2018年05月10日

Tポイントは合算して使う

今回は資産形成の話ではなく、
ポイントの合算についてです。

共通ポイントを利用していても、
バラバラのポイントカードとしてもっていると、
なかなか使いでが悪かったりしますね。

そういう場合、共通ポイントのWEBサイトに利用の登録をしておくと、いろいろ便利です。

気づかなかったキャンペーンに気づくときもありますし、
複数のカードにたまったポイントを合算することもできます。

バラバラなままだと使い勝手が悪くなります。

あと、ポイントがせっかく貯まっていても、
気づかないまま消滅してしまうことも、
合算してしまえば防げます。

わたしも、Tポイントは複数を合算して使っているので、
ネットショップにもリアル店舗にもしばられることなく、
便利になりました。

最近は、ポイントでの投信などもできるようになっているので、
単にリアル店舗でのポイント取得だけ考えるのではなく、
WEBでの登録もきっちりやるほうがいいですね。

-------------------------------------------------

まず、それぞれの「Tカード」の情報登録を行おう。情報登録には、Yahoo! JAPAN IDが必要なのだが、複数枚の「Tカード」を所有している場合、各カードごとに別のアカウントを登録しなければならないので注意が必要だ。

(ダイヤモンド・オンライン-2018月5月8日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 23:35| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ビットコインの相場

私は、ビットコインをはじめ仮想通貨を持っていませんが、
ビットコインの相場については、
興味があるのでたまにチェックしています。

そのビットコインの相場ですが、
現在は、1ビットコイン=6600ドル前後に下落しているようですね。

昨年の後半あたりは、
ビットコイン所有者の中に
いわゆる「億り人」と言われる人たちが現れ、
テレビなどのメディアにも登場し、
ビットコインをはじめ仮想通貨が大注目されていました。

その時の1ビットコイの相場が
確か、現在の3倍以上だった記憶があります。

仮想通貨全体への投機ブームが終わったのか、
それとも、落ち着いた相場になりつつあって、
今後は、極端な上げ下げはなくなるということなのか。

仮想通貨については、
投機的なブームという側面を除けば、
非常に将来的に可能性がある通貨だというコメントをする専門家の方も多くいました。

はたして、今後は、どのようになっていくのでしょうね。

---------------------------------------------------

インターネット上の仮想通貨ビットコイン相場は下落している。情報サイトのコインデスクによると、ドル建ての価格は日本時間5日12時時点で1ビットコイン=6600ドル前後と、前日12時時点(7300ドル前後)に比べ700ドル程度安い。10時30分ごろには一時6500ドル台まで下落した。円建て価格も安い。

(日本経済新聞-2018年4月4日)
---------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:43| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ネット証券の申込簡略化

ネット証券は、口座開設が以前はネックだったのです。

申込手続き自体は、たしかにネット画面上で出来るのですが、
最終的な書類を郵送で送ってもらって、
記載して送りなおす、という手間があったので、
実質的にはネット上で完結してないことが多かったです。

が、それが進化して、今は、
スマホ上からも申し込みが完結できるようになっているようですね。

国を挙げて投資を推奨している傾向が最近あるため、
それを一層促進するための、「申込」「口座開設」は、
簡略化される十分な意味をもっていると思います。

私もマネックス証券の口座を持っていますが、
開設したのはかなり前で、
その時は確かに、手続きがちょっと面倒で、
なんでネットで完結しないのか?
という疑問というか不満を持ったのを記憶しています。

今は、マイナンバーもありますし、
ネットで完結するのはうれしいですね。

-------------------------------------------------
ネット証券はインターネット上で口座開設できるので、いつでも手続きすることができ、また開設されるまでの時間も短い。まずは口座を開設したい証券会社のホームページで「口座開設」などのボタンをクリックし、申し込みを開始する。個人情報や手数料コースなどの設定を行い、最後に本人確認書類を提出する。この本人確認書類の提出は郵送でも可能だが、スマートフォンなどで撮影したものをアップロードすることもできるので簡単だ。すべてオンライン上で口座開設した場合、審査なども含めて最短4~5営業日で完了する。

(岩手日報-2018年3月31日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 14:02| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

海外でのATMクレジット利用トラブル対処法

海外でクレジットカードを利用しようと、
ATMに入れたら、
そのまま回収されてしまった事例があるそうです。

びっくりですね・・・

カードから借りようとしたのか、
何をするにも、何かするにはカードをATMに入れて、
もし用が足りなければ戻ってくるはず、
というのが常識のような気がしていますが、
海外ではそうでもないことに驚きです。

戻ってくるために、その記事の方はLINEの機能を利用していろいろ連絡をとって、
なんとか対応したようですが、
そういった機転がきいたりするかは、
自分の場合は予想がつかないので、
海外ではむやみに機会に操作を任せないようにしようと思います。

-------------------------------------------------
海外のATMでクレジットカードが飲み込まれる → 翌朝帰国なのに「取り出せない」と言われる → スマホの “ある機能” で乗り切った話

言葉が分からない国で想定外の事態にぶち当たる。それはとてつもなく恐ろしいことだ。実際、海外のATMでカードが飲み込まれた経験がある人は多いようなので、いつあなたもそうなるか分からないぞ。だが、もし同じ状況に陥ってパニックになった時は、どうかこの記事のことを思い出してほしい。大丈夫、私みたいに何とかなる!

(ロケットニュース24-2018年2月11日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 16:15| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

若い世代の投信は慎重に

投資をはじめることをすすめる記事には2通りある気がします。

とても積極的に、若い時からの資産形成をすすめる場合と、
慎重に、現状を分析することをすすめる場合です。

わたしは、投資はいくら若くてこれからチャンスが多いとはいっても、
やはり投資ですから、慎重にすすめるほうがいいと思います。

例えば、クレジットカードのポイントでも、
ポイントが貯まるならと確かにお得にはなるとはいえ、
ポイント目的で買い物をしてしまうというのは考えものです。

それと、現金で買うと損するような気がして、
ほしいものが目の前にあってもカードでネット購入を検討するのは、
本末転倒な場合もあります。

ましてや投資のような商品であれば、なおさらだと思います。

ただ、記事の例のように、
毎月3万円を預金などに回せる余裕があるのでしたら、
その分の1万円とか5千円とかを
積立投信や積立NISA、あるいはイデコで
投資してみるというのもいいかもですね。

-------------------------------------------------
・月給手取り:17万円(賞与年3ヶ月分)
・一人暮らし:家賃5万8千円
・毎月の支出:平均13万円(家賃含む)
・貯金:約200万円
・定期預金なし。普通預金口座に貯めているだけ
・仕事:私立学校職員 私学共済加入

現状は上記の通りです。お金は普通預金口座に貯めているのみ。毎月の給与から定期や投資に回せる金額は3万円くらいと考えています。最近、転職し、職場の給与天引きの定期預金(0.6%)に申し込むか、銀行のスーパー定期か、投資信託に挑戦するかで悩んでいます。

(MONEY PLUS-2018年1月17日)
-------------------------------------------------

ラベル:資産形成
posted by ヒロリン at 15:57| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

資産形成は若いうちから

老後は3000万のお金が必要、
という記事が時に見られます。

しかし実際には、さらにもっと必要なのだとか。

それは、「老後の時間が増えているから」だそうです。

平均寿命は延びていますからね。

しかし、平均寿命と健康寿命が一致しているかというと、
そうでもないので、実際には不透明です。

また、健康であるためにいかに努力をしても、
予定通り健康寿命を全うできるとも限りません。

不慮の事故はあるものですし、
突然、なんの病気になるかもわからないし、
長く生きていればリスクもつきものです。

健康であるのを前提にして
資金計画を組むのもかならず当たりではないですが、
とりあえずそうしておくしかないのも確か。

できるのは資産形成をできるだけ若いうちからしておくだけですね。

-------------------------------------------------

──老後の資産運用をどう考えるべきでしょうか。

 資産運用は3つのステージに分けることができます。具体的に言うと、働きながら老後のための資金を積み立てていく60歳前後までのステージがまずあります。その後に退職後に運用しながら老後資金を取り崩していく60~75歳ぐらいのステージが来て、そして運用を安定的なものに切り替え、資産を使うことに専念するそれ以降のステージに入ります

(女子SPA!-2017年12月17日)
-------------------------------------------------

posted by ヒロリン at 21:36| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

資産管理とセキュリティー

最近は、ネット経由で資産を増やす手段や、
管理する手段が豊富ですね。

ネットバンクも充実してますし、
ネットバンク運営に本腰を入れる金融機関もたいへん多いです。

なので、セキュリティには
どの企業もとても気を使っていると思うのですが、
観光ホテルの通販サイトが、
不正アクセスで情報もれしてしまったとか。

自社運営の通販サイトは、
サーバをどのように誰が管理しているかによって、
セキュリティーのよしあしが決まる気がしますね。

大手のサーバだから安全というわけではないですが、
自分がかりているサーバの中で、
独自にクレジットカード情報まで取り込むようなショップ運営をしていると、
もっともっとセキュリティーを高める必要があっても、
そのことに予算をさいていなかったりするのが現実なのかも。

ユーザーとしてはこわいですね。

-------------------------------------------------------
城山観光ホテルの通販サイトが不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

10月4日に決済代行会社から指摘を受け、クレジットカードによる決済を停止し、調査を行っていた。同社では、対象となる顧客に報告を行うとともに、カード会社に不正利用のモニタリングを依頼。今後は、クレジットカード情報が同社のサーバを通過しない決済システムへ変更するとしている。

(Security NEXT - 2017年11月22日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 12:01| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

初心者がiDeCoを選ぶポイント

iDeCo(イデコ、確定拠出年金)は、どういうものなのか。

加入者が月々の掛金を拠出(積立)し、
予め用意された金融商品で運用し、
60歳以降に年金または一時金で受け取る「年金」ですね。

これをしっかりできるかどうかで、
年取ってからの生活がぜんぜん変わってくるとすれば、
投資する対象をどこにしているかを選ぶのが、
とっても大事になってきますね。

金融機関の信頼度とか、
自分とその金融機関の関係で選ぶのがまずひとつ。

そして、その金融機関がどうやって何に投資しているのか、
をちゃんとチェックできる眼があれば、
なおさらいいということになります。

何に投資しているのか、と、
あと手数料とが大きな選択のポイントになってきそうです。

イデコで投資信託を積み立てるときの選び方としては、
インデックスファンドにするかアクディブファンドにするか、
という選択もあります。

私は、イデコはやっていませんが、
積立投信で積み立てているのはインデックスファンドです。

各種手数料がアクティブファンドより格段に低いですし、
長期的に見れば、インデックスファンドの方が運用成績が良いからです。

-------------------------------------------------------

実際、書店などで投資本をのぞくと、インデックスファンドを推奨するような書籍も多い。これはやはり手数料が大きな要因になっている。なぜかと言うと、証券会社や銀行でファンドを購入する際は、販売手数料を負担するのだが、これもインデックスとアクティブを比較するとアクティブファンドの方が割高なのだ。

またアクティブファンドには、信託財産留保額という解約時の手数料がかかるものもある。買う時、持ってる時、売る時のそれぞれのタイミングでかかる手数料を上回るだけの運用成績を残せるアクティブファンドはそうそうないと指摘する専門家も多い。

(ZUU online - 2017年10月29日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 11:28| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

ネット証券の投信手数料の安さ

このあいだ、家のリフォームをするために、
住宅ローンの検討などをした際、
ネット銀行の手数料などの安さを知りました。

地方銀行だと当然の部分でも、
ネット銀行だと、かかってこない手数料もあって、
しかも金利も安かったり、
いろいろとメリットがありました。

どうしてもつきあいのある地方銀行を無条件に選びそうになるのですが、
こういうときはやはり平等にしっかり選択するのが大事だなと思いました。

そして投資信託もネット証券のものは手数料が安いようですね。

また、期間限定のキャンペーンもあったりで、
カブドットコム証券は、手数料の上限を設け、
差額を返金する仕組みになっているようです。

長く利用するものなので、
ひとつひとつは小さくても節約になる手数料関係は、
しっかりチェックが必要だと思います。

-------------------------------------------------------
期間限定のキャンペーンで手数料を引き下げる例もある。カブドットコム証券は10月末まで、約定代金ごとに手数料の上限を設けて超過分を返金する。マネックス証券は10月末、岡三オンライン証券も12月末までの新規口座開設者の手数料を実質無料にしている。

 こうした取り組みの背景には、少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo)など税制優遇制度の広がりがある。18年1月からは「つみたてNISA」も始まる。手数料引き下げに動くネット証券各社は、これらの制度をきっかけに投資を始める初心者を取り込みたいとの狙いがある。

(日本経済新聞 - 2017年10月23日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 17:49| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

アメリカ・トイザらス破産の影響

アメリカのトイザらスが、連邦破産法を適用したとか。

日本のはどうなのかとすぐ考えてしまいますが、
どうなんでしょうね?

どうやら日本法人は大丈夫なようす。

トイザらスが上陸したとき、
日本のおもちゃ店がかなり大変だったと思いますが、
ネットの普及とネットショッピングの普及で、
いままたトイザらスも追い込まれているのかもしれません。

しかしアメリカのトイザらスが
再建を目指す体制になったのを受けて、
不動産投資信託の資金が水の泡になったりしているようです。

やはりこういった情勢変化は、
投資信託にとって直接的な影響をもたらすのですね。

アメリカは国土が広いということもあるようですが、
とにかく買い物がリアル店舗からネツトへという動きが
日本と比較して大きいようですよね。

リアル店舗で買うよりAmazonとかで買うという変化が大きいとか。

ただ、リアル店舗が衰退していくと、
街からお店がどんどん消えていくわけで、
そうすると街の活気がなくなつてしまうという弊害もあると思うんですよね。

日本でも郊外型が進んで、
かつての街の商店街がすたれていって
街が寂れてしまうという歴史をたどってきましたからね。


-------------------------------------------------------
玩具小売りチェーンの米トイザラスが連邦破産法の適用を申請したことで、2005年に75億ドル(約8400億円)で同社を買収した投資会社のベイン・キャピタルとKKR、不動産投資信託(REIT)のボルネード・リアルティー・トラストが投じた資金は水の泡となった。
  当局への届け出文書によると、3社を含む投資家連合はトイザラス買収に際し、株式で13億ドル相当を支払い、残りは借り入れで賄った。
  トイザラスはこれまでに、これらの投資家に対して手数料および利息として合計4億7000万ドル超を支払った。これが投資損失の一部を埋めた格好となる。
  投資家連合に身売りした時点で、トイザラスは安定的な様子を見せていた。75億ドルという買収額はEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)の約7.5倍で、現在の基準で考えれば並外れてはいない。

(ブルームバーグ - 2017年9月21日)
-------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 12:19| Comment(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする