。いくらで株を買って、いくらで株を売って……ということをすべて自分で記録・計算して確定申告する必要があります。
(2)特定口座
特定口座は2種類あります。ひとつが「源泉徴収なし」というもの。毎年1月に証券会社から1年間の取引まとめである「年間取引報告書」が届くので、それを使って株取引の儲けを確定申告するというものです。先ほどの一般口座と比べて、株取引を記録する必要がないので、楽になることはイメージしやすいですね。

もうひとつは「源泉徴収あり」というもの。こちらは税金の計算もすべて証券会社がやってくれて、あらかじめ税金の分だけ株式投資の儲けから差し引き、私たちの代わりに納税までしてくれるという制度です。この場合、すでに税金は払われているので基本的に私たちは確定申告する必要がなくなります。

(MONEY PLUS 2017年6月28日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする