2016年04月30日

おサイフケータイと格安SIM

最近、格安SIMに興味のある人は多いのではないでしょうか。

にわかに情報が増えてきて、
私自身も格安SIMをチェックすることも増えました。
でも端末のほうにその機能が搭載されていないと、
おさいふケータイは使えないようですね。

SIMフリースマホで注目されることの多い、
ASUSなどのアジアの機種は、
基本的におサイフケータイには非対応。
日本のものなら、対応させることが可能なのだとか。

今現在、おサイフケータイを便利に使っている人は、
急になくなると困るので、
アジアメーカーのものがいかに高機能で安くても、
機能重視で日本製の機種を選んだ方が絶対にあとで後悔しなくてすみそうです。

投資信託などのアプリのように個別のアカウントへのアクセスで対応できるものと違って、
機械に大きく依存しているおサイフケータイは、
やはり日本独自のものなのだという気がします。

-------------------------------------------------------
なお、格安SIMとセットでMVNOが販売しているSIMフリースマホは、おサイフケータイ対応モデルが少ないのが現状です。SIMフリースマホのなかでは、ASUSやファーウェイなどのアジアメーカーが注目を集めていますが、これらのメーカーのモデルは基本的におサイフケータイに非対応です。海外メーカーのモデルにはおサイフケータイは搭載されていない、と考えていいでしょう。

 対応モデルが多いのは、国内メーカーの機種です。シャープや富士通といった日本メーカーのSIMフリースマホは、おサイフケータイに対応している場合が多いです。「おサイフケータイは必須!」という人は、国内メーカーのSIMフリースマホを検討することをおすすめします。

(ITmedia-2016年4月30日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

マイナス金利と個人の預金金利

マイナス金利が、個人の預金に影響するのかどうか、
把握していませんでしたが、
それを質問した方にこたえて
「ヨーロッパでは、日銀より大きなマイナス金利でも個人の金利に影響がなかった」旨を書かれているけれども、
それは、ヨーロッパでそうだっただけで、
日本ではわからないじゃないか、といえますね。

金利の優遇とかキャンペーンがあるのをみても、
わたしたちは、銀行が金利を決めているのを知っています。

もし、マイナス金利が銀行にとって不利に働いて、
やっぱり個人の金利をさげようか、
という話にならないとも限らないですね。

そこはやはりそうじゃないといいなと祈りつつ、
マイナス金利の影響を受けにくい金融商品を、
選んでいくのがいいのかなと思います。

--------------------------------------------------------
回答は「ヨーロッパでは日銀よりも大きなマイナス金利にしていますが、個人預金の金利はマイナスにはなっていません。」となっている。

 これは答えになっているようで、実は答えになっていない。先行してマイナス金利政策を導入したスイスやスウェーデン、ユーロ圏などの欧州では、個人預金の利子に対しては適用した例はないとの状況を説明しただけである。

 現在は昔のように規制金利の時代ではなく金利は自由化されている。このため、個人の預貯金金利は銀行などが決めている。日銀が決めているわけではないため、個人の預金金利はマイナスには絶対しません、といった答えは日銀にはできない。

 マイナス金利を特集したNHKの番組では、たしか欧州の一部銀行で、手数料形式で結果として個人向け預金でのマイナス金利の適用事例が報じられていたと思ったが私の見間違いであったろうか。

(BLOGOS-2016年3月31日)
--------------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

ドン・キホーテのmajicaつきクレジットカード

ドン・キホーテ、この間いきましたが、
majicaは利用者がたくさんいるようですね。

レジに並んでいる人でもそう感じましたし、
majicaをプロモーションするさまざまなものが、
店内にも掲示されていました。

それが今度、クレジット機能を付加したカードが発行されるそうです。

セディナかジャックスから選択できて、
ドン・キホーテや長崎屋ほか、多くの店舗で利用できます。

端数を値引きする面白い仕組みにもなっていてドン・キホーテっぽい感じがしますし、
なんでも売っているドンキ、
利用者ならクレジットカードも持って損はない感じがします。

-----------------------------------------------------------
ドン・キホーテは、電子マネー「majica(マジカ)」にクレジット機能を付加した『majica donpen card(マジカドンペンカード)』を2016年3月18日より発行を開始すると発表した。カードは、セディナとジャックスから選択できるという。

『majica donpen card』は、従来のサービスに加え、スマートフォンやパソコンで利用限度額内の最大100万円までチャージができ、200円(税込)ごとに3ポイント付与される “クレジットチャージ機能”が利用できるほか、ドン・キホーテグループ店舗以外で使用しても200円(税込)ごとに1ポイントが“majicaポイントに一本化して還元”される。

(ペイメントナビ(payment navi)-2016年3月17日)
-----------------------------------------------------------
タグ:マジカ
posted by ヒロリン at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

今見直すNISA口座の利点

NISA口座が盛んに広告されるようになって久しいですが、
最初のころは変えられなかった金融機関が変えられるようになっているんですよね。

ただし、すでに購入したものは新たな金融機関には移せず、
新しく購入するものからになるとか。

なのでやはり金融機関選びは慎重に、
納得のいくところを選ぶ必要があることに変わりありません。

100万円まででも、別に限度いっぱいではなくてもいいし、
少額を利用するだけでも、特にかまわないようです。

利益をより有利に得ることができると自分で判断したなら、
投資する金額の大小を考えなくても、
わりと気軽にNISA口座を選んで開設するのが得策のようです。

年間100万円までですから、5年間で計500万。
そう考えれば一度に資金を作れなくても、
地道に継続すればしっかり利益を得ることもできそうですよね。

---------------------------------------------------
15年から年単位で金融機関を変えられるようになったが、すでに購入したものを新たな金融機関に移すことはできない。初めから金融機関選びは慎重に行い、満足できる金融機関を選んだほうが合理的だ。NISA口座で投資できるのは、年間100万円が上限となっており、期間は5年間。年間100万円×5年間で、計500万円を投資できる。なお、この額は16年から120万円に拡大されるため、計600万円投資できることになる。

意外と誤解している人が多いが、100万円(16年からは120万円)はあくまで上限であり、10万円でもいいし、毎年投資せず、1回だけでもいい。NISA口座の開設や利用には手数料がかからないので、「ほんの少額を投資するだけだから……」と利用をためらう必要はないのである。

(PRESIDENT Online -2016年2月28日)
----------------------------------------------------
タグ:NISA
posted by ヒロリン at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

日銀のマイナス当座預金の金利政策

日銀がマイナス金利を当座預金に適用しはじめたとのことで、
企業の倒産防止にはいいかたちなようですね。

お金を借りやすくして、
うまくいっていない商売をうまく回すための資金にしてもらおう、
という狙いは、本当に当たるのでしょうか。

この政策で、金利がぐっと低下して、
本当に、いいことばかりではなく悪いことも起きているといいます。

しかしわたしなどがそれを感じられないのは、
やはり主観的に、身の回りのひとたちで、
金利が下がったことを直接喜んでいるひとは、
なかなかいない感じがするからだと思います。

かわりに、違う投資商品を買い足される方も多そうです。
これをきっかけに自分の財産をしっかり見直す、いいチャンスととらえたいです。

---------------------------------------------------

マイナス金利が適用されるのは、金融機関が日銀の当座預金に預けるお金のうち一定の水準を超える金額で、日銀は年0.1%のマイナスの金利をつけ、事実上、手数料を課すことにしています。
国内の金融市場では、16日は、金融機関どうしが短期の資金を融通し合うコール市場と呼ばれる市場で、金利が大幅に低下し、年0%で取り引きが成立しました。
この金利は、「きょう貸した資金をあした返してもらう」という、市場では最も短い期間の金利の1つで、0%では、資金を貸した側は取り引きの仲介会社に手数料を支払う分、損をすることになりますが、市場関係者は、日銀に預けて手数料を取られるよりは損を少なくできると考えた取り引きだとみています。

(NHK -2016年2月16日)
----------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーン

ジャパンネット銀行では、外貨預金のキャンペーンを行っています。

日本円を「外国の通貨」に換えて預ける預金、「外貨預金」。
「預金」という手軽な名前から、
預金のより有効な利用方法として考える方も多いのでは。

外貨定期預金が定番という感じですが、
最近は普通預金を外貨で預ける「外貨普通預金」もあるそうですね。

円預金と違ってリスクがあるのは当然ですよね。
メリットをとりたければしかたありません。

ジャパンネット銀行の外貨預金キャンペーンは、
1000通貨以上の預け入れで10%の特別金利が適用されるとか。
はじめての挑戦にいいのかもしれません。

それと、日本円に不安を持つ方も、一部を外貨で持っておくのもいいのかもしれませんねる

それと、外貨の方が金利も断然良さそうですからね。

---------------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行
1,000通貨以上の預け入れで米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルに10%の特別金利を適用

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、2016年2月1日(月曜日)より、米ドル、カナダドル、豪ドル、NZドルを対象とした「外貨定期預金 金利10%キャンペーン」を実施いたします。

(産経ニュース -2016年2月1日)
----------------------------------------------------
タグ:外貨預金
posted by ヒロリン at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

日銀のマイナス金利

日銀が金融政策としてマイナス金利を打ち出しましたね。

これで、銀行は日銀へお金を預けるとマイナス金利分を取られることになるので、
日銀へ預けると損をすることになる、
したがって、貸し出しへ積極的になると、
という図式を日銀は考えているのでしょう。

しかし、貸出先がないから、
銀行は貸し出していないのでは?

内部留保が多い企業もあるとききます。

なぜ、企業は内部留保の残高を高めているのか、
なぜ、企業は、その内部留保を設備投資に使わないのか、
そういうことを日銀だって分かっているはずです。

金利をいくら下げても企業が借りないのなら
今回の日銀のマイナス金利政策も効果を発揮しないのでは?

まあ、株価が上がり、ドル円の為替が円安に動いた、
ということで、安倍政権はほっとしているのかもしれませんが。

なんか、感覚的なものですが、
日銀も政府も金融政策で危ない橋を渡っているという気がしてならないのですよね。
posted by ヒロリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

リボ払いの損を防ぐには繰り上げ返済

リボ払いの怖さは、払っても払っても手数料、
という状態になったときに大きくなります。

リボ払いそのものがダメというわけではないのですが、
一定額の支払いということは支払い回数が増える=支払う手数料が増え、
その数が多ければ多いほど、支払いから逃れにくくなる、

ということを、リボ払いをしている人は十分知って利用する必要がありますね。

上手に使えばダメなわけではないと私自身は思いますが、
いくつもリボ払いが重なり、かつ期間が増えていっている人は大変なことになる前に、
状況をしっかり把握して、
なんとかしてクリアしていくのがおすすめです。

そう、住宅ローンと同じく繰り上げ返済して元を減らさないと、結果が怖いのです。
ここがもっとアナウンスされるべきだと思います。

---------------------------------------------------
既にリボ払いしている人の対策
リボ払いの恐ろしさが分かったとは思いますが、既にリボ払いをしている人はどうすれば良いでしょうか? まずは、支払方法でリボ払いを辞めるようにしましょう。次に残金がどのくらい残っているかを調べます。カード会社に電話するなりWebで確認できるはずです。

次に、一気に返せるお金がある場合は、一気に返済してください。一括返済できない場合は、余裕が有る時に繰り上げ返済していきます。住宅ローンの繰り上げ返済のイメージと同じです。

また、クレジットカードによっては自動的にリボ払いになるリボ専用カードもあります。この場合は、毎月全額返済設定ができますので、必ず全額返済の設定をしながら使うようにしてください。

(livedoor -2016年1月18日)
----------------------------------------------------
タグ:リボ払い
posted by ヒロリン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ジュニアNISAはいつもの銀行で

ジュニアNISAがスタートして、
各証券会社などでそれへの対応がはじまっていますね。

申込は1月からスタート済。
株式売買が実際にはじまるのは4月からとのこと。

これまでのNISAであれば、最初は違いましたが後の金融機関の変更ができるようになりました。
しかしジュニアNISAは金融機関の変更はできないとのこと、
それだとより慎重に金融機関を定める必要がありますね。

投信の初心者で、ジュニアNISAをきっかけにはじめようとしているなら、
銀行で開設するのも確かによさそうですね。

いつもの銀行で、窓口で対応してもらえると安心かもしれません。
長いつきあいになるので、そういう面でも親しみの持てるところのほうがいいかも。

---------------------------------------------------
2016年からジュニアNISAがスタートした。申し込みは1月からスタートしており、実際の株式売買は4月から可能となる。ジュニアNISAの非課税枠は年間80万円まで、対象となるのは19歳までの未成年者。証券会社や銀行などの各金融機関では、ジュニアNISA口座開設キャンペーンが始まっている。成年向けのNISAと違いジュニアNISAでは、いったん口座を開設したら金融機関の変更はできない。子供の教育費目的でジュニアNISAを始める人も多いだけに、金融機関の選択には慎重さが必要だ。

(ZUU online -2016年1月9日)
----------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

保険・預金・年金のバランスの良さ

資産運用として必ず名前のあがる「保険」は、
確かにかつては、投資目的というかお得な銀行口座感覚でかけている人がいましたね。

数年に一度「健康ボーナス」のようなお金の返礼があるタイプを選ぶと、
確かにもらうのはうれしいのですが、
その分、保険料が高め設定だったりして、
どこかが帳尻合わせ的に、知らないうちに価値が下がっていた・・
などという場面もあるかもしれません。

あと、保険証券だけを大事にとっておくだけでは、
手続きが途中で変わったり、何かの変更があって電話手続きしたあとだったりと、
タイミングによってはうまく動かせない場合もあるかも・・
なので、自分の情報が変わっていないか、定期的にでもチェックしておくのが最良と思います。

---------------------------------------------------
■預金・保険・年金は決して「安全」ではなく「危険」

まずは、「資産の集中」という問題。
銀行預金に集中させることなく、保険や年金を組み合わせることによって分散したと思っていても、実はそうではないというのです。なぜなら、貯金も年金も保険も、国債で運用されているから。つまり、実際には分散投資が実現できていないというわけです。

もうひとつは、国債自体の問題。
日本では超低金利が続くなか、国債は安定しています。しかし市場金利が上昇すれば、国債の価格は下落することになります。よって安全に見える国債には、将来の金利上昇による損失が発生するリスクがあるということです。

(T-SITEニュース -2015年12月15日)
----------------------------------------------------
posted by ヒロリン at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の金融情報ニュース | 更新情報をチェックする